全1ページ
このページのリスト
2010.02.28  
  津幡町竹橋の町並み
2010.02.23  
  兼六園を散策
2010.02.22  
  金沢城を散策
2010.02.22  
  長町武家屋敷跡の町並み
2010.02.21  
  八重寒紅
2010.02.20  
  ドラえもんと仲間
2010.02.17  
  金沢フードピアランド
2010.02.16  
  激寒の間垣の里
2010.02.14  
  兼六園ライトアップ=再び×2
2010.02.13  
  輪島市門前町剣地の町並み
2010.02.11  
  金沢城・兼六園ライトアップ=再び
2010.02.11  
  北前船で栄えた門前町黒島の町並み
2010.02.10  
  七尾市田鶴浜町の町並み
2010.02.08  
  能登島町向田の町並み
2010.02.07  
  兼六園のライトアップ
2010.02.07  
  能登島ごっつおまつり
2010.02.06  
  金沢城のライトアップ
2010.02.05  
  輪島市門前町の町並み
2010.02.03  
  穴水町比良の町並み
2010.02.03  
  能登町鵜川の町並み
2010.02.01  
  能登町の内浦長尾の町並み
2010.02.01  
  能登町松波の町並み

2010.02.28     カテゴリ:  金沢の風景 

   津幡町竹橋の町並み

今日、午後から藩政時代に加賀(金沢)~江戸(東京)間の参勤交代の道として重要な役割を担った宿場町「津幡町竹橋(つばたまち たけのはし)」の町並みを散策して来ました。
今の県境の石川、富山の倶利伽羅峠を越える際の石川県側にある地域で、当時は宿場町として相当賑わったそうです。





竹橋の遠望です。
手前に見える土手は、JR北陸本線です。
右側の大きな建物群は、倶利伽羅塾、御食事処源平茶屋、道の駅「源平の郷」。
車が駐車場に入りきらないほど賑わっていました。
石川ナンバー、富山ナンバーが半々。やはり県境の町なのでしょうか。






国道8号から見た竹橋の入り口です。





入り口の左手にある石碑。
「たけのはしかぐやひめ」とあります。
ロマンチックですね。
平成20年11月設置。















古い町並みが残っています。





脇道に入るとこのような表示が目に入りました。
柄崎屋「清酒兼六」
調べたところ、寛文元年(1661年)から酒造業を行っていたという金沢にあった酒蔵の工場のようです。
残念ながら、約300年後の昭和40年(1965年)に廃業されたようです。





倶利伽羅峠へと向かう街道筋





田を耕す人。
何かタイムスリップしたような気持ちになりました。




近いうちに、倶利伽羅峠を散策しようと思います。





関連記事
スポンサーサイト

2010.02.23     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園を散策

日曜日に訪れた兼六園です。
2010年2月21日




徽軫灯籠(ことじとうろう)
順番の出来る写真ポイント。





振り向くと、奥医王山の山並みが雪に輝いています。




















青い服装の怪しい軍団?
いえいえ、公園内を清掃する皆さんです。





兼六園内の梅林(ばいりん)
昭和43年、明治百年記念事業として、全国石川県人会連合会、兼六園茶店組合や北野天満宮、大宰府や湯島天神、水戸偕楽園などの協力により、全国の名梅を集めて造成されました。
面積3000平方メートルの敷地に、20種、200本の梅が植えられており、3月になると紅白の花が美しく咲き誇ります。

八重寒紅(やえかんこう)
早咲きの紅梅です。





白加賀(しらかが)
梅酒などに加工する青ウメの代表的な品種です。





夕顔亭(ゆうがおてい)
安永3年(1774年)に建てられました。
蓮池庭(れんちてい)にあった四亭の一つで、当時のままの姿を今に伝えています。
四亭は、ほかに「時雨亭(しぐれてい)」「内橋亭(うちはしてい)」「避雨亭(ひうてい)」





内橋亭
中央と左の建物は茶店。





苔(こけ)と、なごり雪。





今年、ライトアップを見に3回も足を運んだポイントです(笑)



近くにありながら、なかなか足の運ぶことがなく、写真も撮ったこともないくらいでしたが、庭園の素晴らしさを再認識しました。

桜の季節に再訪問しようかと思います。
関連記事

2010.02.22     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   金沢城を散策

昨日は、春のような陽気に誘われ、金沢城と兼六園を散策して来ました。

ライトアップではございません^^;
まずは、金沢城から。




戌亥櫓跡(いぬいやぐらあと)から
手前から「橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)・五十間長屋(ごじっけんながや)・菱櫓(ひしやぐら)」





左手は橋爪門続櫓。中央右は石川門。
奥に広がる丘陵地は、卯辰山(うたつやま:141m)





橋爪門続櫓





丑寅櫓跡(うしとらやぐらあと)から
手前は、兼六園の茶屋街。通称「江戸町通り」
一番高く白く輝く山は、奥医王山(おくいおうぜん)939m





本丸園地からの
手前の建物は、鶴丸倉庫(つるまるそうこ)。





辰巳櫓跡(たつみやぐらあと)から
手前は、いもり堀の復元工事で今春完成とか。




完成したら、またコンデジ持って散策です。

さてと、記念の22年2月22日22時22分にアップ出来るかな(笑)



関連記事

2010.02.22     カテゴリ:  金沢の風景 

   長町武家屋敷跡の町並み

2010年2月13日、金沢の長町武家屋敷跡を訪ねました。

以前は、お土産屋さんなどは一切なく、藩政期の趣を色濃く残した町でしたが、最近、お土産屋さんなどが増えるのも観光地なので仕方がないことかもしれませんね。

救われるのは、お土産屋さんの外観もこの地域に合わせてることでしょうかね。






長町武家屋敷跡は、加賀藩士・中級武士達の屋敷跡。
木羽(こば)板葺きの屋根のついた黄土色の土塀に、雪から土塀を守る「こも」掛けは金沢の冬の風物詩となっています。
現在も、各家では普通の生活をされています。















野村家
野村家ウエブサイト
http://www.nomurake.com/





武士窓のある長屋門
加賀藩前田百万石の家臣「天野家」





加賀藩士高田家跡










足軽資料館
藩政時代の貴重な足軽屋敷2棟を移築再現したものです。






大野庄用水
犀川と繋がっていて、藩政時代は運河としての機能もあったそうです。




庭の曲水へと繋がっています。










金沢市老舗記念館
藩政時代からの薬種商「中屋薬舗」の建物を、金沢市南町から移築した館です。




















武家屋敷から、わずか150mくらいでこのような市街地になります。





屋根瓦のところが武家屋敷付近となります。




黒瓦には、なごり雪です。



以上、長町の武家屋敷の町並みでした。




関連記事

2010.02.21     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   八重寒紅


陽気に誘われ兼六園を散策中。

関連記事

2010.02.20     カテゴリ:  加賀の風景 

   ドラえもんと仲間

石川県加賀市内にて









関連記事

2010.02.17     カテゴリ:  金沢の風景 

   金沢フードピアランド

2010年2月13日の土曜日に、20数年ぶりに金沢フードピアランドに行っきました。
何を食べようかと悩みます^^


フードピア金沢2010・オフィシャルサイトのフードピアランドのページ
http://www.kanazawa-cci.or.jp/food/index_03.htm






























左は、「いくら、まぐろのネギトロ」海鮮ハーフ丼 350円
右は、カニ汁 300円

残雪の上で記念撮影^^
外で食べるので空気も旨く、さらに美味しい気がします。









会場全景です^^





コンサートに聞き入る人々





何かの撮影会でシャッターを切る愛好家達
左のモデルさんが雪吊りに入りました^^


会場は、金沢市の中心街にありアクセスは申し分ないのですが、イベント会場は公園ということでコンクリートやアスファルトではなく小学校のグランドの土のような感じです。
このことから、雨や雪が降るとグチャグチャの泥濘(ぬかるみ)になり、靴は泥だらけになるので注意が必要です。
関連記事

2010.02.16     カテゴリ:  能登の風景 

   激寒の間垣の里

2010年2月6日、激寒の間垣の里、大沢と上大沢を訪ねました。





大沢




大沢の間垣




漁港
今年は、特に大荒れの日が続きなかなか漁に出れないそうです。




町並み




竹垣




平成19年(2007)3月24日をもって閉校となった、石川県輪島市立西保中学校。





時々、海から立っていられないほどの強風が吹き、間垣からゴォーゴォーと唸り声が聞こえます。
雪が降るというより、下から吹き上がります。画像に少々映っています。






少し、移動して「上大沢」です。




上大沢の町並み




強風で体ごと風で押されたり、カメラを構える手が凍えてしまう激寒の大沢、上大沢でした。



2009年11月22日の大沢
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/9929627.html

関連記事

2010.02.14     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園ライトアップ=再び×2

池に映る雪吊りをご覧ください。
2月13日(土曜日)に行って来たのですが、過去3回で最高の人出でした^^

風が弱かったり、ときどき雪が舞ったり最高の日でした。



もう何度も見て頂いた方は、パスしてね^^








































今夜のオーケストラ・アンサンブル金沢メンバーズによるミニクラシックコンサート
編成:ハープ・クラリネット
演奏曲:まつのテーマ、亡き王女のためのパヴァーヌなど

これで、3編成制覇しました^^
みんな、それぞれ雰囲気とマッチしてよかったです。
画像を見てると今も演奏が聞こえるくらいです。
























ことじ灯篭(とうろう)と、後は、演奏が行われた霞ヶ池に迫り出した内橋亭。

ところで、この灯篭の形ですが、今、バンクーバーで行われているオリンピック冬季競技大会のシンボルマーク「イヌクシュク(石でできた先住民の道標)」と似ていますが、何ら関係がないそうです^^



2月5日(金)に行った際の兼六園
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/12052957.html

2月11日(木・祭)に行った際の兼六園
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/12163248.html
関連記事

2010.02.13     カテゴリ:  能登の風景 

   輪島市門前町剣地の町並み

剣地のすぐ前の海岸は、琴ヶ浜という鳴き砂の浜があり、歩くと「キュッキュッ」と聞こえます。
訪れたのは、2010年1月24日です。





小さな漁港「剣地漁港」




















定梶酒造店「清酒「日力」」とありますが営業されているのでしょうか?















関連記事

2010.02.11     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   金沢城・兼六園ライトアップ=再び

先ほど、再び「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」に行ってきました^^;

今日は、予報に反して午後2時頃から雪が舞い始めました。
始めのうちは、どうせ消えるのだろうな、と思っていたら中々降り止みません。
で、一瞬、先日のライトアップの雪景色を再び見たくなり、気がついたら兼六園でした(笑)
5~6センチは積もった感じです。



金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~のサイト↓
http://www.hot-ishikawa.jp/info-detail.php?no=190

2月5日に行った際の兼六園
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/12052957.html






































徽軫灯籠(ことじとうろう)前





霞ヶ池に迫り出す内橋亭
今日もオーケストラ・アンサンブル金沢の生演奏がありました。
今夜は、ヴァイオリン・ヴィオラ・クラリネットのミニ・コンサートでした。
雪の舞う中、とても優雅な時間を過ごせます。

オーケストラ・アンサンブル金沢
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/































手足が凍えて来たので、おもてなしカフェへ。




兼六園限定の「蓮蒸まんじゅう」を頂きました。
餡は、加賀レンコンのすり身が入っていて、若干もっちり感があり、なかなかの味でした。
暖かい加賀棒茶とセットで200円


























翠滝





夕顔亭





石川門の櫓




石川門櫓の内側より





菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓






























以前にも、ご紹介しましたが石川門は、金沢城の裏門になります。
これが、正門の河北門で、今年4月24日に復元が完成する予定です。





2月5日の画像よりは、ピントが合っていると思いませんか?
今日は、気合い入れて三脚を立てたんです。でもコンパクトカメラですが(笑)




関連記事

2010.02.11     カテゴリ:  能登の風景 

   北前船で栄えた門前町黒島の町並み

黒島は、江戸後期から明治中期にかけ、北前船の船主や船員が住み全盛を極めた町で、今もその面影を色濃く残しています。

訪れたのは、2010年1月24日です。
いつ訪れても素敵な町並みです。




深見方向




黒島漁港の堤防方向




鹿磯(かいそ)漁港方向

























































































金沢方向の海岸沿い




門前、輪島方向の海岸沿い





栄華を極めた角海家の住宅は、典型的な船問屋形式の豪壮な建築で、県の文化財にも指定されていましたが、先の地震で影響を受け現在修復中、平成23年完成の予定です。

黒島まち歩きマップ(暫定版)
http://www.phisnet.ne.jp/kuroshima/osirase/kurosimamap.pdf




関連記事

2010.02.10     カテゴリ:  能登の風景 

   七尾市田鶴浜町の町並み

鹿島郡田鶴浜町は、七尾市の和倉温泉の西隣りに位置し、2004年10月1日に七尾市と合併し七尾市田鶴浜町となりました。
町は、建具の町として知られており、また近くには野鳥公園があります。







何気に赤ポスト
























東嶺寺
この、お寺を再建する際に尾張から建具職人が来たことから、建具の町になったそうです。


以上、2010年1月23日に訪れた田鶴浜でした。
関連記事

2010.02.08     カテゴリ:  能登の風景 

   能登島町向田の町並み

昨日、「能登島ごっつおまつり2010」に行った折り、能登島町向田を散策して来ました。

向田は、能登島(46.78平方キロメートル:人口約3,100人))のほぼ中央に位置し、平成16年9月までは鹿島郡能登島町で向田に能登島町役場がありました。
現在は、七尾市能登島町です。
島には、二つの橋が架かっていますが、そのうちの一つである和倉温泉側の能登島大橋が1982年(昭和57年)4月3日に完成するまでは、フェリーで行き来していました。


向田は、火祭りと最近では自然のイルカのウオッチングが有名です。
火祭り→http://www.city.nanao.lg.jp/notojima_kankou/kanko/kouda/index.html





向田漁港の堤防より向田の町並み




















旧向田小学校、旧中部中学校への坂道





旧向田小学校
大正時代の建築で、現在はガラス工房に生まれ変わり大切に利用されています。
能登島ガラス工房HP↓
http://www.notojimaglass.com/
隣接地は「道の駅」になっていて大変便利です。





建物の横に謂れを書いた板がありました。
中部学園跡地とあります。





自然のイルカ
陸側からも見られます。
2009年9月5日撮影。


以上、能登島町向田の町並みでした。


関連記事

2010.02.07     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園のライトアップ

2月5日、「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」に行ってきました。
これは、季節ごとに、兼六園と金沢城内をライトアップするイベントです。
http://www.hot-ishikawa.jp/info-detail.php?no=190

それでは、兼六園のライトアップの様子です。





霞ヶ池(かすみがいけ)
奇跡的にピントが合ったと思います。





雪吊りを施した唐崎松(からさきのまつ)










見学に来られた方から「ワァ~綺麗」「凄い」の声が繰り返し聞こえました。












































霞ヶ池に迫り出す内橋亭
オーケストラ・アンサンブル金沢の電子ピアノとフルートによるミニクラシックコンサートが開催されていました。
とても優雅な時間が過ぎていきます。
遠くてピントが合っていませんが、左に立っている方がフルート奏者
右に座っている方が、電子ピアノ奏者です。

オーケストラ・アンサンブル金沢
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/






日本最古の噴水





徽軫灯籠(ことじとうろう)



































兼六園内のお茶屋さん、通称「江戸町通り」。





園内の散策コースに設けられた灯り
ライトアップ用に竹で梅鉢紋の模様が刻んであります。



このライトアップ冬の陣のイベントは、2月5日から7日、
そして2月11日~14日にも開催されます。無料です。


雪の舞う兼六園ライトアップは、幽玄な世界でしたよ。



金沢城のライトアップは ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/12008689.html
関連記事

2010.02.07     カテゴリ:  能登の風景 

   能登島ごっつおまつり

能登島で開催された「能登島ごっつおまつり2010」に行ってきました。
「ごっつお」とは、方言で「御馳走(ごちそう)」という意味です。

今朝は、予報に反して昨夜からの降雪はゼロ。
冬のまつりは雪が降ってる方が雰囲気はあるのですが、降り過ぎるとこれまた大変ですね。

七尾市観光協会のHP
http://www.nanaoh.net/p154.html

























地元、民放MROラジオの有名アナウンサーも来ていました。





手打ちおろしそばとカキの天ぷらを頂きました。
そばは旨かったです。カキの天ぷらはホクホクしていました。
各500円





お腹が「もっと、食べたい」と言った?ので追加
カキ飯とカキフライ
各250円

食べすぎました^^;










石川二郎という歌手の歌を少し聞きました。
観衆は何か、いい雰囲気でした。
も、もちろん歌も。





能登島水族館からペンギンが応援に来ていました。





餅つき









さわやかな笑顔をありがとう。
のぼり旗も見えるように隅を引いてくださいました。
関連記事

2010.02.06     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   金沢城のライトアップ

昨夜は、「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」に行ってきました。
これは、季節ごとに、兼六園と金沢城内をライトアップするイベントです。
http://www.hot-ishikawa.jp/info-detail.php?no=190


まずは、金沢城のライトアップの様子です。





石川門
金沢城の裏門になります。
正門の河北門は今年4月24日に復元が完成する予定です。







































菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓(ひしやぐら・ごじっけんながや・はしづめもんつづきやぐら)
明治以降に建てられた木造城郭建築物としては、全国最大規模で平成13年7月に復元完成しました。
鉛瓦(なまりがわら)や海鼠塀(なまこべい)が外観の特徴です。













































足跡です・・・^^;






コンパクトカメラの限界を感じました。
ピントが合いません。


言い訳です(笑)
関連記事

2010.02.05     カテゴリ:  能登の風景 

   輪島市門前町の町並み

門前町は、総持寺祖院とそばの町です。
2010年1月24日に訪れました。


町には、かつて曹洞宗大本山總持寺が置かれていましたが、その寺が明治31年(1898年)に焼失し、13年後の明治44年(1911年)に神奈川県横浜市鶴見(「故石原裕次郎」の菩提寺でお墓のあるお寺)に移転しました。
その後、明治38年(1905年)に總持寺祖院として復興され、現在に至っています。






























中野酒造㈱
代表酒は「亀泉」




















屋根の残雪が綺麗でした。










總持寺祖院










昼は、そば禅という門前そばの食事処で「能登丼」を頂きました。
門前そばのツナギにも使われる能登の自然薯(ジネンジョ:山イモ)がたっぷり乗っかって旨かったです。
門前そばの右上のものは、自然薯羊かん。ようかんで食べます^^






いただきます。
関連記事

2010.02.03     カテゴリ:  能登の風景 

   穴水町比良の町並み

今回は、能登半島の中央に位置する穴水町の比良(びら)の町並みです。
2010年1月16日に訪ねました。






出発が遅くなり、穴水に着いた頃は、ちょうど昼時となり、
レストラン穴水とうりゅうで「能登丼」の「能登ガキ丼」を頂きました。
汁物にもカキが入っていました。これで千円。
プリプリのカキは旨かったです。





ボラ待ちやぐら

終日、魚の一種のボラ群を高台から見張り、網に入るのを待つといった原始的な漁法に使われた漁業の道具。
穴水町で、2か所見ることができます。































住吉川沿いの町並み。
欄干には、しっかりボラ待ちやぐらのモニュメント。
関連記事

2010.02.03     カテゴリ:  能登の風景 

   能登町鵜川の町並み

鵜川は宇出津と穴水の中間に位置する港町です。











高台から眺めた鵜川の町並みです。





鵜川漁港





山田川河口




















㈱鶴野酒造店





代表酒は「谷泉」
























菅原神社と久田船長碑




案内板

案内板によると、
久田船長は、鵜川生まれで青函連絡船の船長をしていましたが、ある日、ロシア貨物船と衝突。

久田船長は、乗客乗員を救命ボートに乗せ、自身はマストに体を縛り汽笛を鳴らし続けた方で、昭和初期の小学校の教科書にも掲載されたとあります。

立派な方なんですね。知りませんでした。今回は、すごく得した散策となりました。


久田船長の物語↓
お時間があれば一度お読みになってはいかがでしょうか。
http://noto-tourism.com/index.php?itemid=917







山田川沿いの町並み
関連記事

2010.02.01     カテゴリ:  能登の風景 

   能登町の内浦長尾の町並み

内浦長尾(うちうら なご)は、松波町の南側に位置する小さな地域です。
2010年1月17日に訪れました。







以前にも紹介しました白丸川河口の「白鳥」は、元気でした。





白丸長尾の小さな船着き場で見かけた風景です。









昔ながらの船小屋が今も利用され、小雪の降るなか郷愁を感じました。









関連記事

2010.02.01     カテゴリ:  能登の風景 

   能登町松波の町並み

松波は能登町の一番北の海岸沿いに位置し、珠洲市と隣接しています。






































松波酒造株式会社
代表酒「大江山(おおえやま)」
http://www.o-eyama.com/
http://www.notostyle.jp/index.php?id=390&listid=65















橋の左の建物の一階は船小屋になっていました。


































予想以上に古い町並みが残されていました。
関連記事


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング