カテゴリー 《 岩手県の風景 》   全1ページ

2017.01.05     カテゴリ:  岩手県の風景 

   盛岡市と岩手山の眺望

今日は、盛岡市の夜景を気軽に楽しめる「岩山公園」からの朝、昼、夜の写真です^^

高さ340mの岩山公園には、3か所の眺望スポットがあり、車窓から、平坦な展望台から、さらに高く築かれた展望台からと、盛岡市街地越しに岩手山をも眺めることができます。
広い駐車場、レストラン、自販機、トイレもあり、何といっても住宅地から車で5分も坂を上ればこの眺望が見れるという何とも贅沢な眺望スポットです。


2016.10.30盛岡市の朝景1
先ずは10月30日午前5時40分の西方向の盛岡市街地です。(日の出時刻6時1分)






2016.10.30盛岡市の朝景2
雲が厚いながらも北の空が薄っすら焼けてくれました。






2016.10.30盛岡市の朝景3
北方向







2016.10.30盛岡市の朝景4
西方向
山の向こうは田沢湖







2016.10.30盛岡市の朝景5
岩手山の頂は雲の中で、あとで分かりましたが初雪が降ってたもよう。






2016.10.30盛岡市の朝景6
高さ11m、直径15mのがっちりした展望台と紅葉






2016.10.30岩手山初冠雪
休憩後、日中の盛岡市街地と姿を現した初冠雪の岩手山






2016.10.31盛岡市の夜景1
日付が変わって31日盛岡市の夜景です。
視界が悪くって星は薄っすらとしか見れませんでした。






2016.10.31盛岡市の夜景2
同じく、31日の夜景です。






2016.10.31岩手山の笠雲1
31日朝方、霞んではいますが市街地には雲海が漂い、冠雪の岩手山には笠雲が現れました。






2016.10.31岩手山の笠雲2
笠雲の変化を楽しみました。







2016.10.31岩手山の笠雲3
すると、2重の笠雲のプレゼント







30日の夜中、窓をコンコンと叩く音。
人生2度目の職務質問を受けました~^^
免許証を提示し、助手席の三脚やカメラを見て「撮影ですか」「はい」「気をつけて」で終了でした^^


しかしこんなにアクセスや雰囲気の良い夜景スポットは私は知りません。って、そんなに行ってないのですが。
ここでお話ししたおじさんは、この麓に住んでいてちょくちょく写真を撮りにくるそうで、ある日の濃い雲海が浮かぶ写真を見せてくれました。
また、撮影ではなく散歩コースにもなってる素敵な眺望スポットでした。


晩秋の東北旅の写真はこれでおしまいです。
当ブログは、なかなか年越しできません^^;

撮影:2016年10月30日~31日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。

これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。
スポンサーサイト

2017.01.04     カテゴリ:  岩手県の風景 

   岩手山の夕景

この日は確か岩手山(2,038m)が初冠雪した日でした。
岩手山に落ちる夕日を撮ろうとネット検索し、電線などの人工物がなく秋らしい景観がアングルに入るところを探して右往左往。
ようやく盛岡市郊外の玉王区という石川啄木の故郷の近くの田園地帯で三脚を立てることができました。


2016.10.30岩手山遠望1
初冠雪の岩手山と左の木立から顔を出すのは2015年10月21日に登った鞍掛山(897m)
木立の前にはススキが揺れています。






2016.10.30岩手山遠望2
長閑な晩秋
薄明光線も出てタイミングよく走ってきたトラクターを入れることができました。






2016.10.30岩手山遠望3
イメージどおりススキが輝いてくれました。






2016.10.30岩手山遠望4
岩手山の肩に沈む夕日はさらにススキを黄金色に輝かせます。






2016.10.30岩手山遠望5
しかし、この日は上の写真が一番・・・






2016.10.30岩手山遠望6
静かに夕陽は山影へ






2016.10.30岩手山遠望7
空高く薄い雲が浮かんでいました。




撮影:2016年10月30日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。

これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

 

2016.12.30     カテゴリ:  岩手県の風景 

   北山崎という名の絶景スポット

岩手県田野畑村には、「北山崎」という名の高さ200メートルの断崖絶壁や海蝕洞窟が8kmに連なる絶景があります。

梅雨時期には海霧が漂うとても神秘的な絶景が広がり、公益財団日本交通公社の全国観光資源評価「自然資源・海岸の部」で最高ランクにも評価されているので、日本一の海岸美かも。

夜明け前の真っ暗な中、ヘッデン点けて第二展望台を目指します。
第二展望台までは、ビジターセンター付近から360段の階段を下りたところにありますが、木々が生い茂っていて展望が効かず撮影は2人がやっとです。


2016.10.27北山崎1
日の出の時刻となりましたが思ったほど岩肌が焼けてくれませんでした。






2016.10.27北山崎2
とは言っても絶景です。






2016.10.27北山崎3
樹木があり、どうあがいても同じ写真になってしまいます。






一人カメラマンが来られたので場所移動
そこからさらに370段の階段を下りると波打ち際から20mくらいの高さの展望台に辿り着きます。
以下はその辺から撮った7枚ですが、苦労して下りた甲斐がありました^^






2016.10.27北山崎4







2016.10.27北山崎5







2016.10.27北山崎6






2016.10.27北山崎7







2016.10.27北山崎8







2016.10.27北山崎9







2016.10.27北山崎10







ずっと一人でパチパチ撮影し730段の階段を上り返して第一展望台へ。
第一展望台は、ビジターセンターから続く平坦な道を進んだところにあります。






2016.10.27北山崎11
第一展望台から
丸い穴の開いた岩が矢越岬、中央右に霞のは宮古市の月山(がっさん)456m







2016.10.27北山崎12
第一展望台からの大海原の太平洋です。






海霧が発生しやすとされる梅雨時に再訪したいものです。





撮影:2016年10月27日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。


これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

 




2016.12.29     カテゴリ:  岩手県の風景 

   断崖絶壁  鵜の巣断崖

岩手県田野畑村で観られる絶景、高さ200m級の5層の断崖が連なる鵜の巣断崖

駐車場から10分ほど歩くと展望台が設けられています。
その展望台も足元がすくわれるような断崖にあり絶景が広がります。


2016.10.27鵜の巣断崖1
崖の中腹にウミウの巣があることにその名が由来するそうです。







2016.10.27鵜の巣断崖2







2016.10.27鵜の巣断崖3







2016.10.27鵜の巣断崖4
エメラルドグリーンな海







2016.10.27鵜の巣断崖5
3種類の行き交う船舶






撮影:2016年10月27日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。


これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

 

2016.12.28     カテゴリ:  岩手県の風景 

   海にそそり立つ奇岩 三王岩

三陸復興国立公園にある数多い奇岩の一つ、宮古市の三王岩(さんのういわ)です。

大地震により海岸まで降りる遊歩道は閉鎖中で展望台からの眺めです。

2016.10.26三王岩1
男岩 高さ50メートル






2016.10.26三王岩2







2016.10.26三王岩3
左側は、女岩で高さ23メートル
中央、男岩
右側は、太鼓岩で高さ17メートル





撮影:2016年10月26日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。


これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

2016.11.01     カテゴリ:  岩手県の風景 

   青い海と青い空 浄土ヶ浜

宮城の鳴子峡から一気に、三陸(陸前(宮城) 陸中(岩手) 陸奥(青森)) のひとつ、陸中海岸の景勝地、浄土ヶ浜。


2016.10.26浄土ヶ浜1
青い海と青い空に挟まれた白い岩肌に緑のアカマツ、何事も無かったのように素晴らしい風景に魅せられました。
定番ポイント






2016.10.26浄土ヶ浜2







2016.10.26浄土ヶ浜3
羽ばたくウミネコ
その先には・・・






2016.10.26浄土ヶ浜4







2016.10.26浄土ヶ浜5
海岸の木くずの清掃をする人々






2016.10.26浄土ヶ浜6
とっても美しい海水です。







以下、宮古観光文化交流協会のHPよりコピー


ここは陸中海岸国立公園にある三陸を代表する景勝地です。
今から約5200万年前の古第三紀(白亜紀の次の時代)に形成されたといわれています。

火山岩からできた白い岩と小石によって入り江が作られているため、
外海から隔てられていおり波もおだやかです。

海水浴の季節には多くの人で賑わい、「日本の水浴場88選」や「日本の快水浴場百選(海の部特選)」にも名を連ねる人気のスポットです。

岩の上には県の木でもある「ナンブアカマツ」などの常緑樹があり、
白い岩肌とのコントラストが日本庭園のような美しさを醸し出しています。

浄土ヶ浜の名前は、
天保年間(1681年から1683年)に宮古山常安寺七世の霊鏡和尚が「さながら極楽浄土のごとし」と、
目の前に広がる風景に感嘆したことから名付けられたともいわれています。

かの宮沢賢治も1917年7月に浄土ヶ浜を訪れた際「うるはしの海のビロード昆布らは寂光のはまに敷かれひかりぬ」という歌を詠んでいます。





撮影:2016年10月26日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。


これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


ありがとうございました。

 


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ブラットジィと申します。
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング