全1ページ

2011.11.30     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   昼と夜

またまた兼六園ライトアップに行ってきましたが何度見ても感動します。

先週は、雨の合間ということでゆっくり散策出来ませんでしたが
今回は天候に恵まれ絶好のライトアップ日和となりました^^

昼といっても夕方4時
夜といっても6時ころです。

同じようなポイントからの画像を交互にアップしますね^^




栄螺山(さざえやま)からの雪吊り















同じ場所から縦にパシャ















霞ヶ池と内橋亭














撮影年月日:2011年11月26日午後



次回のライトアップは2月かな

2011年2月のライトアップ
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/18917877.html

2010年2月のライトアップ
http://blogs.yahoo.co.jp/jijijobe/12163248.html
関連記事
スポンサーサイト

2011.11.29     カテゴリ:  能登の風景 

   庭園からの眺望

前回の記事といっても画像の続きです^^

妙成寺の境内に県指定名勝の庭園があります。
ここからの五重塔の眺望は絶景です。





書院(重要文化財)
万治二年(1659)加賀藩第五代綱紀が建立したと伝えられる。







書院と黄葉







鬼面の瓦







黄葉とカメムシ^^







庭からの本堂と祖師堂の屋根







書院内部
読めません^^;







灯篭と黄葉






書院からの眺め







庭園からの五重塔の眺望は絶景です。




撮影年月日:2011年11月26日午前
関連記事

2011.11.28     カテゴリ:  能登の風景 

   妙成寺で紅葉狩り

土曜日、紅葉狩りに能登半島中程の羽咋市(はくいし)にある「妙成寺(みょうじょうじ)」(正式には金?山妙成寺)へ行ってきました。

このお寺は、加賀百万石大名の前田家とゆかりの深い由緒あるお寺です。

右下角クリックで画像が拡大します。




元和4年(1618)に建立された日本海側随一の大きさを誇る五重塔(重要文化財)
総高34.18m、露盤下まで27.27m、屋根は栩葺(とちぶき)







五重塔全景































渡り廊下(回廊)の屋根と紅葉







回廊より







祖師堂(重要文化財)








祖師堂(重要文化財)2








浄行堂








左:本堂(重要文化財)
右手前:鐘楼(重要文化財)
右奥:祖師堂(重要文化財)






以下の画像は容量制限で拡大しません。

いたる所に前田家の家紋がありお寺とのご縁を物語っています。



























本堂の香炉















二王門(重要文化財)の吽形の仁王像







阿形の仁王像







庫裡(重要文化財)の玄関より室内







真っ赤な紅葉







前田家の家紋「剣梅鉢」



撮影年月日:2011年11月26日午前






金?山妙成寺公式ホームページ
http://takidanimyouzyou.p1.bindsite.jp/index.html



次回記事は、同妙成寺内の庭園(県指定名勝)の画像をアップします。
関連記事

2011.11.27     カテゴリ:  能登の風景 

   白鳥に癒され

昨日は、能登半島の羽咋市(はくいし)にある加賀百万石大名の前田家とゆかりの深い「妙成寺」を散策。
帰り道で白鳥に癒され、夜は懲りずに兼六園ライトアップ。

一日カメラ持ってると疲れますね^^

今回は羽咋市邑知潟(おうちがた)の白鳥です。
ピンボケ失礼^^;

この羽咋市邑知潟には、毎年、白鳥やカモ、サギなどの他、猛禽類も多く飛来することで知られ、
10月中旬になると白鳥をはじめとする冬鳥が飛来し、3月下旬までが見ごろです。(羽咋市HPより)

コメント欄は閉じさせていただきます。




100mくらいの距離から







紅葉バックに優雅な飛行







車が近づき皆首をもたげ警戒







気持ち良さそうな羽ばたき







自由







羽ばたき







群れで飛行







クオォークオォーと声がして空を見上げたらV字飛行をして頭上通過






撮影年月日:2011年11月26日午後



関連記事

2011.11.21     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園ライトアップ

土曜日、つかの間の雨上がりに兼六園へ行ってきました。
目的は、ライトアップ。

ここ兼六園は四季ごとに園内をライトアップします。
秋は紅葉と雪吊りがメインです。

今週末もありますのでお近くの方はいかがでしょうか^^

(写真右下をクリックすると写真が大きくなります。)



[栄螺山](さざえやま)高さ9mから眺めた風景








上の位置からカメラを縦に撮影








霞ヶ池に写る雪吊り








霞ヶ池に浮かぶ内橋亭








霞ヶ池に浮かぶ[唐崎松](からさきまつ)の雪吊り








[唐崎松](からさきまつ)の雪吊りと紅葉に包まれた[徽軫灯籠](ことじとうろう)










雪吊りと[徽軫灯籠](ことじとうろう)







おまけ
金沢城公園の橋爪門続櫓







左から橋爪門続櫓と五十軒長屋そして右端は菱櫓





撮影年月日:2011年11月19日午後6時半~7時半


 
関連記事

2011.11.20     カテゴリ:  金沢の風景 

   博物館と紅葉

兼六園の周辺に石川県立歴史博物館という石川の古代から近代までの歴史と文化を紹介する博物館があります。

建物はかつて旧陸軍兵器庫や金沢美術工芸大学に使用されていた本多の森公園の赤煉瓦棟を復元再生したもので平成2年に重要文化財に指定されています。


以上、金沢市観光HPよりコピペ^^






アビーロード^^







赤レンガの歴史博物館前の歩道も赤レンガ@@







3棟あります。







赤黄緑と信号機のような^^







大きな生け花







元気な紫陽花







これからです







額縁風に







インフォメーションの屋根に佇む枯葉





撮影年月日:2011年11月12日午前
関連記事

2011.11.19     カテゴリ:  金沢の風景 

   赤レンガと紅葉

兼六園の周辺のレトロな建物「石川四高記念文化交流館」です。

「石川四高記念文化交流館」は、四高の歴史と伝統を伝える展示に加え、

旧四高の教室を多目的に利用できる「石川四高記念館」と

泉鏡花、徳田秋声、室生犀星等、石川県ゆかりの文学者の資料を展示する「石川近代文学館」によって構
成されています。

(四高は旧制第四高等学校の略称。旧制一高は東京、二高は仙台、三高は京都)




赤レンガと紅葉
あかあかですが^^







赤レンガと木陰







煙突がいいよね
クリスマスも近いし^^;






バス通りの歩道から







首が痛くなりました^^




撮影年月日:2011年11月12日午前8時ころ




「石川四高記念文化交流館」HP
http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/
関連記事

2011.11.13     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   秋深まる金沢城

昨日の画像です。
午前中は金沢城公園を散策

秋が深まってきましたね。



橋爪門続櫓(左の建物)

橋爪門続櫓は二ノ丸の正門である「橋爪一の門」を見下ろす位置にあり、
三の丸広場から「橋爪橋」を渡り、「橋爪一の門」を通って
二ノ丸へ向かう人々を監視するための重要な櫓で、「橋爪櫓」とも呼ばれていました。
続櫓の中央には、物資を2階へ荷揚げするための大きな吹抜けが造ってありました。
「橋爪門」も、石川門と同様、かつては枡形であった。



五十間長屋(櫓と櫓の間の建物)

菱櫓に続く「五十間長屋」は、一般的には「多聞櫓」と呼ばれるもので、武器や什器等の倉庫です。
2階へ上がると、太い松の梁等、木組をそのまま見ることができます。
ここにも2箇所の石落があります。
多聞櫓とは石垣や土塁の上に建てられる長屋造の櫓のこと。
その名前の由来は、永禄3年(1580)、大和国を平定した松永久秀が多聞山城を築いた事が始まりで、
その櫓の内に多聞天(四天王の1つで北の守神)を祀っていたことによると云われている。



菱櫓(右の建物)

菱櫓はその名の通り鈍角100度、鋭角80度の菱形の建物で、柱もすべて菱形です。
二ノ丸でもっとも高い建物で、大きな石落しや千鳥破風の華やかな外観は、
天守閣のない金沢城でシンボル的な建物でした。
木型に厚さ1.8mmの鉛を貼った鉛瓦や、平瓦を貼った目地を白塗漆喰で固めた海鼠壁も、
他の城ではあまり見られない、この建物の特徴です。







上の建物の反対側から^^







モミジと橋爪門続櫓







ムラサキシキブと菱櫓







ススキと菱櫓







サクラと橋爪門続櫓前の橋爪橋







お堀に浮かぶ枯葉と菱櫓







枯葉散る散策路と菱櫓







鶴丸倉庫

幕末の1848年に竣工した武具土蔵で、石川県・三十間長屋と同様に重要文化財に指定されています。
明治以降は、陸軍によって被服庫として使われていました。
長らく「鶴丸倉庫」と呼ばれてきましたが、実際に建築されているのは「東の丸付段」です。
石版を貼った外壁など、櫓や城門などとはデザインを変えています。
城郭内に残っている土蔵としては国内最大級の遺構で、総二階の延床面積約636m2(下屋除)です。






鶴丸倉庫2







鶴丸倉庫3







石垣と大木







三十間長屋

本丸附段にある2層2階の多聞櫓で、石川門と同様に重要文化財に指定されています。
安政5年(1858)の築で、現在の長さは26間半です。
南面は入母屋造りですが、北面は土台の石組よりも外壁がさがっており、切妻造りです。








河北門

河北門は、金沢城の大手から入り、河北坂を上がったところに位置する「三の丸の正面」であり、
金沢城の実質的な正門です。
「石川門(重要文化財)」と「橋爪門」と共に「金沢城三御門」と呼ばれていますが、
金沢城の建物の大半が焼失した宝暦の大火(1759年)の後、
三御門の中で最初に安永元年(1772)に再建された重要な門です。









石川門

兼六園から最初に目に入るのが石川門です。
重要文化財に指定されている現在の石川門は、天明8年(1788)に再建されました。
金沢城の搦手(裏口)門で、高麗門の一の門、櫓門の二の門、続櫓と
2層2階建ての石川櫓で構成された枡形門です。
ライトアップに浮かぶ姿も楽しめます。


撮影年月日:2011年11月12日午前


施設の説明文は金沢城公園HPよりコピペです^^
関連記事

2011.11.12     カテゴリ:  金沢の風景 

   街路樹の紅葉

週末、久しぶりに一日中青空が広がりました。

今日の朝は、金沢城公園とその周辺を散策、
午後は、金沢市内の街路樹の紅葉(黄葉)を散策しながら写真を撮って遊んでいました。

今回は、街路樹の紅葉の写真です。




金沢駅西口から金沢港に通じる通称50m道路の紅葉







上の写真の右に写るビルと紅葉の遠景







道路中央の欅並木
今年は、寒暖の差がなく今一






黄葉







金沢駅方向







けやき大通りとも言うのね^^







上の交差点から伸びる脇道の両側はユリノキの並木道






ユリノキ1







ユリノキ2







ユリノキ3







ユリノキ4







歩道の水たまりに写るユリノキ1







歩道の水たまりに写るユリノキ2







歩道の水たまりに写るユリノキ3







歩道の枯葉の吹きだまり







冬が近づいていますね。





撮影年月日:2011年11月12日午後
関連記事

2011.11.07     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園の散策路

前回の記事の続きです。

兼六園内には、犀川の上流、約11kmから辰巳用水を利用して引き込んだ自然水がゆったり流れています。
では園内の散策路などを交えながらの写真です。




園内で一番大きな霞ヶ池の水も犀川の自然水です。







落ち葉の一枚もあれば秋の雰囲気が出るのですが清掃後で残念^^







曲水の周りに咲く花々







[翠滝](みどりたき)
霞ヶ池から流れ出て、瓢池に注ぎ込む大滝。
高さ6.6m、幅1.6m。








[黄門橋](こうもんばし)に向かう散策路
まったく秋らしくありませんね^^;






名もなき滝
高さ1mもありません^^






曲水に写るカエデ







高さ50cmくらいのチビ滝^^;







散策路







[噴水](ふんすい)
この噴水は霞ヶ池を水源とし、池の水面との高低差による自然の水圧であがっています。
水の高さは約3.5mあり、霞ヶ池の水位の変化によって変わります。
藩政末期、金沢城内の二ノ丸に水を引くため試作されたものと伝えられています。
日本で最古の噴水であると言われています。



撮影年月日:2011年11月5日午前
関連記事

2011.11.06     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   雪吊り(ゆきつり)

朝から小雨が降る生憎の日曜日です。
昨日、天気予報が外れて午前中は曇り空でしたが兼六園を散策して来ました。




北陸の冬を代表する風物詩[唐崎松(からさきまつ)の雪吊り(ゆきつり)」
特別名勝「兼六園」では、雪害から樹木を守るため、毎年11月1日 から雪吊りを実施。






背景の山は卯辰山(うたつやま)
金沢城から見て東(卯辰の方角 )に位置することから名づけられた。
市民は向山(むかいやま)と親しく呼びます。
日本の歴史公園100選に選ばれています。
いつも写真を撮りにいく奥卯辰山健民公園はこの山の奥にあります。(字のまんま^^;)






冬支度







紅葉が始まっていますが
ここ最近寒暖の差がないので今年は期待できないかもしれません。







8時の開門になると賑わいます。
静かに鑑賞する時は早朝の無料開放が狙い目です^^;
金沢城公園・兼六園では、早朝無料開放を行っています。

早朝無料開園時間は
・3月1日~3月31日 5:00~
・4月1日~8月31日 4:00~
・9月1日~10月31日 5:00~
・11月1日~2月末日 6:00~








霞ヶ池に迫り出す内橋亭







休憩椅子がいつの間にか新調されていました。







背景は[時雨亭](しぐれてい)
このモミジは綺麗です。







清掃中の[夕顔亭](ゆうがおてい)








[徽軫灯籠](ことじとうろう)前の茶屋







霞ヶ池に写る雪吊り
風が無くても池の鯉のプカプカや水鳥でなかなか鏡のようにはなりません^^






マンリョウも少し色づきましたね。



 つづきは後日^^;


撮影年月日:2011年11月5日朝
関連記事


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ブラットジィと申します。
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング