カテゴリー 《 北海道の風景 》   全2ページ
このページのリスト
2014.07.08  
  北海道写真撮影の小さな旅2014 06
2014.07.03  
  北海道撮影旅 日は沈み日はまた昇る カーフェリー船上より
2014.07.02  
  北海道撮影旅 青空に映える美瑛パッチワークの丘を歩く
2014.07.01  
  北海道撮影旅 朝から温泉でまったり
2014.06.30  
  北海道撮影旅 オンネトー湖畔でまったり過ごす
2014.06.30  
  北海道撮影旅 摩周湖に滝霧が少し流れる
2014.06.26  
  北海道撮影旅 雲海も赤く染まる津別峠の朝焼け
2014.06.26  
  北海道撮影旅 満天の星空に天の川が流れる津別峠
2014.06.26  
  北海道撮影旅 雄阿寒岳、斜里岳方向の夕焼けと雲海
2014.06.26  
  北海道撮影旅 雲海に沈む夕日、夕焼けに染まる雲海~稚内方向
2014.06.25  
  北海道撮影旅 幸福を重ねるサクラ色のクリンソウ
2014.06.24  
  北海道撮影旅 霧が流れる花の浮島礼文島
2014.06.24  
  北海道撮影旅 サロベツ原生花園の小鳥とオロロン街道
2014.06.23  
  北海道撮影旅 大規模な草原の牧牛たち
2014.06.21  
  北海道撮影旅 朱鞠内湖の澄んだ水と雲のながれ
2014.06.21  
  北海道撮影旅 緑に映える素敵な村
2014.06.20  
  北海道撮影旅 チミケップ湖でクリンソウが群生
2014.06.19  
  北海道撮影旅 オンネトー霧のある風景での出会い
2014.06.19  
  北海道撮影旅 根室半島をのんびり
2014.06.19  
  北海道撮影旅 タンチョウヅルさよならの踊り
2014.06.19  
  北海道撮影旅 野付半島ネイチャーセンターまでの風景
2014.06.19  
  北海道撮影旅 トドワラへと続く散策路
2014.06.17  
  北海道撮影旅 けあらしの流れるトドワラの風景
2014.06.16  
  北海道撮影旅 懐かしい学校机のいたずら
2014.06.16  
  北海道撮影旅 標津湿原のエゾゴゼンタチバナ
2014.06.15  
  北海道撮影旅 フレペの滝と羅臼岳の笠雲くずれ
2014.06.14  
  北海道撮影旅 海そして天に続く道
2014.06.13  
  北海道撮影旅 北浜駅と能取岬の夕景
2014.06.12  
  北海道撮影旅 美瑛の夕暮れと夜明け
2014.06.10  
  北海道撮影旅 青い池の枯れ木のゆらぎ
2014.06.10  
  北海道撮影旅 新緑を駆け抜けるSL
2014.06.09  
  北海道撮影旅 美瑛とSL
2013.10.27  
  ぶらっと北海道の旅 備忘録
2013.10.25  
  美瑛町の青い池
2013.10.24  
  美瑛町の美しき丘
2013.10.23  
  霧の丘に咲く花
2013.10.20  
  銀泉台と大雪高原温泉
2013.10.20  
  小雨降る層雲峡の紅葉
2013.10.20  
  映画「許されざる者」撮影地
2013.10.19  
  利尻島、礼文島の夕焼け
2013.10.19  
  大沼のハクチョウ
2013.10.19  
  美深町の滝
2013.10.18  
  トムラウシの紅葉
2013.10.18  
  霧が漂う扇ヶ原展望台
2013.10.18  
  然別湖と駒止湖
2013.10.18  
  糠平湖と古い橋梁
2013.10.18  
  オンネトー湖の夜明け
2013.10.17  
  オンネトー湖の夕景
2013.10.17  
  美幌峠からの風景
2013.10.16  
  ひとり キンムトー ► 次のページへ

2014.07.08     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道写真撮影の小さな旅2014 06

先月、北海道で撮影した写真をYouTubeにアップしました。




梅雨のない北海道を求めて3週間の旅に出かけましたが、 今年は例年になく長雨が続きました。

そのような中、風光明媚な大地や可憐に咲く花々そして訪れた地での多くの方々との一期一会。

風景では、特に津別峠での雲海が染まる夕焼け、朝焼けそして天の川の流れは生涯忘れえぬものとなりました。

それらの感動を私なりに動画にアップしましたのでご覧いただければ幸いです。


撮影:2014年6月

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

2014.07.03     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 日は沈み日はまた昇る カーフェリー船上より

3週間の気ままな北海道撮影旅の記事もお終いです。
27日小樽港から新潟港に向けて出航したフェリーからの写真です。


2014.06.27ゆうかり1
小樽港を10時半出航です。
背景のフェリーは23時30分発の舞鶴行





2014.06.27ゆうかり2
お決まりのカモメのお見送り




2014.06.27ゆうかり3
小樽港港外でヨットに興ずる人々




2014.06.27ゆうかり4
船上では、コンサートが開催されています。
今回は、キュートなお二人の風のように爽やかな演奏です。

フルート 矢島絵里子さん(https://ja-jp.facebook.com/eriko.yajima.50
クラリネット、キーボード 大島麻依子さん

会場は薄暗くお二人が上手く写せません(;'∀')




2014.06.27ゆうかり5
ということで、改めて撮影させていただきました。
お疲れのところ満面の笑みを浮かべていただきありがとう。




2014.06.27ゆうかり6
夕日に照らされる海面に小舟が過ぎていきます。




2014.06.27ゆうかり7
18時41分
日本最大の無人島、北海道「大島」だと思います。





2014.06.27ゆうかり8
4時21分
新潟県粟島だと思います。





2014.06.27ゆうかり9





2014.06.27ゆうかり10
新潟から金沢への帰路、新潟の”道の駅うみてらす名立”にて。
題名、夏のお嬢さん
ネットアップ了解のうえ、一枚撮らせていただきました。
北海道に渡って気が大きくなったかもしれません^^



長々と北海道撮影旅の記事を載せました。
これにて終了です。

今回の北海道撮影旅では、美しい広大な大地や澄み渡る青空、空気、風、花々はもちろん感動しましたが、
何といっても多くの方々との一期一会は、生涯の宝物になりました。

また、一日10件程度の閲覧件数のブログを見かけて、アクセスくださった皆さんもありがとうございます。




撮影:2014年6月27日、28日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村












2014.07.02     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 青空に映える美瑛パッチワークの丘を歩く

27日の小樽港出航まで残り1日、
心残りだった美瑛のパッチワークの丘と青空を撮ることにしました。

この日は、最高気温が30度近くもあり、最高気温13度の世界からは体に堪えます^^

2014.06.26美瑛の丘1





2014.06.26美瑛の丘2





2014.06.26美瑛の丘3





2014.06.26美瑛の丘4





2014.06.26美瑛の丘5





2014.06.26美瑛の丘6





2014.06.26美瑛の丘7





2014.06.26美瑛の丘8





2014.06.26美瑛の丘9





この写真は美瑛の丘の極々一部ですが、車を農作業の邪魔にならないところに置いて、
三脚にカメラ付けて肩に担ぎ徒歩で撮影しました
丘を歩くことにより、刻々と変化する風景を楽しむことができました。

でも、暑かったな~^^


撮影:2014年6月26日


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





2014.07.01     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 朝から温泉でまったり

オンネトーの朝の風景を撮影し、その後、朝7時から営業の中野温泉元湯へ。
オンネトー湖畔には、温泉が3か所あり、ここ元湯はいつも笑顔が素敵なご夫婦が営業されています。

温泉が朝日に輝きとても美しく、ネット掲載の了解をいただき撮影しました^^

2014.06.25中野温泉元湯1





2014.06.25中野温泉元湯2





2014.06.25中野温泉元湯3






温泉がザーザーと惜しみなく流れる贅沢な温泉で、
先日は、山梨県からこちらの温泉が目的の常連さんがいて、1日に4回も入ったそうです。
朝7時からの営業で料金は200円、内湯だけですが窓が大きく開いて開放的です。
3か所ある温泉の真ん中の温泉です。

撮影:2014年6月25日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





2014.06.30     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 オンネトー湖畔でまったり過ごす

今回の北海道撮影旅の3つの目標は、

美瑛でSL蒸気機関車を撮る
礼文島の花を撮る
そして津別峠で雲海を撮る
といったものでした。

目標を達成したので、どこかでのんびりしようと好きなオンネトーで朝を迎え、
一日中湖畔でまったり過ごしました。

2014.06.25オンネトー1
目が覚めたら、とっくに日は高くなっていました^^
足元の湖畔の草が朝露で輝いていました。




2014.06.25オンネトー2
斜光が湖面に立つ霧を照らしていました。




2014.06.25オンネトー3





2014.06.25オンネトー4
日中のオンネトー
ここで、一日過ごしました。
まるで、プライベートレイク^^




2014.06.25オンネトー5
午後6時47分
雌阿寒岳が少し赤く染まりました。




撮影:2014年6月25日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






2014.06.30     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 摩周湖に滝霧が少し流れる

28日土曜日、約1月ぶりに我が家に帰ってきました。

北海道撮影旅の記事を続けます。


摩周湖の星空を撮影したく、夕方到着しました。
しばらく霧が滝のように摩周湖に流れ落ちてきましたが、その後、真っ白な世界になってしまいました^^


2014.06.24摩周湖滝霧1





2014.06.24摩周湖滝霧2





2014.06.24摩周湖滝霧3





撮影:2014年6月24日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






2014.06.26     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 雲海も赤く染まる津別峠の朝焼け

これでもかというくらいの星の輝きを楽しみ爆睡してしまいました。
トントンとドアをたたく音に目覚めました。
昨晩から一緒に撮影を楽しんだ方が起こしてくれたのです。感謝感謝です。


雲海も赤く染まる津別峠の朝焼けです。


以降、時系列に15枚の写真アップです。
写真多くって失礼します。

2014.06.24.03.09津別峠
3時9分




2014.06.24.03.11津別峠
3:11
三日月も綺麗でした。
まぁ、何もかも綺麗なのです^^




2014.06.24.03.34津別峠
3:34
斜里岳の左稜線、雲が赤く染まり始めます。





2014.06.24.03.35津別峠
3:35
日の出です。





2014.06.24.03.36津別峠
3:36




2014.06.24.03.39.1津別峠
3:39




2014.06.24.03.39.2津別峠
3:39




2014.06.24.03.40.0津別峠
3:40




2014.06.24.03.40.1津別峠
3:40
光線ビーム(F22)




2014.06.24.03.40.02津別峠
3:40




2014.06.24.03.43津別峠
3:43
雲海もはっきり赤く染まりました。




2014.06.24.03.45.0津別峠
3:45




2014.06.24.03.45.1津別峠
3:45




2014.06.24.03.46津別峠
3:46




2014.06.24.03.49津別峠
3:49




40分間の予想を遥かに超えるドラマチックな風景を堪能することができました。

2週間、待ちに待った津別峠の雲海、ほんと待った甲斐がありました。




撮影:2014年6月24日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村








2014.06.26     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 満天の星空に天の川が流れる津別峠

雲海と夕焼けに感動し、その余韻を残したまま星空を撮影しました。
天の川も撮影することができてテンション上がりっぱなしの夜となりました。

夕焼けを撮影した人は、星を撮影する予定はなかったようですが、あまりの美しい夜空に一緒に撮影することとなりました。


2014.06.23.20.02津別峠
まだ夕焼けの美しさ
20時2分




2014.06.23.20.23津別峠
津別峠展望台には中世をイメージしたお城があります。
20:23





2014.06.23.20.35津別峠
20:35
感動しました。
この風景は忘れられません。
斜里岳、美幌峠方向。




2014.06.23.20.41津別峠
20:41



2014.06.23.21.12津別峠

21:12



2014.06.23.21.20津別峠
21:20
流れ星も流れていましたが撮れませんでした。
代わりに飛行機が飛んでいました。




2014.06.23.21.24津別峠
21:24



2014.06.23.21.40津別峠
21:40




この後、爆睡しました。




撮影:2014年6月23日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村















2014.06.26     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 雄阿寒岳、斜里岳方向の夕焼けと雲海

続いて、津別峠から雄阿寒岳、斜里岳方向の夕焼けです。

2014.06.23.18.47雄阿寒岳
雄阿寒岳18時47分




2014.06.23.18.49雄阿寒岳
18:49



2014.06.23.18.51斜里岳方向
斜里岳18:51




2014.06.23.18.58雄阿寒岳
18:58




2014.06.23.19.01斜里岳方向
19:01



2014.06.23.19.16斜里岳方向
19:16
雲海が流れ落ちていき、自然の雄大さに感動しました。




2014.06.23.19.20斜里岳方向
19:20
左の大きな山の右は、美幌峠。





2014.06.23.19.27斜里岳方向
19:27




2014.06.23.19.28斜里岳方向
19:28
流れ落ちる雲海




2014.06.23.19.29斜里岳方向
19:29
もう一枚、ゆっくり流れ落ちていきます。




次は、津別峠からの天の川です。




撮影:2014年6月23日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





2014.06.26     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 雲海に沈む夕日、夕焼けに染まる雲海~稚内方向

ノンノの森”に咲くクリンソウを楽しみ、その足で津別峠を目指します。
峠から10kmほど下にあるノンノの森を出たときは、曇り空で霧が掛かっていました。
が、峠まで5kmほどで霧が薄くなりはじめ、峠に着いた時は、あ・お・ぞ・ら~~

先客一人の方と、ワイワイいいながら雲海に沈む夕日、夕焼けに染まる雲海を二人きりで堪能しました。

先ずは、稚内方向です。

2014.06.23.18.47稚内方向
18時47分




2014.06.23.18.48稚内方向
18:48




2014.06.23.18.52稚内方向
18:52




2014.06.23.18.55.1稚内方向
18:55




2014.06.23.18.55.2稚内方向
18:55




2014.06.23.18.56稚内方向
18:56





2014.06.23.18.59稚内方向
18:59




2014.06.23.19.03稚内方向
19:03




2014.06.23.19.24稚内方向
19:24




2014.06.23.19.42稚内方向
19:42




次の記事は、雄阿寒岳、斜里岳方向の夕焼けです。





撮影:2014年6月23日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村









2014.06.25     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 幸福を重ねるサクラ色のクリンソウ

念願叶った礼文島を後に、今回の北海道たびの大きな目的のひとつ”雲海”を見ることにします。
道に渡って2週間、長雨の日々でしたが、ようやく雲海が見れるかもしれない予報となり、
雲海で有名な道東の津別峠を目指します。

峠に着く前に寄り道して津別町”ノンノの森”に咲くクリンソウを見てきました。

18日に同じ津別町のチミケップ湖のクリンソウを見て、
あまりの綺麗さにまた見たくなりましたからです。



2014.06.23ノンノの森クリンソウ1
夕方、4時半をまわり森の中なので薄暗くなってきました。

クリンソウの花言葉は
幸福を重ねる、物思い、物覚えのよさ・・・だそうです。




2014.06.23ノンノの森クリンソウ2





2014.06.23ノンノの森クリンソウ3
木道が少し整備されていてお花畑を散策している気持ちになります。





2014.06.23ノンノの森クリンソウ4





2014.06.23ノンノの森クリンソウ5





2014.06.23ノンノの森クリンソウ6





2014.06.23ノンノの森クリンソウ7





2014.06.23ノンノの森クリンソウ8




2014.06.23ノンノの森クリンソウ9





2014.06.24ノンノの森クリンソウ10
これより3枚は、津別峠で朝焼けを見た後、再び立ち寄った写真です^^




2014.06.24ノンノの森クリンソウ11





2014.06.24ノンノの森クリンソウ12





撮影:2014年6月23日・24日




バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






2014.06.24     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 霧が流れる花の浮島礼文島

土日の21、22と念願叶って”花の浮島利尻島”に渡り、可憐な花と会うことができました。

土曜は、桃岩展望コース、日曜は岬めぐりコースと計画しました。

日曜の朝7時半にスコトン岬に着いたのですが、横殴りの雨に降られ急遽、
絶滅が危惧されるレブンアツモリソウ群生地にだけ寄ることにして、その後
土曜日回った桃岩展望コースを再度回ることにしました。

礼文島から利尻富士を撮影することも生憎の天気で次回に持ち越しです^^


以下、21日と22日の写真です。18枚もあります。
パソコン開くのが遅くなるかもしれません。失礼します。


2014.06.21礼文島1
桃岩展望コースは山の稜線に沿って散策路が整備されています。
海からは、霧があがってきます。
たまに、海が見えます。




2014.06.21礼文島2





2014.06.21礼文島3
22日に出会った山ガール
お願いしてモデルになってもらいました。
チェリーやつまみ美味しかったです^^




2014.06.21礼文島4





2014.06.21礼文島5
レブンキンバイソウ
二人の間に子供が生まれたように見えて微笑ましかったです。




2014.06.21礼文島6





2014.06.21礼文島7





2014.06.21礼文島8




2014.06.21礼文島9レブンウスユキソウ
上の木道付近に咲くレブンウスユキソウ。
蕾状態ですが、ここにも咲いているとは思いもよりませんでした。
ヨーロッパアルプスのエーデルワイスの仲間だそうです。
見つけたときは、つい🎶





2014.06.21礼文島10





2014.06.21礼文島11





2014.06.21礼文島12





2014.06.21礼文島13





2014.06.21礼文島14
群生地に咲くレブンウスユキソウ。





2014.06.21礼文島15





2014.06.21礼文島16





2014.06.21礼文島17レブンアツモリソウソウ
スコトン岬の少し手前に群生しているレブンアツモリソウ
群生地は柵で囲ってあり、この日22日が閉園日でした。間に合ったって感じです。




2014.06.21礼文島18
横顔。
何やら耳を立てたワンちゃんに見えるのですが^^






機会を見て再訪問したくなるところです。
今度は、もっとゆっくり利尻富士と合わせて訪れてみたいです。
山頂は花満開だそうですよ。


撮影:2014年6月21日・22日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村









2014.06.24     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 サロベツ原生花園の小鳥とオロロン街道

おはようございます。
今朝は、2週間待ちに待った津別峠からです。
運よく雲海が漂ってくれました。の写真はこれから整理しアップします^^

20日の撮影旅の写真です。
広大な草原を眺めた後、サロベツ原生花園とオロロン街道の花を眺めながら、
利尻島の夕焼けという魂胆でしたが見事に外れました^^



2014.06.20サロベツ原生花園1
凛々しい姿の利尻富士
黄色い花はエゾカンゾウです。センターに満開と表示されていました。





2014.06.20サロベツ原生花園2ノビタキ
ノビタキという鳥です。
島が見れないので、鳥を撮っていました。
木道の散策路には、長くて太い望遠レンズを構えたカメラマンが10人ほど鳥を狙っていました。
私は、200mのレンズで手持ちで鳥を撮りましたので、画像を拡大トリミングしてあります。




2014.06.20サロベツ原生花園3





2014.06.20サロベツ原生花園4





2014.06.20オロロン街道1
エゾカンゾウの咲き乱れるオロロン街道からの利尻富士
稚内市街地からは、綺麗な雲の漂う利尻富士が見られたようです。しまった~^^




2014.06.20オロロン街道2
濃いオレンジの花はスカシユリ




2014.06.20オロロン街道3





2014.06.20オロロン街道4





2014.06.20オロロン街道5
薄っすらと2本の斜光が一瞬出てくれました。





撮影:2014年6月20日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村










2014.06.23     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 大規模な草原の牧牛たち

おはようございます。
薄曇りの朝を迎えた稚内からです。気温9度。9度ですよ~~。

土日の21、22と念願の”花の浮島利尻島”に渡り、可憐な花と会うことができました。
その写真は、これからドライブ途中に整理しアップしたいと思います^^

20日の撮影旅の写真です。
先ず豊富町の大規模草地放牧場。
広大な草原の眺めが素晴らしいところです。
青空だったらまた違った写真になったと思います。


2014.06.20豊富町大規模草地牧場1
この地は、NHKスペシャルドラマ”坂の上の雲”ロケ地です。
平成21年11月から1か月間サロベツロケが連日行われたと書いてありました。




2014.06.20豊富町大規模草地牧場2
広大な牧草地ですね。
中央右の粒粒は牧牛です^^



2014.06.20豊富町大規模草地牧場3





2014.06.20豊富町大規模草地牧場4





2014.06.20豊富町大規模草地牧場5





2014.06.20宮の台展望台
サロベツ原野が見渡せる宮の台展望台からの眺め。
原野の広さは、東京山手線の2倍だそうですよ。
3枚合成のパノラマ。








撮影:2014年6月20日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






2014.06.21     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 朱鞠内湖の澄んだ水と雲のながれ

旭川と稚内の中間あたりにある朱鞠内湖(しゅまりないこ)。
ダム湖ですが、日本最大の湛水面積(広さ2,373ヘクタール、23.73平方キロメートル)だそうです。

湖畔に、車を留められるので半日のんびりと澄んだ湖水と雲の流れを楽しみました。
ボートで遊ぶ人やルアーの釣り人が数名と、とても静かな湖です。

2014.06.19朱鞠内湖1





2014.06.19朱鞠内湖2





2014.06.19朱鞠内湖3
青空が広がってきました。
湖面や緑も鮮やかな色になります。




2014.06.19朱鞠内湖4





2014.06.19朱鞠内湖5
夕日の沈む方向の反対側が少し赤くなってくれました。




2014.06.19朱鞠内湖6





2014.06.19朱鞠内湖7
左上に飛ぶ大きな白鳥に見えました^^





撮影:2014年6月19日


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






2014.06.21     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 緑に映える素敵な村

北海道に渡って2週間経ちます。
ようやく天候も安定し、今日あたりから梅雨のない爽やかな日々が続きそうです。
ここ稚内は明日あたりかな。


チミケップ湖でクリンソウを鑑賞した翌日、朱鞠内湖(しゅまりないこ)に向かいました。
その道すがら、素敵なデザインの村が目に飛び込んできたので、ご覧いただければと思います。


2014.06.19西興部村1
西興部村(にしおこっぺ)です。
家並みが同じデザインで統一されています。
キャンプ場の管理人?の方にお聞きすると村の方針だそうです。
眺めの良い瀬戸牛峠を教えてもらいました。





2014.06.19西興部村2
峠では道路脇にルピナスが満開です。




2014.06.19西興部村3
近くの道の駅です。
公共の建物はデザインが統一されているそうですよ。




撮影:2014年6月19日


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






2014.06.20     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 チミケップ湖でクリンソウが群生

18日、早朝オンネトーでお会いしたカメラマンさんから
クリンソウがチミケップ湖で咲いてるよ、と情報を頂き早速尋ねました。

同じ津別町のノンノの森というところがクリンソウで有名ですが、今後の日程からこちらを選びました。

2014.06.18チミケップ湖クリンソウ1
紅紫色の花が緑のなか、とても綺麗です。




2014.06.18チミケップ湖クリンソウ2





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ3





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ4





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ5





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ6





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ7





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ8





2014.06.18チミケップ湖クリンソウ9
チミケップ湖への道路わきに咲く花々




2014.06.18チミケップ湖クリンソウ10
未舗装の道路わきにも沢山咲いていて感動しました。






チミケップ湖
原始の森深くひっそりと佇むチミケップ湖は、面積1.2k㎡、周囲7.5kmの小さな湖だ。
国道のルートからもはずれ、未舗装の道路もあり、
かつ、冬期になると一部閉鎖されるという状況から、観光ルートからはずされ、
あまり知られていない。これがオホーツクの秘湖といわれる所以だ。

チミケップとはアイヌ語で「崖を破って水が流れる所」という意味で、
1万年ほど前に谷がせき止められてできた湖と考えられている。

(オホーツク観光連盟HP転記)











撮影:2014年6月18日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村














2014.06.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 オンネトー霧のある風景での出会い

本日、5本目の記事アップとなります。
今、旭川市の北で静かに水を湛える”朱鞠内湖”の湖畔にいます。
夕焼けに期待し、爽やかな風と小鳥のさえずりの中で大自然にはまっています^^


一昨日、昨日と阿寒湖の近く”オンネトー”を訪ねました。

ここで凄い出会いがありました。
素晴らしい写真を撮られているプロの写真家です。
これはと、いろいろと撮り方について、ずうずうしくもお尋ねしたが、
私みたいな万年初心者にも懇切丁寧に教えていただきました。

これで、すこし腕が上がった気になりました。気・・・だけです。

1時間くらいでしょうか、忙しいところ本当にありがとうございました。


画像の上にカーソルをあてると撮影日時が表示されます。


1.2014.06.17.1023オンネトー
日射しの加減で色が変化する神秘の湖




2.2014.06.17.1156オンネトー
風が収まると・・・




3.2014.06.17.1203オンネトー





4.2014.06.17.1550オンネトー
この日、霧の流れる中、ちょっとだけ雌阿寒岳の頂上と、阿寒富士の稜線が顔を出してくれました。




5.2014.06.18.0432オンネトー
夜明けです。




6.2014.06.18.0451オンネトー





7.2014.06.18.0511オンネトー
霧が湧き上がってきます。
これはこれで神秘的でした。





8.2014.06.18.0523オンネトー



そして、その写真家の方とお別れしたら、今度は網走で北海道の見どころのお話をした方と再会。
こんな広い北海道で再開とは奇遇でした。


撮影:2014年6月17日・18日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村








2014.06.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 根室半島をのんびり

今日、4本目の記事アップ失礼します。

野付半島の南に伸びる根室半島を時計と反対周りにのんびり走ってきました。


2014.06.16根室半島の風景1





2014.06.16根室半島の風景2





2014.06.16根室半島の風景3





2014.06.16根室半島の風景4





2014.06.16根室半島の風景5





2014.06.16根室半島の風景6




曇り空ですが、広大な大地を楽しめました。


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





2014.06.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 タンチョウヅルさよならの踊り

2日間にわたりトドワラのある風景を楽しみ帰路につこうとしたら、タンチョウヅルがお別れの舞いを見せてくれました^^

ピンボケもいいところですが、皆様に見ていただくとともに備忘録という側面もあるブログなので失礼します。
拡大しています。


2014.06.15野付半島鶴の舞い1





2014.06.15野付半島鶴の舞い2





2014.06.15野付半島鶴の舞い3





2014.06.15野付半島鶴の舞い4




2014.06.15野付半島鶴の舞い5





2014.06.15野付半島鶴の舞い6





2014.06.15野付半島鶴の舞い7





2014.06.15野付半島鶴の舞い8





2014.06.15野付半島鶴の舞い9





2014.06.15野付半島鶴の舞い10




わたし、ひとりジックリ楽しみました。



撮影:2014年6月15日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村










2014.06.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 野付半島ネイチャーセンターまでの風景

トドワラのある風景の続きをアップします。

野付半島付け根からはフラワーロードという冠を付けた15kmの道を走るとネイチャーセンターに着きます。
このロードからは、遥か遠くにトドワラを見たり、ナラワラという景色も見れます。
そしてエゾシカやタンチョウヅル、キタキツネにも出会いました。

2014.06.15トドワラへの途中1





2014.06.15トドワラへの途中2
ネイチャーセンターの後ろで餌をついばむタンチョウヅル3羽。
左下です。小さくってすみません。




2014.06.15トドワラへの途中3





2014.06.15トドワラへの途中4





2014.06.15トドワラへの途中5
エゾシカとタンチョウ
仲良しなんですね^^





2014.06.15トドワラへの途中6
ナラワラ





撮影:2014年6月14日・15日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村










2014.06.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 トドワラへと続く散策路

トドワラのある風景の続きをアップします。

まずは、野付半島ネイチャーセンターからトドワラまで30分弱の散策路。
黄色いセンダイハギが沢山咲いていました。
鳥も何種類か見ることができましたが、名前がさっぱりです^^

2014.06.15野付半島トドワラへの散策路1





2014.06.15野付半島トドワラへの散策路2





2014.06.15野付半島トドワラへの散策路3
別海町の町の花 センダイハギ




2014.06.15野付半島トドワラへの散策路4





2014.06.15野付半島トドワラへの散策路5





2014.06.15野付半島トドワラへの散策路6





2014.06.15野付半島トドワラへの散策路7
ハマナスはこれからですね。




2014.06.15野付半島トドワラへの散策路8
海岸でクロユリがみられるなんて驚きました。




撮影:2014年6月14日・15日



バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


2014.06.17     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 けあらしの流れるトドワラの風景

おはようございます。

今朝も小雨の北海道からです。
「今の北海道、雨雲の製造工場で異例の長雨です。」と、ラジオのアナウンサーが言ってました^^
爽やかな梅雨のない北海道はどこにいったのでしょう・・・


14日、15日、知床半島と根室半島の中ほどに位置する”野付半島トドワラ”でカメラ持ってぶらぶらっとしていました。
トドワラとは、海面の浸水により立ち枯れしたトドマツ林の跡のことで倒れていたり根っこだけ残っているものもあります。

14日、夕方に訪れたらなかなかの眺め・・・ということで15日も撮影を楽しみました。

2014.06.14トドワラ1
これがトドワラの風景です。





2014.06.14トドワラ2





2014.06.14トドワラ3





2014.06.14トドワラ4





2014.06.14トドワラ5





2014.06.14トドワラ6
ちょっと陰ったので空を見上げました。
雲がまるでOKの形をしていましたが、何がOKなのでしょう^^





2014.06.14トドワラ7
夕焼けを期待しましたが見れませんでした。
以上が14日に撮影したものです。





2014.06.15トドワラ8
この写真から以下は、15日撮影したものです。
けあらしが流れる神秘的な風景を楽しみました。

けあらしとは
暖かい水面のうえに、冷たい空気が流れることで水面から蒸発した水蒸気が冷やされて、
湯気のような霧が発生する現象のようです。
けあらしは北海道の方言で気嵐ではなく毛嵐と書くようです。

ちなみにネイチャーセンターの方にお聞きすると
「この時期、そう珍しいことではありませんよ」とのことでした。









2014.06.15トドワラ9





2014.06.15トドワラ10





2014.06.15トドワラ11







撮影:2014年6月14日・15日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村













2014.06.16     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 懐かしい学校机のいたずら

引き続き、この記事は、ポー川史跡自然公園内にある昭和初期の学校などの建物を復元した標津開拓の村のようすです。

2014.06.14標津町開拓の村1
学校の復元建築物




2014.06.14標津町開拓の村2
教室
懐かしかったです。




2014.06.14標津町開拓の村3
机のいたずら書き
あったよなぁ~~




2014.06.14標津町開拓の村4
ストーブの上の網には、アルミの弁当箱
こんなのもあったなぁ~~と^^




2014.06.14標津町開拓の村5
学校を後ろから





2014.06.14標津町開拓の村6
農家の復元




2014.06.14標津町開拓の村7
農家の中




2014.06.14標津町開拓の村8
番屋





2014.06.14標津町開拓の村9
番屋の中




2014.06.14標津町開拓の村10
自然の造形




2014.06.14標津町開拓の村11
高山植物のクロユリが平地に咲いていてびっくり@@
(その後訪れた野付半島には沢山咲いていて、また驚きました)





撮影:2014年6月14日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



















2014.06.16     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 標津湿原のエゾゴゼンタチバナ

おはようございます。
今朝は、気温10度くらいで小雨の止んだ曇り空の、根室です。

14日は、知床の露天風呂熊の湯で朝風呂に入り、
知床と根室の中ほどにある野付半島に向かい車を走らせていると、道路沿いにポー川史跡自然公園の案内板。
公園内には標津(しべつ)湿原と昭和初期の学校などを復元した開拓の村があります。

ビジターセンターに立ち寄ると、
「今、湿原には北海道でも高山など限られた場所でしか見ることのできない”エゾゴゼンタチバナ”が少し咲いていますよ。」と教えてもらいました。
絶滅危惧種に指定されてるとのことなので散策して探すことにしました。



2014.06.14標津湿原1
写真のアングルは、先日アップした”天に続く道”の印象が残ってるのかも^^

日本最大の山岳湿地尾瀬ヶ原の3分の1の広さをもつ高層湿原です。
毎年5月~7月上旬にかけて、氷河期のツンドラ植物の生き残りともいわれる湿原性植物が花を咲かせます。
これら植物は本州では2000m級の山に生育する高山植物に分類されますが、ここでは僅か標高3mの低地で見ることができます。
ポー川史跡自然公園HPより転記。





2014.06.14標津湿原2
木道に沿ってところどころ小さな花が咲いています。




2014.06.14標津湿原3ワタスゲ
これはワタスゲの穂ですね。
風にゆらゆら揺れていました。





2014.06.14標津湿原4エゾゴゼンタチバナ
見つけました!
エゾゴゼンタチバナ
神秘的に雑草の中に、ひっそりと咲いていました。
遠くに咲いていたのでトリミングしてあります。




2014.06.14標津湿原5
500mほど進むと森に入ります。




2014.06.14標津湿原6
・・・^^




2014.06.14標津湿原7
・・・^^




2014.06.14標津湿原8オオバナノエンレイソウ
オオバナノエンレイソウ





2014.06.14標津湿原9
ポー川の流れ







撮影:2014年6月14日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村











2014.06.15     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 フレペの滝と羅臼岳の笠雲くずれ

おはようございます。
2日前、13日の知床半島フレペの滝と羅臼岳の写真です。

夕方、6時ころまで数人の観光客でしたが、6時半頃には私ひとりに。

撮影が終わって森の中から出てくるとレンジャーの方が、
「熊に会いませんでしたか?」
「えっ・・・・」
「ちょっと前、ここを熊が通り抜けて森の中に入ったのですよ。」
「えぇぇぇ・・・・よかったぁ~(生きてて)。この先にはもう誰もいませんよ」
「あの熊、人に慣れてるようでしたけどね・・・。まさかまだ人が入ってるとは思いませんでしたよ」
「・・・」

北海道 ひとりで山に 入らない・・・・・・・🎶

2014.06.13フレペの滝と羅臼岳1
草原の中央には、エゾシカの親子




2014.06.13フレペの滝と羅臼岳2
岩から水がにじみ出るフレペの滝
羅臼岳が水源ですが川は流れていないようです。
白く群れ飛ぶのはカモメ





2014.06.13フレペの滝と羅臼岳3
空も雲も海も空気も綺麗でした。




2014.06.13フレペの滝と羅臼岳4
笠雲くずれに隠れる羅臼岳とエゾシカ




2014.06.13フレペの滝と羅臼岳5
エゾシカにモデルになってもらいました。





2014.06.13フレペの滝と羅臼岳6
そうこうしている間に夕日が沈んでいきます。





2014.06.13フレペの滝と羅臼岳7
夕焼けと群れ飛ぶツバメ
カモメじゃありませんよぉ~^^




撮影:2014年6月13日


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





2014.06.14     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 海そして天に続く道

おはようございます。
小雨が降ったり止んだりの羅臼からです。
残念ながら朝焼けは見れませんでした。

昨日も北海道内は大雨により列車の運休や通行止めなど被害が出ました。
午前中はずっと雨が降る網走で待機。
午後から雨が止みそうな知床方面に向かいました。

2014.06.13海に続く道1
知床半島近くの斜里町で見られる”海に続く道”
真っ直ぐな道がまるでオホーツク海まで続いているかのように見えます
道道857号などで全長約16kmの直線道路。




2014.06.13海に続く道2
電波タワーのような形ですね。



2014.06.13海に続く道3
斜め横からです。
波打つ道路。
オホーツク海が見渡せます。




2014.06.13天に続く道
こちらは知床半島近くの清里町で見られる”天に続く道”
真っ直ぐな道がまるで天まで続いているかのように見えます。
国道334号と244号との全長約18kmの直線道路。




撮影:2014年6月13日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村







2014.06.13     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 北浜駅と能取岬の夕景

雨の網走からおはようございます。

現在、道内至る所で大雨などの警報が発令中です。
特にお仕事の皆さんお気をつけください。

写真は、昨日雨の合間に訪れた木舎の北浜駅と能取岬の夕景です。

2014.06.12北浜駅1





2014.06.12北浜駅2
網走駅からの列車




2014.06.12北浜駅3
晴れていれば知床連山が望めますね。




2014.06.12能取岬1
能取岬の断崖




2014.06.12能取岬2
尖がった岩の上に、2輪のハマナスの花が咲いています。
凄い生命力。




2014.06.12能取岬3
夕焼けを待つ
今日は残念ですね・・・・と。
ネットアップ了解いただいています。




2014.06.12能取岬4
能取岬の夕景
綺麗なトイレがありますが、夕方5時で自動閉鎖です。ご注意ください。




撮影:2014年6月12日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村















2014.06.12     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 美瑛の夕暮れと夜明け

おはようございます。

昨日は、霧の摩周湖を見に行きましたが霧が深く30m先は真っ白な世界で何も見れませんでした。
なので、屈斜路湖の湖畔で露天風呂に朝晩と入って温泉三昧の一日でした^^


今朝は、網走の近くにいますが、雨粒が跳ねるほどの雨が降っています。
予報では、道内は来週の火曜日くらいまで雨の予報です。

梅雨のない北海道のはずなのに・・・
ラジオで言っていましたが今年は俗に蝦夷梅雨というんだそうです。
本州の方が晴れたり曇ったりでいいな~と天気予報を眺めています。

2014.06.09.17.30メルヘンの丘赤い屋根の一軒家
6月9日美瑛のメルヘンの丘にポツンと建っている赤い屋根の一軒家
何かのCMで一躍有名になったそうです。




2014.06.09.18.50新栄の丘からの夕焼け
同日、新栄の丘からの夕暮れです。
ゴールドに輝きました。




2014.06.10.03.36新栄の丘
6月10日新栄の丘から夜明けの写真です。
少しだけ赤く染まっていました。
わずか10分程度です。
3時36分撮影




2014.06.10.04.09新栄の丘
同日4時9分撮影
広い空に雲がゆったりと流れ綺麗でした。




撮影:2014年6月9日・10日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村














2014.06.10     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 青い池の枯れ木のゆらぎ

日曜日、SL蒸気機関車の撮影を楽しみ、その後、美瑛では外したくない観光地、青い池に向かいました。
午前中、ヘルシーマラソンという市民マラソンが盛大に開催され、交通規制も行われていました。
ちょっと、応援しましたよ。遠くから^^

2014.06.08青い池1
青い池をご存じない方は、何この写真?ってことでしょうね。すみません。
ダム湖が、何故か青い色をしてるということで多くの観光客が訪れます。
カラマツなどの枯れ木が林立し、そして太陽の加減で水の色が変化するという不思議で美しい池。




2014.06.08青い池2
水面に映る木々の木立が、風でゆらぎます。




2014.06.08青い池3





2014.06.08青い池4
以下は、夕方撮影したもので上のとは光の加減が違うと思います。
それまで、日帰り温泉に入っていました^^




2014.06.08青い池5





2014.06.08しらひげの滝1
近くの白金温泉に流れ落ちる”しらひげの滝”




2014.06.08しらひげの滝2





撮影:2014年6月8日


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




2014.06.10     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 新緑を駆け抜けるSL

おはようございます。
夜明けに少し赤く染まった美瑛の丘からです^^

土曜日に引き続き、日曜日の富良野・美瑛ノロッコ号SL牽引の様子です。
場所は、お気軽な美瑛の町はずれ”さんあい橋”の歩道からです。
三脚不可ですが、鉄網に200mmレンズのフード当てればOK^^

20分前到着もわたしひとり
ここダメなの・・・不安

10分前には5~6人の盛り上がり(笑)
最終的には10人くらい・・・

2014.06.08SL牽引ノロッコ号1
白煙をあげてカーブを曲がって走ってきました。
もう、不安一掃^^
町が近いから白煙なのね




2014.06.08SL牽引ノロッコ号2
新緑を駆け抜けるSL




2014.06.08SL牽引ノロッコ号3
汽笛とともに白煙を吹き上げるSL
サービス満点!





2014.06.08SL牽引ノロッコ号4





2014.06.08SL牽引ノロッコ号5





2014.06.08SL牽引ノロッコ号6





2014.06.08SL牽引ノロッコ号7
哀愁漂う後ろ姿





北海道っていいなぁ~



撮影:2014年6月8日

バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村







2014.06.09     カテゴリ:  北海道の風景 

   北海道撮影旅 美瑛とSL

おはようございます
今、北海道の美瑛からブログ書き込んでいます^^

360度見渡せる美瑛の丘の上からですが、天気は小雨、微風、十勝連峰は雲の中ですが、大地には恵みの雨の様子。
駐車場は車が3台ほど出たり入ったりで、聞こえる音は、車の屋根にあたる雨粒、小鳥のさえずり、たまに通る車のタイヤ音・・・。


1.2014.06.06.18.23美瑛クリスマスツリー
7日、8日は、旭川駅、富良野駅間をゆっくり走る観光列車”ノロッコ号”運行開始を記念して、
SL機関車が牽引するイベントがあり、北海道撮影旅の目的の一つにしました。

6日に小樽港に上陸し、その足で美瑛に向かい、撮影ポイントの下見です。
ということで、6日に撮影した唯一の写真です。

前置きが長くなりました。
有名な”クリスマスツリーの木”
確かに枝ぶりが末広がりですね。誰がネーミングしたのでしょうか。
それが木になる^^;





2.2014.06.07.4.23新栄の丘から大雪山と十勝連峰
翌7日の美瑛の丘の夜明けです。
3枚の写真を横に合成し、パノラマにしました。
どんよりと雲がかかっていますが少し赤くなってくれました。



3.2014.06.07.10.50SL牽引
SL牽引ノロッコ号です。

”道の駅丘のくら”の観光ボランティアさんによると、
一番人気の通称すり鉢という急坂が人気ポイントだけどポイント確保は難しいかなというお話です。
ということで、美瑛駅から上富良野駅までの沿線を少し走って4か所に絞り込みました。

その内一か所、深山峠の踏切付近から撮ったものです。




4.2014.06.07.10.501SL牽引
列車を待っているとき、おひとりの方と世間話をしながら待っていたのですが、撮り終わったら
「時間があれば家に来ませんか、すぐ近くですよ」と、何を気にいってくださったのか、言葉に甘えてお邪魔することに^^

すぐ近くの別荘にお住いの方で、
十勝連峰やパッチワークの丘が見渡せる絶景のベランダで、
奥様にはコーヒーに美味しケーキまで出していただき3人で世間話で盛り上がりました。

また、いつでも寄ってくださいとやさしいお言葉。また、行こうかな^^



5.2014.06.07.12.24ノロッコ号
場所を移動して、丘を走る”ノロッコ号”
このカーブが気に入りました。



6.2014.06.07.12.25ノロッコ号
ノロッコ号は、朝一と夕方がSL牽引で、その他はこのようにジーゼル機関車が牽引します。





7.2014.06.07.16.50ノロッコ号
十勝連峰を背景に走るSL牽引ノロッコ号。
とはいっても何か変ですね。
そうSL機関車が後ろ向きです^^
富良野駅から旭川駅に向かうシーンですが、SL機関車を方向転換できないのですね。




8.2014.06.07.18.31十勝連峰
楽しくSLの写真を撮りましたが、もう一か所撮るため、その日は美瑛泊り。
夕焼けを撮りに美瑛の丘にきました。

この写真は夕日が沈む方向と反対になる十勝連峰。
残雪の山の間から霧が流れていました。
霧滝。




9.2014.06.07.18.32十勝連峰
有名な赤い屋根の家と霧滝




10.2014.06.07.19.02深川方向に沈む夕日
こちらは、深川市方向に沈む夕日。
刻々と変化するので、360度、楽しく忙しい時間となりました^^


北海道撮影旅続きます。
また、見てくださ~い。


旅ブログになってしまったかも^^


撮影:2014年6月6日・7日


バナーのクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





2013.10.27     カテゴリ:  北海道の風景 

   ぶらっと北海道の旅 備忘録

約2週間の北海道旅から帰って、早くも2週間が経ちました。
ほんと、月日の経つのは早いです。

記憶の薄れないうちに、主な行程と撮影地を記録しておこうと思います。
備忘録です^^


総走行距離 4,413km
道内走行距離 3,735km 1日平均 約287kmでした。
やはり北海道は広大です。



    9月28日(土)新潟港出航 10:30


北海道
1日目   29日(日)小樽港到着  4:30
            マッカ岬、島武意海岸、神威岬
             道の駅「YOU・遊・もり」で休息(茅部郡森町字上台町)


2日目   30日(月)日暮山展望台、五稜郭タワー、赤レンガ倉庫群
              函館山夜景
              道の駅「しりうち」で休息(上磯郡知内町字湯の里)






3日目 10月 1日(火)室蘭港夜景
              道の駅「みたら室蘭」で休息(室蘭市祝津町4丁目)


4日目    2日(水)俱多楽湖、登別温泉の地獄谷、大滝村の三階滝、
            オコタンベ湖
            道の駅「みついし」で休息(日高郡新ひだか町三石鳧舞)






5日目    3日(木)襟裳岬、襟裳岬百人浜、大樹町晩成のタンチョウ
            豊似湖
            道の駅「阿寒丹頂の里」で休息(釧路市阿寒町上阿寒)








6日目    4日(金)鶴居村のタンチョウ、釧路湿原コッタロ、
            風蓮湖走古丹の夕景
            道の駅「知床・らうす」で休息(目梨郡羅臼町本町)


7日目    5日(土)羅臼の朝焼け、知床峠、知床五湖、カムイワッカの湯の滝、
            ウトロの夕焼け
            道の駅「摩周温泉」で休息(川上郡弟子屈町湯の島)








8日目    6日(日)キンムトー(キンム沼)、美幌峠、オンネトー湖の夕景
            「オンネトー湖公共駐車場」で休息(足寄郡足寄町茂足寄)


9日目    7日(月)オンネトー湖の夜明け、第三音更川橋梁、糠平湖、然別湖、
            駒止湖、鹿追町白樺峠扇ヶ原展望台、新得町大雪橋、トムラウシ風景
            道の駅「あさひかわ」で休息(旭川市神楽4条6丁目)








10日目    8日(火)美深町の深緑の滝、雨霧の滝、天竜沼、大沼のハクチョウ、
            利尻島と礼文島の夕焼け
            道の駅「ほっと・はぼろ」で休息(苫前郡羽幌町北3条)







11日目    9日(水)アンガス牧場、映画「許されざる者」撮影地、
            層雲峡、銀河の滝、流星の滝、銀泉台、大雪高原温泉
            道の駅「あさひかわ」で休息(旭川市神楽4条6丁目)








12日目    10日(木)美瑛町の丘、アルパカ牧場、青い池、小樽運河の夜景
            小樽港付近で休息(小樽市)








13日目    11日(金)小樽港出航 10:30
            船上より神威岬
            

       12日(土)新潟港到着  6:00





長々と失礼しました。

2013.10.25     カテゴリ:  北海道の風景 

   美瑛町の青い池

こちらに伺うのも楽しみでした。

白金青い池

この日は、お天気にも恵まれ青い池を堪能しました。

太陽の差し込む角度はもちろん、風がサッと吹いても色が変わる神秘的な池でしたよ。

美瑛ブルーに感動しました。

似たような写真で失礼します。


1HKD_白金の青い池
駐車場から1分でこのような風景が目に飛び込んできます。





2HKD_白金の青い池
池の半分くらいを散策できます。





3HKD_白金の青い池





4HKD_白金の青い池





5HKD_白金の青い池





6HKD_白金の青い池





7HKD_美瑛町白金の青い池





8HKD_白金の青い池



9HKD_白金の青い池





10HKD_白金の青い池





11HKD_白金の青い池





12HKD_白金の青い池





13HKD_白金の青い池横を流れる美瑛川
近くを流れる美瑛川も青かったです。
リバーブルー^^








撮影:2013年10月10日



 







2013.10.24     カテゴリ:  北海道の風景 

   美瑛町の美しき丘

10月10日、今回の旅の目的のひとつ、美瑛町の丘です。

車を走らせていると刻々と変化する美しき風景。

大地がキャンパスのようです。


1HKD_美瑛町の丘
流れる大地





2HKD_美瑛町の丘





3HKD_美瑛町の丘





4HKD_美瑛町の丘





5HKD_美瑛町の丘
青い池に向かい途中の風景





6HKD_美瑛町の丘panorama3枚
上の4枚目の位置からの、3枚合成パノラマ写真








次は、青い池に向かいました。


撮影:2013年10月10日


 

2013.10.23     カテゴリ:  北海道の風景 

   霧の丘に咲く花

10月10日、霧の漂う中、美瑛町アルパカ牧場の花を眺めてきました。
ゆったりとした丘に綺麗な花が咲いていました。


1HKD_アルパカ牧場の花畑





2HKD_アルパカ牧場の花畑クレオメ
クレオメ





3HKD_アルパカ牧場の花畑





4HKD_アルパカ牧場の花畑





5HKD_アルパカ牧場の花畑





6HKD_アルパカ牧場の花畑





7HKD_アルパカ牧場の花畑





8HKD_アルパカ牧場の花畑







撮影:2013年10月10日

 

2013.10.20     カテゴリ:  北海道の風景 

   銀泉台と大雪高原温泉

本日、3本目の記事になります。

層雲峡の次に向かったのは眺めが素晴らしいはずの銀泉台
はずの・・・そう雨が降っていて霞んでいます^^
銀泉台は赤岳の登山口のようで車が3台止まっていました。




1HKD_銀泉台への林道
片道15kmのダートに疲れました。
通常は、交通規制がひかれ一般車は通行止めのようですが、解除されていました。
翌日から冬季の通行止めになったようです。



2HKD_銀泉台からの眺め
銀泉台からの眺め




次に大雪高原温泉に向かいます。




3HKD_大雪高原温泉
片道10kmのダートを進み、大雪高原温泉に着きました。
が、ここでも熊対策レクチャーを受けなければ池巡りは出来ないと案内されています。
もう、当日のレクチャー時間が済んでしまっているではありませんか。

事前調査不足を痛感。

諦めて、戻り路で渓流や林道の写真を撮っていました。





4HKD_大雪高原温泉の林道沿い渓流
林道に沿って綺麗な渓流が流れています。




5HKD_大雪高原温泉の林道
ダートの林道はいいですね。



6HKD_大雪高原温泉の林道付近




この日一日でダートを50km走りました。
北海道ドライブ満喫です。



撮影:2013年10月9日

 


2013.10.20     カテゴリ:  北海道の風景 

   小雨降る層雲峡の紅葉

アンガス牧場の次は、層雲峡に向かいました。

流れ落ちる滝、奇岩と紅葉のコントラスト素晴らしかったです。
途中から小雨が降ったり止んだり。
晴れていたら、美しい紅葉が見れたことでしょうね。




1HKD_層雲峡銀河の滝
層雲峡銀河の滝


2HKD_層雲峡銀河の滝



3HKD_層雲峡流星の滝
流星の滝


4HKD_層雲峡



5HKD_層雲峡



6HKD_層雲峡



7HKD_層雲峡三の岩



8HKD_層雲峡



9HKD_層雲峡



10HKD_層雲峡



11HKD_層雲峡



12HKD_層雲峡



13HKD_層雲峡



14HKD_層雲峡



15HKD_層雲峡






次に銀泉台と大雪高原温泉にある池巡りに向かいます。



撮影:2013年10月9日

2013.10.20     カテゴリ:  北海道の風景 

   映画「許されざる者」撮影地

10月9日北海道の旅写真です。

まずは、映画「許されざる者」撮影地、上川町アンガス牧場です。
撮影地は、たまたま現地で知りました^^;



1HKD_上川町アンガス牧場
上川町アンガス牧場
大雪山と牧草地



2HKD_上川町アンガス牧場



3HKD_上川町アンガス牧場



4HKD_上川町アンガス牧場



5HKD_上川町アンガス牧場



6HKD_上川町アンガス牧場



7HKD_映画「許されざる者」撮影地
映画「許されざる者」撮影地

以下、yahoo映画より転記

クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、
アカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇をリメイク。

江戸幕府最強の刺客として恐れられた男が、
やむを得ぬ事情から一度は捨てた刀を手にしたことから壮絶な戦いに身を投じていく姿を描く。

メガホンを取るのは、『フラガール』『悪人』の李相日。

ハリウッドでも活躍が目覚ましい渡辺謙をはじめ、、柄本明、佐藤浩市らキャストには実力派が結集。
彼らの妙演に加え、開拓時代の西部から明治初期の北海道への舞台移行などの改変点にも注目。




8HKD_映画「許されざる者」撮影地



9HKD_映画「許されざる者」撮影地



10HKD_エゾシカ_幌加内町
アンガス牧場へ向かう途中見かけたエゾシカ
幌加内町にて。







目的地に向かう途中、絵になる風景が沢山あって困る(笑)


撮影:2013年10月9日

 

2013.10.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   利尻島、礼文島の夕焼け

本日、3本目の記事、10月8日の写真です。

今回の旅では、利尻島礼文島に渡る予定でした。
そのため、自転車も持参していましたが、
海が荒れたり天気が今一なのと、道内で見るところが沢山あって機会を逃しました。

今度、機会をみて花の季節に渡ろうと思います。

日の入り時刻は午後5時3分(マピオン日の出日の入りアプリによる)
時間を追って写真アップです。



1HKD_利尻島と礼文島1607
利尻島礼文島
16:07
風が強くカメラが揺れます。





2HKD_利尻島1634
利尻島
16:34




3HKD_礼文島1639
礼文島
16:39




4HKD_礼文島1645
16:45




5HKD_利尻島1728
17:28







真っ赤な夕焼けにはなりませんでしたが、島がハッキリ見れてよかったです。
帰りの道中、バックミラーには、もっと赤い夕焼けが映りました^^;




撮影:2013年10月8日


 


2013.10.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   大沼のハクチョウ

美深町の滝を見た後、稚内大沼ハクチョウを見に行きました。
50mくらいの近くで見れるのですね。
鳴き声も賑やかなことでした。


只今(14時41分)、白鳥飛来数1,233羽、うち若鳥86羽と表示されていました。



1HKD_大沼のハクチョウ



2HKD_稚内市大沼のハクチョウ



3HKD_大沼のハクチョウ



4HKD_大沼のハクチョウ



5HKD_大沼のハクチョウ



6HKD_大沼のハクチョウ



7HKD_大沼のハクチョウ




8HKD_大沼のハクチョウ









ハクチョウの飛翔を上から見るのは初めてでした。
ちょっと遠いけどね。




次に、利尻島、礼文島の夕焼けを撮りにいきました。



撮影:2013年10月8日

2013.10.19     カテゴリ:  北海道の風景 

   美深町の滝


新得町トムラウシの次に、美深町の滝を見に行きました。

滝のある場所は、そんなに山深くはないのですが、
ここでも人っ子一人会いません。

頭の中は、熊遭遇でいっぱいです^^



1HKD_美深町の紅葉
美深町の紅葉



2HKD_美深町の紅葉



3HKD_美深町の紅葉



4HKD_美深町の紅葉



5HKD_美深町の深緑の滝
美深町の深緑の滝



6HKD_美深町の深緑の滝



7HKD_雨霧の滝1
美深町の雨霧の滝



8HKD_雨霧の滝2



9HKD_松山湿原天竜沼
松山湿原天竜沼



10HKD_風に揺れる紅葉
風に揺れる紅葉



11HKD_美雪橋付近
美雪橋付近








他にも沢山の滝があるようです。
後、ここではトロッコ電車も走ります。

百名水の仁宇布の冷水をいただき、
次に向かったのは稚内大沼のハクチョウ。


撮影:2013年10月8日

2013.10.18     カテゴリ:  北海道の風景 

   トムラウシの紅葉

本日、5本目の記事です。

10月7日、扇ヶ原展望台から新得町に向かいます。


新得町を訪れた目的は、秘湯ヌプントムラウシ温泉へ入るためです。
が、近くまで来るとがけ崩れで通行止め。
残念。

ということで近くの紅葉を撮っていました。


1HKD_新得町大雪橋から上岩松ダム湖の紅葉
新得町大雪橋から上岩松ダム湖の紅葉



2HKD_新得町大雪橋から上岩松ダム湖の紅葉



3HKD_新得町大雪橋から上岩松ダム湖の紅葉



4HKD_新得町大雪橋から上岩松ダム湖の紅葉



5HKD_新得町トムラウシ周辺
新得町トムラウシ周辺



6HKD_新得町トムラウシ周辺



7HKD_新得町トムラウシ周辺



8HKD_新得町トムラウシ周辺



以上、10月7日の旅の写真でした。
長々とすみません。




撮影:2013年10月7日


 

2013.10.18     カテゴリ:  北海道の風景 

   霧が漂う扇ヶ原展望台

扇ヶ原展望台です。
霧が晴れれば、雄大な十勝平野が眺められるとのこと。残念。
でも、霧の漂う白樺並木も綺麗。

そして、何といっても売店、自販機がないのがいいね。
でも、トイレはあったらいいな^^


1HKD_鹿追町白樺峠扇ヶ原展望台の千畳くずれ
千畳くずれ
大きな岩が積み重なっています。


2HKD_鹿追町白樺峠扇ヶ原展望台



3HKD_鹿追町白樺峠扇ヶ原展望台



4HKD_鹿追町白樺峠扇ヶ原展望台



5HKD_鹿追町白樺峠扇ヶ原展望台




次は、新得町へ向かいます。



撮影:2013年10月7日


 
 

2013.10.18     カテゴリ:  北海道の風景 

   然別湖と駒止湖

然別湖畔の近く、といっても徒歩で片道1時間半の山道を登ると、
北海道3大秘湖といわれる、東雲湖があります。

今回の旅にこの3湖巡りを計画していたのです。
既に2湖のオコタンペ湖とオンネトー湖は写真に納めました。

雲も厚いので案内所で状況をお聞きすると、着いても見えないよと言われました。
残念ですが、次回のお楽しみです^^


1HKD_然別湖
然別湖
ここも水が綺麗ですね。



2HKD_然別湖



3HKD_然別湖



4HKD_然別湖



5HKD_然別湖



6HKD_駒止湖
近くの駒止湖
周辺は、ナキウサギという小さなウサギが生息しているようです。
湖には下りられません。



7HKD_駒止湖2





次は、扇ヶ原展望台。



撮影:2013年10月7日


 

2013.10.18     カテゴリ:  北海道の風景 

   糠平湖と古い橋梁

オンネトー湖から糠平湖への道すがら、古い橋梁が沢山見れました。
ロマンチックですね。
知りませんでした。


1HKD_第三音更川橋梁
第三音更川橋梁


2HKD_第三音更川橋梁



3HKD_第四音更川橋梁
第四音更川橋梁


4HKD_糠平湖
糠平湖
水が透きとおっていました。



5HKD_糠平湖



6HKD_糠平湖



7HKD_糠平湖



8HKD_タウシュベツ川橋梁案内板
道すがら、タウシュベツ川橋梁案内板が目に止まりました。



9HKD_上士幌町ミズナラの巨木_周囲490cm胸高直径156cm
タウシュベツ川橋梁展望台へ続く道

上士幌町ミズナラの巨木
周囲490cm胸高直径156cm



10HKD_タウシュベツ川橋梁展望台へ続く道
タウシュベツ川橋梁展望台へ続く道で見かけた
巨大魚の骨^^



11HKD_タウシュベツ川橋梁展望台
タウシュベツ川橋梁展望台
水が引くと橋梁が現れるそうです。





次は、然別湖へ。


撮影:2013年10月7日

 

2013.10.18     カテゴリ:  北海道の風景 

   オンネトー湖の夜明け

10月7日、オンネトー湖の夜明けです。

日の出時刻は、5時24分


1HKD_1HKD_オンネトー湖の夜明け0530日の出0524
5時24分



2HKD_オンネトー湖の夜明け0555日の出0524
5時55分








このまま、湖面の変化などをゆっくり眺めていたいところですが、
予報は曇りということもありお別れです。

次に、糠平湖へ向かいます。



撮影:2013年10月7日


 

2013.10.17     カテゴリ:  北海道の風景 

   オンネトー湖の夕景

10月6日、美幌峠の次に向かったのは、オンネトー湖
北海道3大秘湖の一つに数えられる湖。
オンネトー湖には過去2回訪問していますが、景色、雰囲気とも素敵なところで、北海道に行ったらここは外せない湖。
あれからもう、20数年。


1HKD_オンネトー湖への道中
オンネトー湖への道中で見かけたキタキツネ
「なにか御用で・・・・・」と見つめられる^^




2HKD_オンネトー湖への道中キガラシの花
道中キガラシの花も広大に咲き誇っています。




3HKD_オンネトー湖への道中
国道241号から





4HKD_オンネトー湖panorama-2
オンネトー湖
3枚合成パノラマ




5HKD_オンネトー湖



6HKD_オンネトー湖



7HKD_オンネトー湖1640

夕焼けに期待しますが、焼けないかもと期待薄。
16時40分
当日、日の入りは17時3分


8HKD_オンネトー湖1641
16:41
夕焼けは期待できないとカメラマンは、誰もいなくなり幽玄の世界へ。



9HKD_オンネトー湖1648日の入1703
16:48
待った甲斐がありました。
日の入り15分前
雌阿寒岳、阿寒富士の頂上が赤く染まり、湖面に綺麗に映し出してくれました。
20数年ぶりに訪れたのに、何と運がいいことかと、
ひとりで、パシャパシャシャッターを押していました。




10HKD_オンネトー湖1653
16:53



11HKD_オンネトー湖1654
16:54



12HKD_オンネトー湖
16:56
対岸の湖畔



13HKD_オンネトー湖1703
17:03
日の入り時刻
湖面に映る夕焼け雲がとても綺麗でした。



14HKD_オンネトー湖1727
17:27
群青のオンネトー湖






ここまで来たら朝焼けも見たいと思い近くに泊りました。
次の記事は、オンネトー湖の夜明けです。



撮影:2013年10月6日


 

2013.10.17     カテゴリ:  北海道の風景 

   美幌峠からの風景

10月6日、神秘的なキンムトーの次に向かったのは、美幌峠

曇り空ですが、観光客が多く訪れていました。


1HKD_美幌峠



2HKD_屈斜路湖
屈斜路湖の右側に突き出ているのは、和琴半島。
当日早朝、ここに湧いている3つの露天風呂のうち2つに入ってきました。
一つは、海藻が浮かんだ温い温泉、
もう一つは、小屋の中にある高温温泉
入れなかったのは、陸地からはロープ、海からはカヌーでしか行けない秘湯。




3HKD_屈斜路湖



4HKD_屈斜路湖



5HKD_展望台にモニュメント???
モニュメントのように綺麗な造形美を魅せています。
私も、一個積みました^^



6HKD_峠より




峠への散策路には、歌手美空ひばりの「美幌峠」の記念碑があり、歌が流れていました。
景色を見ながら聴いていましたが、雰囲気が出ていい歌でした。



次は、私的にどうしても外せないオンネトー湖です。


撮影:2013年10月6日

 

2013.10.16     カテゴリ:  北海道の風景 

   ひとり キンムトー

台風26号の情報を気にしながら、記事書いています。
甚大な被害が出ないことを願うばかりです。


10月6日、摩周湖に行くも中途半端な曇天で、太陽も上がりきって、
摩周湖らしい写真が撮れそうもないのでカメラは出さずに、
ネットで見た気になる「キンムトー」へ行くことにしました。

屈斜路湖と摩周湖の間を通る国道391号から林道を5kmほど入ったところにありました。

林道脇を入った所に5台ほどの駐車スペースがあり、
そこから徒歩で300mほど笹薮の小道を進みますが、

木々も生い茂って視界の効かないカーブもあり、
熊対策に鈴を鳴らし、雑音気味のラジオのボリュームを最大にして進みました。

雰囲気ぶち壊しですが、熊遭遇よりマシですもんね。


1HKD_キンム沼へ向かう林道
キンムトーへと続く池ノ湯林道紅葉
赤黄緑の鮮やかな紅葉とダート脇に積もった枯れ葉がとても素敵でした。
路面はダートなのですが固く整地されています。



2HKD_キンム沼へ向かう林道



3HKD_キンム沼へ向かう林道



4HKD_キンム沼へ向かう林道
林道の脇道。



5HKD_キンム沼への案内板
キンムトーの案内板
キンム沼と表示されています。



6HKD_キンム沼
300mほど徒歩で恐る恐る笹薮の小道を進むと、
パッと視界が広がりキンムトーが目に飛び込んできます。
キンムトーは、雨水や雪解け水が溜まった沼だそうです。




7HKD_キンム沼



8HKD_キンム沼



9HKD_キンム沼



10HKD_キンム沼



11HKD_キンム沼



12HKD_キンム沼





林道入ってキンムトーで周囲を気にしながら、
恐る恐る写真を撮り林道に出るまでの3時間、
車も人も出会いませんでした。

まさに、ひとりで秘湖の雰囲気を堪能しました。



次は、美幌峠に向かいました。



撮影:2013年10月6日


 


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング