全1ページ

2013.02.25     カテゴリ:  金沢の風景 

   河北潟でのんびり

いつもご覧頂きありがとうございます。

土日は雪が降ったり止んだりで風も強く寒い一日でした。
近場の河北潟でのんびりしていました。




300羽は居たと思います。









コハクチョウの行列









横断中
癒されます。









飛翔









飛翔









トンビ









メタセコイヤ並木道





撮影:2013年2月23日、24日


 
関連記事
スポンサーサイト

2013.02.18     カテゴリ:  能登の風景 

   千枚田あぜのきらめき

土曜日の増穂浦そして間垣の里のつづきで
輪島市白米の「千枚田あぜのきらめき」鑑賞です。



あぜのきらめきはLEDを20,461個使用したもので
太陽光発電LEDの最大ディスプレイというカテゴリーでギネス世界記録として認定されました。
HPより


認定にあたって数えたのでしょうね~。それも凄い!



海からの風がとても強く、写真は(いつも以上に^^)ブレブレです。




4時25分

天使のはしごといわれる光芒が降り注ぎました。

そして波の華も一度舞い上がりましたが油断してて撮れませんでした。











4時32分

その後、夕日を期待しましたがまったくだめでした。










トワイライトタイム
当日の日没時刻:5時34分

この写真は5時58分
パット点くのではなく、じわじわと点く感じです。



公式サイトより転記

あぜのきらめき点灯時間について

あぜのきらめきの点灯は、
太陽光パネルが発電できないほど暗くなると点灯する仕組みとなっていますので、
天候や日の入り時刻に大きく影響を受けます。
日が沈んでから約15分後ぐらいが点灯時刻の目安となります。
見ごろは日の入りから約30分後が目安です。











雲が綺麗だったので縦にして入れました。










棚田の水は凍っています@@

遠くに輪島市街地の灯り











海の際まで降りて見上げて撮りました。

物凄い風でたまに体が揺さぶられます。










































午後7時
実際は真っ暗なのですがシャッターを長く開いて撮りました。

撮影終了です。









風が強すぎます。

千枚田では期待の雪は降らず。
帰りは輪島市街地から金沢までずっと雪が降っていて
道路も真っ白となりました。

うまくいかないものですね。

撮影:2013年2月16日午後
関連記事

2013.02.17     カテゴリ:  能登の風景 

   間垣の里

つづきです。

増穂浦で貝殻と雪のコラボ写真を楽しんだ後
能登の風物詩「間垣」の里に寄り道です。




輪島市上大沢の間垣です。









輪島市HPより

冬季の日本海から吹きつける季節風はものすごく、
家屋を守るために大沢町や上大沢町では「間垣」を家の周囲にめぐらせます。

高さ約5mのニガ竹をびっしりと隙間なく並べて垣根を作ります。

冬は暖かく、夏涼しく、素朴な奥能登ならではの自然と共存した生活の知恵を感じることができます。
毎年11月上旬には間垣の修理が行われます。

日本海の小さな漁村と間垣は、撮影ポイントとしても良いのではないでしょうか。






































































ここは上大沢から少し輪島市街地よりの大沢です。
こちらも家々は間垣で守られています。










撮影:2013年2月16日午後


次は、千枚田のあぜのきらめきです。



 
関連記事

2013.02.17     カテゴリ:  能登の風景 

   増穂浦の貝殻を包む雪

今朝起きると、久しぶりに北陸らしく10cmほどの新雪が積もっていました。

兼六園に行こうかと思いましたが昨日の疲れから行けませんでした。

で、昨日は11月10日から今日2月17日まで能登半島輪島市で開催「輪島市の千枚田あぜのきらめき」を鑑賞してきました。

夕方5時半点灯なので、寄り道していました。

寄り道先は2箇所
旧富来町の増穂浦の砂浜の貝
もう一箇所は、能登の風物詩輪島市上大沢の「間垣」です。


3回に分けての写真アップです。

まずは、増穂浦の砂浜の貝殻



突然、なんじゃこりゃ~って写真ですね。
予報通り雪が降ったり止んだりのお天気。

写真は波打ち際の貝殻と雪です。











で、アップしたらこんな感じ。
砂浜に砂糖パウダー
綺麗でしたよ~~~
でも、寒かった~~











たまに陽も射してくれます。










固まって打ち上げられます。










細かく砕かれた貝殻でびっしりです。









増穂浦リゾートHPより。

古来、増穂浦は日本小貝三名所の一つに数えられ、
十一月から三月にかけて貝寄せの風が吹く頃、
波打ち際には色とりどりの可愛らしい貝の小道が続きます。

朝早く浜辺にうちあげられたこれらの小貝の中からよりすぐりの形、
色合いのものは一枚ずつ丁寧に張り合わされ、
花や鳥などの貝細工となります。

当地ではこの貝細工の額や柱掛けがとても珍重され、
お祝い事の記念品としても喜ばれています。
また、打ち上げられる貝の種類は四百種とも六百種ともいわれますが、
中でも新古今和歌集などに詠まれた三十六歌仙貝を集めることは誉れとなっていました。
その中でもさくら貝は、幸せを呼ぶ貝といわれ、とても親しまれています。
皆様も増穂浦で貝拾いをしてみませんか。



日本小貝三大名所
石川県増穂浦(ますほがうら)
神奈川県鎌倉の由比ヶ浜(ゆいがはま)
紀伊和歌山の和歌浦(わかのうら)
だそうですよ。











増穂浦リゾート前より










砂浜に雪の花が咲きましたよ。









能登はやさしや土までも
と語られますが

能登はやさしや波の泡までも・・・字あまり










地元の方では、先日さくら貝がたくさん打ち上がったけど
昨日の波で持って行かれた・・・とのことでした。








狙い通り雪と貝殻は写真に撮れましたが
今度は雪の掛かる「さくら貝」を撮りたいものです。



撮影:2013年2月16日午前


 
つづく

次は間垣のある風景です。


 
関連記事

2013.02.14     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園のライトアップ鑑賞つづき

つづきです。




淡いピンクの花が咲いたような樹木









































左上がさざえ山で、ライトアップ人気ポイント












[雁行橋](がんこうばし)(かりがねばし)

11枚の赤戸室石を使用し、雁が夕空に列をなして飛んでいく様をかたどった「雁行橋」。
石の一枚一枚が亀の甲の形をしていることから「亀甲橋」とも言われ、
この橋を渡ると長生きするとされてきましたが、
現在は石の磨耗が著しいため、通行できなくなっています。(兼六園HPより転記)












[海石塔](かいせきとう)

瓢池の中島に建つ、高さ4.1mの塔。
虫が喰ったように穴の空いた淡茶色の笠石が、六重に重ねられています。
3代藩主・利常(としつね)がつくらせ、
金沢城の庭園にあった13層の石塔の一部を移したという説と、
朝鮮出兵の際、加藤清正(かとうきよまさ)が持ち帰ったものを、
のちに豊臣秀吉(とよとみひでよし)が、
前田利家(まえだとしいえ)に贈ったという説があります。(兼六園HPより転記)


見ていると、池の底に吸い込まれそうな感覚になります。










霞が池の杭に積る雪

古い風流な杭が新しくなるようです。




















霞ヶ池に浮かぶ蓬莱島と雪吊り
そして前田家の家紋(^O^)










またまた沢山の写真をご覧いただきありがとうございます。




撮影:2013年2月11日午後





今冬の金沢城公園・兼六園ライトアップ

日 時:2013年2月1日(金)~3日(日)
         2月8日(金)~17日(日)

         17:30~21:00


場 所:金沢城公園、兼六園(金沢市)
関連記事

2013.02.14     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園のライトアップ鑑賞

先日11日土曜日の金沢城公園・兼六園のライトアップ鑑賞のつづきです。

金沢城公園を一旦後にして5時半開始の兼六園ライトアップ鑑賞です。

2回に分けてアップいたします。




定番、さざえ山からの景色。
背景の卯辰山の木々にも雪が積もっています。
風が弱く霞ヶ池に雪吊りがクッキリ写り込みます。

園内一の枝ぶりを誇る唐崎松の雪吊り












霞ヶ池に写り込む雪吊り
トワイライトタイム










縦にしてパシャリ














































































撮影:2013年2月11日午後

 
つづきます。
関連記事

2013.02.12     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   金沢城公園のライトアップ

やぁ~、ほんと白川郷の夜景はメルヘンの世界でしたね~・・・
と、まだ余韻に浸っています^^;



さて、昨日は予報では夕方に弱い雪が降るとのこと。
ということで、懲りずに金沢城公園・兼六園のライトアップ鑑賞です。




辰巳櫓跡の石垣











百間堀跡











短冊石垣











垣根^^;











石川門続き櫓











松に積る雪











五十間長屋











橋爪門続き櫓










石川門
5時半開園の兼六園ライトアップを鑑賞し金沢城公園に戻ってきました。











橋爪門続き櫓と五十間長屋











菱櫓と五十間長屋
ちらっと雪が降りました。
屋根の青に影響されるのか雪も青く写りました^^











橋爪門続き櫓と五十間長屋











橋爪門続き櫓と五十間長屋











そして待ちに待った淡雪がちらほらと
背景はマイブームポイント
左から河北門、橋爪門続き櫓、五十間長屋、菱櫓














撮影:2013年2月11日午後


 

次は兼六園のライトアップです。
今から写真整理なので明日以降になります。

また、ご覧いただければ嬉しいです。

 
 
関連記事

2013.02.10     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   白川郷ライトアップの余韻

白川郷の最終記事です。





集落ではどこからともなく香ばしい香りが漂います。






















ラブ

これを見た二人は結ばれる!!!・・・と思いました(*´∀`*)











和田家

時計をみたら午後7時すぎ
また忘れ物をしそうなので展望台へ。本日2往復^^;
ライトアップ終了は午後7時30分

20分かけて急いで坂道を登ります。










坂の途中から何枚か撮影し
この時点で午後7時半。

低い位置の方が合掌造りが密集して見えて素晴らしかったです。

中央下の和田家はまだライトアップされています。









展望台に着きました。

ライトアップは終了しましたが
家々や道路沿いは柔らかな灯りが灯っています。
スポットライトは消えましたが、代わりなのでしょうか白川郷全体が照らされました。

これはこれで見事なもので余韻に浸りました。
因みに9時ころには集落を照らしたライトも消えて静けさを取り戻したようでした。











白川郷全景です。
右の高台は寺尾臨時駐車場
一日利用しても500円
シャトルバス往復無料











頭上には星が瞬き始めました。
白川郷の星空ということで
無理やり和田家を入れました。











この写真は
前回1月19日の白川郷のトワイライトシーン















今冬の白川郷ライトアップは7回開催され、次回2月16日土曜日で終了です。

今冬はじめて出かけ、あまりの美しさにふただび訪れました。
冬ということで路面状態は危険ですが、あの幻想的な風景をみたら虜になりますよ。
お天気によりますが、お近くの方はお出かけされたらいかがでしょう。









撮影2013年2月9日午後








関連記事

2013.02.10     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   冬の白川郷の忘れ物

つづきです。


今回の目的は忘れ物を撮りにです。
ネットで沢山掲載されているスポットです。

前回は時間がなく寄れなかったスポット。
村の一番外れになります。





忘れ物!

それがこの3連の合掌造りの写真です。午後4時12分

まったり清々しい空気を吸って
刻々と変わる風景や空と雲を眺めながら1時間半ほど待ちます。
日没時刻は午後5時32分


この時点で写真撮影者は20人ほど@@









5:51
トワイライトシーン









5:53

この時点で写真撮影者は50人ほど@@
贅沢言えば淡雪が降って欲しかった^^;










合掌集落に戻って散策です。































































風も弱く楽しく写真撮っていました。









撮影2013年2月9日午後



つづく
関連記事

2013.02.10     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   冬の白川郷を散策する

つづきです。




青空も広がり風も弱く散策日よりです。
前回は小雪でした。










どっしり重厚かつ歴史を感じます。



























水田に静かに写り込んでいました。










左の建物は上の写真の建物。
ズラリと写真ファン











































道を埋め尽くす団体客











人が多いと揺れるであい橋
この時点で臨時駐車へ向かう車で大渋滞
午後4時










撮影2013年2月9日午後



つづく
関連記事

2013.02.10     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   冬の白川郷を展望台から

昨日、ふたたび岐阜県白川郷合掌造りに行ってきました。

前回1月19日は、展望台から薄明時の合掌造りの撮影に時間を集中したので、
今回は、町中での薄明時の合掌造りの撮影に時間を集中しました。

思わず撮りたくなる風景が続き、またまた懲りずに沢山の写真を撮りました。
4回の記事に分割アップです。





徒歩20分ほどの展望台より
陽が射して屋根に積もった雪が綺麗です。










氷点下なので山の木々も雪を飾ったままです。




















お土産屋さんなどが並ぶ道はまだ人影は疎らです。



















この橋は吊り橋のであい橋ではありません。
勘違いして、しばらく人が渡ってくるのを待ちましたが人っ子一人来ません。











雪の積もった棚田のあぜが輝いていました。









撮影2013年2月9日お昼



つづく
関連記事

2013.02.05     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園ライトアップ

今年も「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」が開催されました。

のつづき。

午後5時半オープンです。





霞が池に写り込む唐崎の松の雪吊り
雪はありませんが風が収まってくれました。









曲水もゴールド






























左下に少し雪が残っていました。

















































































週末は少し雪が降る予報です。
雪の兼六園を撮りたいな。


撮影:2013年2月3日午後





HP転記


「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」の開催について


金沢城・兼六園を舞台に四季折々の多彩なイベントを繰り広げる「金沢城・兼六園四季物語」。
今回は、「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」を下記の日程で開催します。


1 開催日時
    平成25年2月1日(金)~3日(日)、
            8日(金)~17日(日) 13日間

     各日17時30分~21時00分

2 場  所
    金沢城公園(出入口:石川門、大手門、黒門、いもり坂)
    兼 六 園(出入口:蓮池門、真弓坂、小立野)

3 入園料
    無料

4 演出内容
   (1)金沢城公園
        河北門、菱櫓、五十間長屋、鯉喉櫓台等を常設の照明でライトアップ
   (2)兼六園
        徽軫灯籠、内橋亭、噴水等を約270基の仮設照明でライトアップ
   (3)兼六園ライトアップミニコンサート(観覧無料)
      しいのき迎賓館及び兼六園の内橋亭でミニコンサートを実施します。
       時間・場所:16時30分~ 石川県政記念しいのき迎賓館
       時間・場所:18時30分~ 兼六園 内橋亭
       時間・場所:19時30分~ 兼六園 内橋亭
       出 演 者:2日(土)・3日(日)赤尾 明紀(フルート)、松永 彩子(クラリネット)
             9日(土)~11日(月・祝)立見 一(ギター)
            16日(土)・17日(日)東海 煌山(尺八)、安養 美香(フルート)
       ※土・日・祝日のみ開催となります。
       ※各日3回実施、各約15分程度の演奏を予定
関連記事

2013.02.04     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園の花

今年も「金沢城・兼六園ライトアップ~冬の段~」が開催されました。


ここ数日、日中は10℃を超える春の陽気で
町中の雪はすっかり消えてしまいました。

が、家で悶々してるのも健康に良くないので
日曜日に青空も覗く中、写真撮っていました。

ライトアップは午後5時半からですが
午後から園内をカメラ持ってぶらぶら散策です。



まず、定番スポットの霞が池に写り込む雪吊り

雪がないのでさみしいです。
まるで雪のないスキー場(^O^)









梅のつぼみも少し膨らんでいます。










遠目で黄色い花が満開状態










近づいて撮りました。
満作((万作)まんさく)









四手辛夷(しでこぶし)









近づくと梅の香りが漂っています。
素心蝋梅(そしんろうばい)

左上には、てるてる坊主(^O^)








梅林の散策路
何かの草が雪で痛まないよう括ってあります。










こちらの草も括ってあります。
草餅みたいですね(^O^)









赤い満作でしょうか?










最後に縦にして雪吊りをパシャ。








少しですが花も咲いて春が近づいています。




次は、同じ日のライトアップの写真です。



撮影:2013年2月3日午後

 
関連記事


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング