全1ページ
このページのリスト
2017.02.28  
  青空に映える真っ白な穂高 上高地
2017.02.27  
  白いキャンパスに描かれた紋様 上高地
2017.02.26  
  美しき雪の上高地
2017.02.25  
  河津桜咲くも風は冷たい
2017.02.24  
  近づく春の足音 河津桜咲く
2017.02.23  
  白山の展望を楽しむ 西山の続き
2017.02.22  
  白山の展望を楽しむ 西山
2017.02.20  
  雪原の美ヶ原高原を散策 王ケ鼻
2017.02.19  
  雪原の美ヶ原高原を散策 王ケ頭
2017.02.18  
  美ヶ原高原の朝景
2017.02.17  
  美ヶ原高原の星景
2017.02.16  
  美ヶ原高原の夕暮れ
2017.02.15  
  白川郷の満月の夜
2017.02.14  
  雪の白川郷はメルヘンチック
2017.02.12  
  雪の白川郷を散策
2017.02.10  
  360度の超絶景 荒島岳
2017.02.09  
  荒島岳ピークまでは天国へと続く道
2017.02.08  
  樹氷が美しすぎる荒島岳への道
2017.02.07  
  物語は始まった ひがし茶屋街
2017.02.06  
  艶やかな芸妓(げいこ)衆による奉納舞いと豆まき
2017.02.05  
  兼六園の雪景色
2017.02.03  
  賑わう鞍掛山
2017.02.01  
  星空と白山の日の出

2017.02.28     カテゴリ:  山歩きの風景 

   青空に映える真っ白な穂高 上高地

平湯から朝一番、といっても8時50分発のバスに乗車すると、車窓から青空と真っ白な山脈が見えたので急いで大正池に向かいました。
9時に釜トンネルを出発し2kmのトンネル部分を25分で通過!
そして大正池には10時前に到着です。
山の天気は変わりやすいと、ひとりモクモクと歩きました。

2017.02.24上高地_大正池1
青空に映える真っ白な穂高が待っていてくれました。
この写真は、大正池ホテル手前の道路から撮ったものです。
池はざわめいていますが、道路は高い位置にあるので白い穂高が池に写り込んでくれて感動です。






2017.02.24上高地_大正池2
少し時間を戻してトンネルを出てすぐのところから。







2017.02.24上高地_大正池3
左手には山影から焼岳もくっきりと姿を現せています。







2017.02.24上高地_大正池4
ミニ表層なだれ
長靴の足跡が戻っています。







2017.02.24上高地_大正池5
10時前、大正池ホテルが近づいてきました。
長靴の人は戻ったようでこの先は私が先頭です\(^o^)/







2017.02.24上高地_大正池6
穂高の山頂は風が強そうで雲が沸き上がり足早に流れます。







2017.02.24上高地_大正池7
焼岳も素晴らしい姿を魅せてくれます。






大正池にはこの日一番のりで雪原には踏み後がなく、樹木の影を撮り入れることが出来ました。

次は、田代池の風景になります。


撮影:2017年2月24日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2017.02.27     カテゴリ:  山歩きの風景 

   白いキャンパスに描かれた紋様 上高地

今回の上高地では感動した風景が広がっていました。

住人の動物ですら踏み込んでいないまっさらな雪のキャンパス
そこに冬の太陽が樹木などで影の紋様を描いていたのです。


2017.02.24上高地_樹木の影1








2017.02.24上高地_樹木の影2








2017.02.24上高地_樹木の影3








2017.02.24上高地_樹木の影4








2017.02.24上高地_樹木の影5








2017.02.24上高地_樹木の影6








2017.02.24上高地_樹木の影7








2017.02.24上高地_樹木の影8








2017.02.24上高地_樹木の影9








2017.02.24上高地_樹木の影10








2017.02.24上高地_樹木の影11








2017.02.24上高地_樹木の影12








2017.02.24上高地_樹木の影13








2017.02.24上高地_樹木の影14








次は大正池の朝の風景をアップいたします



撮影:2017年2月24日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.26     カテゴリ:  山歩きの風景 

   美しき雪の上高地

2月24日、今年2回目の上高地
前回は、新雪の深さと寒さに河童橋まで辿り着けませんでしたが、今回は快晴のもと新雪も10cmくらいと美しき上高地に大満足の一日となりました。

これから数回に分けて写真をアップしますので飽きずにご覧いただければ嬉しいです^^

2017.02.24上高地_穂高連峰1
雲が躍る穂高連峰







2017.02.24上高地_穂高連峰2
穂高連峰と梓川







2017.02.24上高地_穂高連峰3








2017.02.24上高地_穂高連峰4








2017.02.24上高地_穂高連峰5








2017.02.24上高地_穂高連峰6









2017.02.24上高地_穂高連峰7
河童橋より







2017.02.24上高地_穂高連峰8








2017.02.24上高地_穂高連峰9








2017.02.24上高地_穂高連峰10








2017.02.24上高地_穂高連峰11







2017.02.24上高地_穂高連峰12








2017.02.24上高地_穂高連峰13
焼岳とカメラマンの足跡








2017.02.24上高地_穂高連峰14








2017.02.24上高地_穂高連峰15








2017.02.24上高地_穂高連峰16
清き梓川







シーズン中、橋が揺れるくらいに賑わう河童橋もこの日は数人が行き交うのみ。

つづきます


撮影:2017年2月24日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.25     カテゴリ:  金沢の風景 

   河津桜咲くも風は冷たい

前日に引き続き、河津桜です^^


2017.02.22犀川の河津桜2
霧が掛かったように柔らかく写るフィルターを付けています。







2017.02.22犀川の河津桜3
ありゃ~、興ざめかも(笑)
犀川縁の散歩道に1本だけ河津桜の木があるんです^^







2017.02.22犀川の河津桜4
犀川に架る近くの橋の上から上流方向
山にはまだ雪が積もっています




河津桜が咲いても頬にあたる風はまだまだ冬です。


撮影:2017年2月22日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.24     カテゴリ:  金沢の風景 

   近づく春の足音 河津桜咲く

2月22日、地元新聞に河津桜が咲いたと掲載された犀川の散歩道に行ってきました。
新聞によれば例年より2週間ほど早く19日頃に開花したそうです。


2017.02.22犀川の河津桜1
冬の青空が広がるなか、暖かなピンク色の可憐な桜が30輪ほど風に揺れていました。
北陸らしい雪が積もらないまま春の足音が聞こえてきます。






撮影:2017年2月22日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.23     カテゴリ:  山歩きの風景 

   白山の展望を楽しむ 西山の続き

西山からの白山大展望の続きです。

今回は、白山の右手、石川県と福井県との県境付近の峰々をネット地図で調べて山座同定を試みます。

2017.02.16西山13
赤枠の核心部分4か所です。







2017.02.16西山14
拡大9







2017.02.16西山15
拡大10







2017.02.16西山16
拡大11







2017.02.16西山17
拡大12







2017.02.16西山18
拡大12の右隣です^^;







2017.02.16西山19
で、締めはこれ^^
今回は辛い担担麺とコンビニおにぎりセットをお行儀よくテーブルクロスに乗っけてパチリ(笑)
ごちそうさまでした~^^






西山は、金沢駅から60km、車で1時間半、緩い登り1時間ととっても気軽に白山の大展望が楽しめます。
この時期、長靴だけでは無理かと思います^^


山頂でお会いした方7人
下りは雪が腐る直前でスノーシューでも結構雪に沈みました。


撮影:2017年2月16日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.22     カテゴリ:  山歩きの風景 

   白山の展望を楽しむ 西山

2月16日、晴天の予報に美ヶ原高原の写真整理を中断し、石川県側から白山を気軽に展望を楽しめる西山へ急きょ行ってきました。
写真の手持ちも少ないので2回に分けて記事アップします^^

広く言えば石川県と福井県の県境近くにある西山(にしやま標高857m)
西山には望岳苑という展望と料理で有名な施設がありますがこの時期休業中で、道路の広いところに5~6台駐車スペースがあり、そこから3mくらいの雪山を乗り越えると白峰クロスカントリー競技場のコースがありコースを踏まないように端っこを100mほど進んだ林のなかを歩きます。




2017.02.16西山1
当日は、スノーシューを履いて歩きました
写真は、駐車場から30分ほど歩いた標高830m付近です。
白山の峰々がどど~~~んと横たわっています。







2017.02.16西山2
駐車場からのんびり歩いて小1時間で西山山頂です。
手前に遮る山や枝葉がありません。
白山大パノラマで凄いです。たった1時間でこの大展望が凄い!







2017.02.16西山3
さらに横2枚をつなぎ合わせてのパノラマです







2017.02.16西山4
そして核心部分を拡大しネット地図で山座同定を試みます。







2017.02.16西山5
拡大1







2017.02.16西山6
拡大2







2017.02.16西山7
拡大3
ここまったく自信がないです^^







2017.02.16西山8
拡大4







2017.02.16西山9
拡大5







2017.02.16西山10
拡大6







2017.02.16西山11
拡大7







2017.02.16西山12
拡大8






白山に興味のある方には少しは参考になるかもですが、山に興味の無い方にはほんとごめんなさいの記事です^^
今日は、ここまでで明日は福井県の峰々をアップで^^
続くんかい・・って言わんといてね(汗;


撮影:2017年2月16日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.20     カテゴリ:  山歩きの風景 

   雪原の美ヶ原高原を散策 王ケ鼻

美ヶ原高原の最終記事です。

電波塔群や王ケ頭ホテルを後に無雪期で徒歩20分の王ケ鼻とそこに向かうまでの写真です。

2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻1
青空に延びる雪をまとった王ケ頭電波塔群が美しいです。







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻2
北アルプスや松本市街地を眺めながら団体ツアーの皆さんも王ケ鼻を目指します。
横に踏み固められ歩きやすい管理用道路がありますが、皆さんスノーシューを履いて雪原を歩きます^^







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻3
真っ青な空に真っ白な霧氷には心癒されます








2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻4
王ケ鼻の一部だと思いますが今にも大きな岩が崩れ落ちそう







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻5
影を踏まないように迂回する小動物の足あと^^







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻6
王ケ鼻です。
松本市街地から見ると王様の鼻に見えることから王ケ鼻なのだそうです。
標高は2008mあり美ヶ原高原の松本市側の最先端になります。
複数の石像が立っています







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻7
富士山は雲に覆われました。







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻8
松本市街地を俯瞰
国宝松本城が確認できます。
小さいので下にアップ







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻9
上の写真を大きくトリミング
飛行機から松本城を眺めてるようで得した気分に^^







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻10
緩やかな雪原は武石峰(標高1973m)で、左に少し白くなっているところが「思い出の丘(標高1935m)」というレンゲツツジが咲き乱れることで有名だそうです。







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻11
王ケ鼻から北アルプスと松本市街地のパノラマ
北アルプスに雲が掛かっていなければ涙が出そうな風景^^







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻12
王ケ鼻の石像と電波塔群
新旧混在







2017.02.14美ヶ原高原_王ケ頭~王ケ鼻13
王ケ鼻直下の岩群と電波塔群






長々とアップしました美ヶ原高原の夕景、星景、朝景、昼景?の写真記事は終了です。

高原へは下調べせずに行きましたが、帰ってブログ記事アップするためにネットで色々調べるうちに、展望や花の素晴らしいことが分かり、何度でも訪れたいと思いました。まっいつもの自分の行動パターンです^^

最後に一言、やっぱ雪が積もってる時がいい(笑)


撮影:2017年2月14日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.19     カテゴリ:  山歩きの風景 

   雪原の美ヶ原高原を散策 王ケ頭

14日、朝の美ヶ原高原の風景を堪能し、牛伏山から王ケ頭までワカンを履いて360度のパノラマ風景を楽しみます。


2017.02.13美ヶ原の夕景5
この写真は、既アップ済みですが牛伏山から王ケ頭までの距離感が分かっていただけるかなと再度アップです。
夕陽の右に複数の電波塔群が建っているところの奥が王ケ頭という美ヶ原高原の最高点になり、直線距離でおよそ2.5kmです。








2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭1
薄いガスがかかるなか、朝焼け色がほんのり冠雪の山を照らし浮かびあがらせていました。
山の名前は分かりません^^;







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭2
真っ白な北アルプスの峰々







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭3
電波塔群とお月さん







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭4
シュカブラのキラキラ造形美と八ヶ岳







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭5
これもシュカブラのキラキラ造形美







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭6
電波塔群と北アルプス







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭7
緩やかな雪原とスノーシューのトレース
雲が丘に影を作ってくれます。







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭8
美しの塔
星景を撮っていたところ^^







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭9
こんな傾斜を歩きます。
樹氷と北アルプス







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭10
樹氷と北アルプス







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭11
王ケ頭ホテル手前から
切り落ちた丘と左は八ヶ岳、中央左に富士山、右は中央アルプス







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭12
フルサイズ一眼レフカメラ、焦点距離200mmで富士山







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭13
上の写真を大きくトリミング
雪を巻き上げる富士山かっこいい!







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭14
中央アルプス







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭15
噴煙を上げる浅間山
大きくトリミング







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭16
樹氷とテレビアンテナ







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭17
電波塔反射板の雪模様が美しい
何か不都合が生じたら上がるんでしょうね。
命がけの大変な作業、ご苦労様です。







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭18
電波塔群の横が王ケ頭2,034m、美ヶ原頂上。
北アルプスの頂上は雲で覆われていて残念でしたが松本市街地の展望も素晴らしいです。







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭19
静岡県からの団体ツアーの皆さん、記念撮影です。







2017.02.14美ヶ原高原_牛伏山~王ケ頭20
松本市街地を俯瞰






次は、王ケ頭から王ケ鼻までの散策写真で、今回の美ヶ原高原の最終記事になります。


(昨日のこと)
FC2で足跡の残るブログはほとんど訪問し、お礼と応援の意味から拍手とほとんどのランキングバナーを押しているのですが、FC2の故障なのか半数のブログは拍手バナーが反映されなく何だかとても疲れました。
こんなことは初めてじゃないかな、もう直っているのかな・・



撮影:2017年2月14日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.18     カテゴリ:  山歩きの風景 

   美ヶ原高原の朝景

美ヶ原高原の星景はしょぼんでしたが、気を取り直して朝の風景を撮ります^^




2017.02.14美ヶ原高原の朝景1
牛伏山からです。
青い空に少し雲が漂っていますが樹林越しに真っ赤なラインを見ることができました。
撮影時刻5時44分(日の出時刻6時29分)







2017.02.14美ヶ原高原の朝景2
近年まれにみる真っ赤な朝焼けに感動です。
上の写真右のロープウェイ終点の建物をカット







2017.02.14美ヶ原高原の朝景3
牛伏山ケルンとレッドライン
左に噴煙をなびかす浅間山







2017.02.14美ヶ原高原の朝景4
八ヶ岳方向で右端に富士山^^
白いラインは、ヘッドライトを点けて登ってきた3人さん
たぶんこうなるだろうと16秒露出^^







2017.02.14美ヶ原高原の朝景5
うわぁ~~~~
オレンジ色に浮かぶ富士山シルエット
山頂は風が強そうですね







2017.02.14美ヶ原高原の朝景6
美ヶ原高原の山本小屋にピンポイントで陽が射しました。
まるで美瑛の赤い屋根の家のよう(笑)







2017.02.14美ヶ原高原の朝景7
丸い月とともに王ケ頭ホテルにも陽が当たります。
まるでアラジンの童話の世界^^







2017.02.14美ヶ原高原の朝景8
中央アルプス方面です







2017.02.14美ヶ原高原の朝景9
そして日の出です。
山からなのでご来光ですね。
予想通り手前の雪原に陽が当たった瞬間にパチリ
撮影時刻6時32分







2017.02.14美ヶ原高原の朝景10
北アルプス方面と冠雪の丸い山は焼山1907m







2017.02.14美ヶ原高原の朝景11
北アルプスと大町







2017.02.14美ヶ原高原の朝景12
最後に朝焼けの雲海に浮かぶ浅間山
ちょっとガスが漂ってるみたいで眠い写真に^^
あっ眠いのは自分か(笑)






と、美ヶ原高原で360度の朝景色を堪能し、王ケ頭、王ケ鼻方面に向かって朝の運動です^^
その時の写真は次回になります。


撮影:2017年2月14日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.17     カテゴリ:  山歩きの風景 

   美ヶ原高原の星景

美ヶ原高原星景です。
夕方、空を覆っていた雲も消えて満天の星空が広がりました^^


2017.02.13美ヶ原の星景1
美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」を配して星景です。
この塔は6mあり、美ヶ原は濃霧になることが多いことから遭難が多発、そこで鐘を付けた避難塔が「美しの塔」です。
翌日の日中に鐘を鳴らしましたが紐を横に振っても鳴りません・・・上下運動させたらいい音がしましたよ^^
こんな静かな時間に鐘を鳴らしたら怒られそう(笑)







2017.02.13美ヶ原の星景2
そしてお決まりの星ぐるぐる・・・失敗
画像の確認に時間がかかり、10分を2枚で終了です。星軌跡も途切れて失敗もいいとこです。
なぜ2枚かは下の写真です^^;







2017.02.13美ヶ原の星景3
東の空から満月に近い月が昇ってきたのでした~~~(笑)
撮ろうと思えば月を背中にすれば撮れるのですがね^^






2017.02.13美ヶ原の星景4
寒さで思考能力が相当低下していたようです^^
写真は、王ケ頭電波塔群と金星です・・・とほほ






ホテルでは、お酒に美味しい豪華料理やお風呂に入ってる時間でしょうが、氷点下12度のこの広い大雪原で一人ぽつんと星景を撮影できたこと自体は今後の撮影に役に立ちそうです^^

次は、翌日の朝景の写真です。



撮影:2017年2月13日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.16     カテゴリ:  山歩きの風景 

   美ヶ原高原の夕暮れ

2月13日、14日と長野県は美ヶ原高原へ行ってきました
何回かに分けて写真をアップしますのでご覧いただければ嬉しいです^^

先ずは、牛伏山(うしふせやま標高1,990m)展望台からの夕景を楽しみました。
ここは、2015年11月6日にも夕景を楽しんだ思い出の場所です^^


2017.02.13美ヶ原の夕景1
右は、激しく噴煙をあげる日本百名山の浅間山(あさまやま)
左は、冠雪している日本百名山の四阿山(あずまやさん)と花の百名山の根子岳(ねこだけ)
麓の市街地は、右から小諸市、東御市、上田市







2017.02.13美ヶ原の夕景2
樹氷が真っ白でとても美しかったです
浅間山と。







2017.02.13美ヶ原の夕景3
鉄塔群の建っているところが、王ケ頭(おうがとう)という美ヶ原の最高点(標高2,034m)で年中ホテルも営業しています。







2017.02.13美ヶ原の夕景4
牛伏山ケルンと八ヶ岳連峰北端の蓼科山(たてしなやま標高2,531m)







2017.02.13美ヶ原の夕景5
雪原を照らす夕陽







2017.02.13美ヶ原の夕景6
ほんのり夕陽に染まるシュカブラの造形美







2017.02.13美ヶ原の夕景7
噴煙もほんのり染まりました。







2017.02.13美ヶ原の夕景8
北アルプスの山頂は雲で覆われています。







2017.02.13美ヶ原の夕景9
大きな雲がダイナミックに焼けます







2017.02.13美ヶ原の夕景10
ロケットの発射台を思わせる不思議な光景、王ケ頭電波塔群
電波塔や高圧電線などの人口物は風景写真では外したくなりますが、この電波塔は入れたくなります^^





次の記事は、美ヶ原高原の星景ですが、失敗模様^^




2015年11月6日の写真記事  ←クリック 富士山や北アルプスなどがとてもきれいな夕暮れでした。

撮影:2017年2月13日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.15     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   白川郷の満月の夜

白川郷の最終記事になります。

白川郷の中心地から10分ほど歩くと「かん町」という静かな風景に出会えます。



2017.02.10白川郷1
少し青空も広がった雪原に佇む合掌造りです。
雪原と言っても雪が解けたら田んぼです^^







2017.02.10白川郷2
定番構図です^^
手前の雪原は踏み後でいっぱい(笑)







2017.02.10白川郷3
展望台から移動して、夜の定番構図です^^
久しぶりに3棟とも明かりが灯っていました。
ど真ん中に三脚セット・・・だって、誰もいないのです^^







2017.02.10白川郷4
厚い雲から満月が薄っすらと輝きます。
この雰囲気では、煌々とした満月よりいいかなと一人ご満悦(笑)







2017.02.10白川郷5
満月はずっと見えるわけではなく、たまに雲からでます。
そのタイミングで長秒露光。
右横は車道なので、車が来ないことを願いつつ撮影しました。






やっぱ雪の白川郷いいな
金沢から80kmと近いのがいい^^


撮影:2017年2月10日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.14     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   雪の白川郷はメルヘンチック

つづきです

雪の積もった白川郷を展望台から眺めた日中と夕方の写真5枚です。


2017.02.10白川郷を俯瞰1
茅葺き合掌造りの屋根には雪が積もって童話に出てきそうな雰囲気です。
三角屋根が北欧の山小屋のように見えたりしますし、小人が沢山歩いています^^
中央に光が差し込んだ瞬間です。








2017.02.10白川郷を俯瞰2
お土産屋さんやお食事処が並ぶメインストリートです
ざっと感覚で9割は東南アジアの大陸の方です。







2017.02.10白川郷を俯瞰3
和田家







2017.02.10白川郷を俯瞰4
日中、町なかを散策した後、夕方再び展望台にやって来ました。
ライトアップはとても幻想的なのですが、屋根が照らされます。
この日のようにライトアップされない夕方は、合掌造りの部屋の淡いオレンジの灯りが白い障子からもれてタイムスリップしたようなメルヘンチックな世界を演出します。
私は、この風景が好きです。








2017.02.10白川郷を俯瞰5
この日は三脚が10台並びました。






和田家の写真が日中と夕方で角度が変化していますが、土産屋さん前の展望台は閉店すると立入禁止となり、50mほど離れた村の展望台からの撮影になります。

もう少しここで暮れ行く雰囲気の写真を撮りたいのですが、気になる「かん町」の合掌造り3連に移動です。
その写真は次回アップいたします。



撮影:2017年2月10日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.12     カテゴリ:  岐阜県の風景 

   雪の白川郷を散策

2月10日、今季はじめて白川郷へ行ってきました。
いつ以来かなと調べたら1年ぶり・・・あれだけ通った白川郷、ご無沙汰でした^^
激混雑するライトアップも終わって静かかなと思ったら相変わらずの人出でしたよ。



2017.02.10白川郷を散策1
和田家
少し下から煽って撮った理由は、な、なんと正面に大きな雪だるまが作られていました。それも2つも(驚)
観光地だから止む負えませんね。
きっと、ブイサインなんかして記念撮影してたんでしょうね(笑)







2017.02.10白川郷を散策2
春になると美しい花が咲く枝垂桜ですが、今は雪の重みで枝垂雪^^







2017.02.10白川郷を散策3
民宿のレトロな裸電球を撮ろうとしたら、こんなことに?
手前の木の枝の雪が風で落ちてきた!







2017.02.10白川郷を散策4
すごい勢い







2017.02.10白川郷を散策5
全体的に曇り空でしたが、時折青空も広がりました。
予報は一日中、雪だったんですよ・・・・なので出かけましたが残念^^







2017.02.10白川郷を散策6
路地裏に日が射して綺麗な風景になりました。







2017.02.10白川郷を散策7
柿の木
実がぶら下がってるのか雪で分かりませんね^^







2017.02.10白川郷を散策8
毎回、ここ撮ってる。
なぜか雰囲気が好きなんです。







2017.02.10白川郷を散策9
対岸の合掌造り







2017.02.10白川郷を散策10
団体バス駐車場と町中を結ぶ出合い橋。








2017.02.10白川郷を散策11
昨夜から今朝までの新雪は5cmくらいだったそうです。








2017.02.10白川郷を散策12
長瀬家
積雪は1mくらいですか







2017.02.10白川郷を散策13
鏡餅^^







2017.02.10白川郷を散策14
たまに雪が降ってきます。







2017.02.10白川郷を散策15








2017.02.10白川郷を散策16








2017.02.10白川郷を散策17
町はずれの「かん町」の棚田です。







2017.02.10白川郷を散策18








2017.02.10白川郷を散策19
屋根雪が緩んで今にも落ちそう






2017.02.10白川郷を散策20
この日、一番時間を費やした一枚







2017.02.10白川郷を散策21
下ゴソ付近の合掌三連
15年5月、この前で田植え祭りがありました。
お会いした皆さん元気にしてるかな~~

関西のおばちゃん見てくれてるかな(笑)







2017.02.10白川郷を散策22
一変して、上の写真の夜景です。






つづく




撮影:2017年2月10日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.10     カテゴリ:  山歩きの風景 

   360度の超絶景 荒島岳

つづきです


7時30分に駐車場をスタートし、青空に輝く樹氷を眺めつつ慎重にもちがかべを乗り越えて、5時間かけて遂に荒島岳に登頂しました。


2017.02.04荒島岳からの展望1
バンザーーーーーイ(単独行なので心の中で静かに^^)
先ずは白山を背景に標識を。







2017.02.04荒島岳からの展望2
立派なエビの尻尾を強調して^^







2017.02.04荒島岳からの展望3
余韻を楽しむべくパソコンで調べて山の名前を記入してみました。
間違いがあれば教えてください(^^;
無雪期は、頂上に山座同定盤があるのですがもちろん雪に埋もれています^^







2017.02.04荒島岳からの展望4
白山をアップでパチリ

金沢河川国道事務所の「超ワイド白山」を参考に目標物などを記入しました。参考程度にご覧ください。
室堂は屋根だけ見えます。
確か1月下旬の地元新聞情報では、室堂周辺は例年並みの積雪量だそうです。







2017.02.04荒島岳からの展望5
そして、白山から時計回りに目立つ峰々を撮りました。
先ずは、別山、三ノ峰など







2017.02.04荒島岳からの展望6
野伏ケ岳、毘沙門岳など







2017.02.04荒島岳からの展望7
なんかね、凄いところに立ったみたいだね

小さくって分からない?・・お任せください^^ ↓ に一眼レフ70mm-200mmで撮ったの載せますね
焦点距離は目いっぱい200mm

南アルプスは、ここからは中央アルプスのさらに奥になって見えませんね。霞んでもいるし^^







2017.02.04荒島岳からの展望8
先ず、北アルプス・・・まだ小さいですね。








2017.02.04荒島岳からの展望9
ということで核心部分をトリミング
アルプスがグッと近づきました、よ、ね^^







2017.02.04荒島岳からの展望10
さらに上の写真の左側をトリミングして、山の名前を記入してみました。
これは、まったく自信ありません^^;







2017.02.04荒島岳からの展望11
2枚上の写真の右部分もトリミングして、山の名前を記入してみました。
これも、あまり自身がありません^^;







2017.02.04荒島岳からの展望12
そして、乗鞍岳です。







2017.02.04荒島岳からの展望13
乗鞍岳をトリミング
綺麗やな~







2017.02.04荒島岳からの展望14
今度は御嶽山です。







2017.02.04荒島岳からの展望15
御嶽山もトリミング
綺麗やわ~








2017.02.04荒島岳からの展望16
そしてそして・・・中央アルプスの北部側の峰々ですよ
なんかもう夢に出てきそうな美しさ^^







2017.02.04荒島岳からの展望18
中央アルプスの南部側・・・って表現でいいのかな







2017.02.04荒島岳からの展望17
中央に霞んでいるカッコいい山は恵那山
初め富士山かと思いましたがここからは見えないんですね。








2017.02.04荒島岳からの展望19
岐阜市方向のいっぱいの峰々







2017.02.04荒島岳からの展望20
能郷白山(のうごうはくさん)もカッコいいね







2017.02.04荒島岳からの展望21
左のなだらかな山が銀杏峰(げなんぽ←読めませんね)
尖った右は部子山(へこさん←こちらも読めませんね)








2017.02.04荒島岳からの展望22
大野市街地と何ていう山なのか地図を開いても不明








2017.02.04荒島岳からの展望23
白山と勝山市方面の峰々を広角で







2017.02.04荒島岳からの展望24
浄法寺山(じょうほうじやま)







2017.02.04荒島岳からの展望25
大日山(だいにちさん)とスキージャム勝山スキー場







2017.02.04荒島岳からの展望26
右に経ヶ岳(きょうがたけ)と中央奥は取立山(とりたてやま)








2017.02.04荒島岳からの展望27
大長山(おおちょうさん)と左は経ヶ岳







2017.02.04荒島岳からの展望28
たぶん東高山







2017.02.04荒島岳からの展望29
そして山の名前を記入しました。







2017.02.04荒島岳からの展望31
ぐる~~と一周し美しい峰々を撮影しました。
風が強いのでブレタのもありです(言い訳^^)

その後、山頂の様子を記念撮影です。
写真は軒先まで雪に埋もれた荒島神社







2017.02.04荒島岳からの展望32
屋根にエビの尻尾を並べて日干ししてるみたいな^^







2017.02.04荒島岳からの展望33
シュカブラの造形美







2017.02.04荒島岳からの展望34
こちらは変わった形になりましたね







2017.02.04荒島岳からの展望35
厳しさが伝わります。







2017.02.04荒島岳からの展望30
もちがかべから同じようなペースで歩いた4人パーティー
3枚下の写真のお餅をいただきました^^






さて、ゆっくり360度の大展望を楽しみお腹がすいたので昼食です。
山頂は風が強いので、少し下ってもちがかべ手前で昼食









2017.02.04荒島岳からの展望36
今日もカップヌードル欧風チーズカレーです!
白山を背景にいただきま~~す^^
もう、ここから山頂まで誰もいません^^;








2017.02.04荒島岳からの展望37
カップヌードルを味わいながら超絶景も見納めです。







2017.02.04荒島岳からの展望38
しゃくなげ平に戻ってきました。
頂上で写真を撮ったりした人たちが宴会中^^
お礼にと、お餅を焼いてくださいました\(^o^)/



このお餅はね、「もち」がかべを往復した御利益ある餅で、味は「もち」ろんのこと、山歩きのもちベーションが上がりましたよ・・・
ハイハイ次ね(笑)






2017.02.04荒島岳からの展望39
さて、戻りましょう。
樹氷も何となく寂しそう(笑)








2017.02.04荒島岳からの展望40
無事、駐車場に戻ってきました。
15時40分
まだ8台ほど止まっていました。








2017.02.04荒島岳を眺望1
帰りに大野市郊外から眺めた荒島岳
美しかったな~







2017.02.04荒島岳登頂_谷峠からの夕景
福井、石川の県境、谷峠では夕焼けがとても綺麗でした。







ということで長々と沢山の写真をアップしました。

高山植物が咲き乱れる山もいいけど、雪に覆われた山もいいもんですね。
もっと高い山へとの思いはありますが、装備、技術、知識それに何と言っても体力がありません^^

今の私にはこれが限度です(笑)



駐車場07:30ー10:20しゃくなげ平10:40ー11:30もちがかべ12:00ー12:30荒島岳山頂13:20ー14:20しゃくなげ平14:40ー15:40駐車場



撮影:2017年2月4日
機材は一眼レフ70-200mmとPanasonic DMC-LX100


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.09     カテゴリ:  山歩きの風景 

   荒島岳ピークまでは天国へと続く道

つづきです

10時40分、樹氷に囲まれたしゃくなげ平を後に頂上を目指します。



2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上1
11時、正面に急坂が見えてきました。







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上2
4人見えるけど、もしかしてあれが「もちがかべ」?







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上3
スキーを置いて雪壁を這いあがってるやない@@・・
「こんなとこあがるの」・・・と横にいた見知らぬ青年に聞くと右のトレースを進んだところからが「もちがかべ」で、ここより大したことないですよ・・とのこと^^








ここまで背負ってきたスノーシューは、この先要らないようで皆さんもトレッキングポールやワカンをデポしています
結局この日はスノーシューを使うことなくトレースどおり歩きました。

そして、ここでアイゼンデビューで~す^^








2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上4
もちがかべは、結構な急坂でこの日は雪も柔らかく気を抜くとズルズル下がっていくほどの坂で難儀しましたが、先日の取立山直登の方がここより短いけどきつかったです。
途中の1,330m付近からの白山眺望です。







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上5
振り向けば・・
尖がった白い頂上は、小荒島岳1,186mでその右手前のなだらかなところは、ブナ林と樹氷が美しかったしゃくなげ平1,204m
手前左下の雪の上にいる登山者が雪壁を這いあがった人で真下に一人立っています。









2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上6
もちがかべ途中からの眺望を堪能!







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上7
右方向に立派な山・・・
もしかして、あっこれを登るの♪
遠いな~~~







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上8
アンダーで樹氷のオブジェを撮ったり・・・







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上9
左にずっと白山を眺めながら頑張ります。








2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上10
白山がガスってでもしていたら、私には「かべ」登れないかも^^








2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上11
とか何とかいいながら30分ほどで、かべを登り越えました。
そこには、このような風景のご褒美がありました。
トレースは乱れてるけどね^^







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上12
短いけどあの坂を登るのね
雲に乗りたい♪








2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上13
上の写真と同じ位置で左手を見ると左に白山
そして遥か遠く中央に乗鞍!
さらに右に御岳やないですか~







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上14
ずっと上の写真の風景を眺めならが急坂を登り越えると・・・・
ついに・・・








2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上15
と思ったら・・
中荒島岳1,420mでした^^
山頂まで412m・・・頑張ろう
標識にはエビの尻尾という霧氷の一種が張り付いてますが寒さで成長するんだってね。
何やら彫りが深く口を開けた横顔に見えるんだけど^^






2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上16
標識と白山!
ここで皆さん記念撮影なのでしょうね、足跡が凄い^^
これは何やらつばの長い帽子をかぶった横顔に見えるですが^^







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上17
先に進むと雪の風紋!「シュカブラ」
skovla はノルウェイ語で「波」のことだそうです。






2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上18
ちょっとこだわって撮ってみたりして・・
砂浜に打ち寄せる波!まさにシュカブラ








2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上19
振り返って・・
高度感ありありです
よくここまで登ってきたな







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上20
さすがに頂上も近くなると風が強く、頬がこわばってきた。
雪煙を撒き上げて下りる登山者・・カッコいい







2017.02.04荒島岳もちがかべ~頂上21
おおおお~、頂上の祠が見えてきたよ~。






次は、頂上から眺めた絶景をお送りしますよ♪

つづく


撮影:2017年2月4日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ









関連記事

2017.02.08     カテゴリ:  山歩きの風景 

   樹氷が美しすぎる荒島岳への道

2月4日、いつかはという思いが強かった福井県にそびえる「荒島岳
日本百名山のひとつなのですが、準備が整い初めて登ってきました。
標高は1,523.5mとそれ程高くはないのですが、この時期にしては登山口までのアクセスがよく特に積雪期は人気の山です。

3回に分けて記事アップします。
今回は、登山口からしゃくなげ平までです。


2017.02.04荒島岳1
ど~~んと横たわる白き山「白山」
荒島岳頂上からの眺望です^^
ということで、この風景に出会えるまでの様子をアップします。






2017.02.04荒島岳2
週間天気予報では、この日だけ一日中「晴れ」なのですが、ご覧のように雲多め。
日の出時刻の午前7時ころ大野市街地から眺めた荒島岳です。
朝焼けもパッとしないのでほんとに晴れるのかなと思いながら駐車場に向かいます。






2017.02.04荒島岳3
駐車は元の勝原スキー場の駐車場を利用します
7時半時点で30台くらいの駐車です
写真は、駐車場にあった案内板で赤い破線で囲ってある部分が「もちがかべ」というこの山一番のお楽しみゾーン^^







2017.02.04荒島岳4
では、出発。
初めは緩い傾斜をツボ足で進みますがトレースどおり歩けば沈み込みはしませんでした。






2017.02.04荒島岳5
その後、傾斜もそれなりに出て標高800mくらいで朝陽が疎林や雪原に差し込んできました。






2017.02.04荒島岳6
9時ころ、標高920mあたりのブナの木々の間から別山が姿を現しました。
青空も増えてきましたが、白山は雲の中。






2017.02.04荒島岳7
標高1,200mあたりで少し樹氷の付いたブナ林越えに目指す荒島岳が現れました。
青空がグンと広がってきましたよ。








2017.02.04荒島岳8
ブナ林の影が美しい






2017.02.04荒島岳9
樹氷も増えてきて嬉しい~~
樹氷は霧氷のひとつですが今日は樹氷の表現が似合う^^






2017.02.04荒島岳10
青空に映える樹氷を眺めながらのステキ時間が流れます。






2017.02.04荒島岳11
10時20分、標高1、204mのしゃくなげ平到着
白山がきれい~
青空がきれい~
樹氷がきれい~






2017.02.04荒島岳12
しばし撮影タ~~イム~~♪
樹氷越えに見える荒島岳の一部







2017.02.04荒島岳13
樹氷は青空が好き♪






2017.02.04荒島岳14
素晴らしい快晴に樹氷が似合いすぎ






2017.02.04荒島岳15
太陽がまぶしい






2017.02.04荒島岳16
どこを向いても青空と樹氷






2017.02.04荒島岳17
輝く中荒島岳






2017.02.04荒島岳18
もう一度白山と樹氷のコラボを






2017.02.04荒島岳19
渋いオレンジのウェアーが映える~~






2017.02.04荒島岳20
縦構図で奥行きを出そう・・出てないね^^









2017.02.04荒島岳21
しゃくなげ平で小休止のみなさん






2017.02.04荒島岳22
露出補正をアンダーで印象強く青と白の世界






いかがでしたでしょうか、青空と樹氷の美しさが少しは伝わったでしょうか?
さて次の記事は、お楽しみゾーンもちがかべを乗り越えて頂上を目指しますよ~~♪

つづく


撮影:2017年2月4日
撮影はすべて Panasonic DMC-LX100


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.07     カテゴリ:  金沢ひがし茶屋街 主計町などの風景 

   物語は始まった ひがし茶屋街

前記事、芸妓さんの奉納舞いと豆まきの撮影を楽しみ、天気がいいので隣接するひがし茶屋街へ寄り道です。




2017.02.03ひがし茶屋街1
雲は多いものの北陸の冬らしからぬ青空も覗き、ちょうど茶屋街の建物に太陽があたっていました。
カメラは出さずに様子を見て帰ろうとしたのですがラッキーでした。






2017.02.03ひがし茶屋街2
対面する建物の窓に青空と建物の写り込みがいいい感じ








2017.02.03ひがし茶屋街3
植え替えられた柳の葉にも太陽の光が当たりました。







2017.02.03ひがし茶屋街4
光を取り入れる3階部分







2017.02.03ひがし茶屋街5
対面の建物のガラスの光がお土産屋さんの暖簾に柔らかに射して綺麗だなとシャッター押そうとしたら、嬉しい乱入^^








2017.02.03ひがし茶屋街6
町角はモノクロが似合う・・・そして
素敵な物語が始まりそうだ








撮影:2017年2月3日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.06     カテゴリ:  金沢ひがし茶屋街 主計町などの風景 

   艶やかな芸妓(げいこ)衆による奉納舞いと豆まき

節分の日の3日、金沢ひがし茶屋街に隣接する宇多須(うたす)神社において節分祭が行われました。
こちらの節分祭の特色は、場所柄なんといっても豆まきの前にひがし茶屋街の芸妓(げいこ)衆による奉納舞いが行われます。

昨年、奉納舞いは関係者、報道機関以外は撮影禁止とアナウンスがあり(聞き間違いだったのか)残念でしたが、今年は「神殿内からは関係者、報道機関以外は撮影禁止。危険なため脚立禁止。」とのことで、沢山撮ってきました^^

昨年は、神殿内うんぬんは聞こえなかったんだけどな~^^




2017.02.03宇多須神社節分祭5
とっても艶やかです
大きくトリミングしています
右は、亜希(あき)さんで左は真砂美(まさみ)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭2
拝殿前の境内は観衆でぎっしり埋め尽くされていてトリミングしなけりゃ、観衆の頭がメインになってしまう(笑)







2017.02.03宇多須神社節分祭3
真砂美(まさみ)さん








2017.02.03宇多須神社節分祭4
亜希(あき)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭6
右は、涼香(すずか)さん
左は、福太郎(ふくたろう)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭7
涼香(すずか)さん








2017.02.03宇多須神社節分祭8








2017.02.03宇多須神社節分祭9
萌美路(もみじ)さん








2017.02.03宇多須神社節分祭10
かつ代(かつよ)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭11
美月(みずき)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭12
右から、萌美路(もみじ)さん、亜希(あき)さん、佳丸(よしまる)さん








2017.02.03宇多須神社節分祭13
10名の芸妓さんにより四曲の披露がありました。








奉納舞いが終わって、拝殿前の仮設ステージから豆まきです。








2017.02.03宇多須神社節分祭14
始まる前に談笑する右は、福太郎(ふくたろう)さん、左は真砂美(まさみ)さん








2017.02.03宇多須神社節分祭15
♪福は~内、♬ふくは~うち・・・








2017.02.03宇多須神社節分祭16
真砂美(まさみ)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭17
仮設ステージの前には千人の観衆が豆を受けます







2017.02.03宇多須神社節分祭18
涼香(すずか)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭19
唐子(とうこ)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭20
唐子(とうこ)さん、かつ代(かつよ)さん







2017.02.03宇多須神社節分祭21
千人の観衆に三千袋の豆袋が用意されたそうです。
私は宮司さんからしっかり一つゲットしました^^






ひがしの芸妓衆による同神社の豆まきは2001年から行われていて、もう金沢の風物詩として定着していますね。
昨年は、鶴瓶の家族に乾杯のロケがありましたが、今年は有名人の豆まきはありませんでした^^




撮影:2017年2月3日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.05     カテゴリ:  兼六園・金沢城公園の風景 

   兼六園の雪景色

1月15日、ようやく雪らしい雪が積もった兼六園に出掛けましたが、当日の積雪は8cm・・寂しいもんです^^
降りすぎてるところの皆さんすみません^^;

もう、雪国から準雪国に格下げですね(笑)

2017.01.15兼六園の朝景1
日の出前の定番ポイント






2017.01.15兼六園の朝景2







2017.01.15兼六園の朝景3
霞ヶ池はシャーベット状態






2017.01.15兼六園の朝景4







2017.01.15兼六園の朝景5
模様を描く霞ヶ池






2017.01.15兼六園の朝景6
これは、雪吊りの上を左から右に飛翔するシラサギ数羽。
とっさのことでシャッタースピードを上げる対応できなく悔やみました。






2017.01.15兼六園の朝景7







2017.01.15兼六園の朝景8







2017.01.15兼六園の朝景9







2017.01.15兼六園の朝景10
雪降る瓢池(ひさごいけ)






2017.01.15兼六園の朝景11
噴水周りには氷柱






2017.01.15兼六園の朝景12
園内の梅林でカメラの先は・・






2017.01.15兼六園の朝景13
八重寒紅梅
もう見頃に驚きです
いつもなら2月に入って数輪咲くのですがどうなってるのでしょう。






2017.01.15兼六園の朝景14
満開の冬至梅
こちらも早い気がしますね。






2017.01.15兼六園の朝景15
こちらは十月桜








そして、衝撃の写真










えっ、なになに・・・











2017.01.15兼六園の朝景16
隣接する金沢神社の左義長で焼かれる獅子頭
まるで、この異常気象に怒ってるかのような顔でした(怖)
持ち主が横にいたのでお聞きしたら、長くお店の繁盛を見守ってくれたので天に返すようなことを仰っていました。






PS
2月1日の地元紙に梅林では、「白加賀」など白梅の主要品種が今年は1月10日から咲き始めたと掲載されていました。
例年の咲き始めは2月下旬から3月上旬で、今季は2カ月近く早いとのことです。(新聞紙面引用)
この調子なら今年の紅葉は8月ですか(笑)



撮影:2017年1月15日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.03     カテゴリ:  山歩きの風景 

   賑わう鞍掛山

1月7日、木場潟で星景撮影を楽しみ、2度目の鞍掛山を歩いてきました。


2017.01.07鞍掛山1前回と同じく西ノ谷登山道から歩きだしますが、20台ほどの駐車スペースは一杯です。
笹と杉林の道を歩きます。







2017.01.07鞍掛山2
頂上まで後1,2kmの標識から1.0kmまでの様子
モコモコの木の芽






2017.01.07鞍掛山3
よく整備された登山道です。






2017.01.07鞍掛山4
頂上まで500mから300m付近






2017.01.07鞍掛山5
ここは結構急な岩を歩きますが、岩は階段状に削ってあります。
頂上まで後100m






2017.01.07鞍掛山6
頂上が見えました。
三角点タッチはほかの人^^
賑わっていますね。






2017.01.07鞍掛山7.1
白山と別山






2017.01.07鞍掛山8
白山アップで






2017.01.07鞍掛山9
白山の左方向の山






2017.01.07鞍掛山10
福井方向の山






2017.01.07鞍掛山11
富士写ケ岳(12月21日登頂)






2017.01.07鞍掛山12.1
霞んでいますが宝達山(ここから直線距離約68km)と手前は金沢の町
中央の一番高いビルは、JR金沢駅前のホテル(直線距離約40km)
大きくトリミング






2017.01.07鞍掛山12.2
ひとつ前の記事の星景を撮っていた木場潟と小松市街地






2017.01.07鞍掛山12.3
加賀市片山津温泉と柴山潟






2017.01.07鞍掛山13
さて、下山です。
今回は、中ノ谷登山道を下りますが、この山で一番急斜面の続く道だそうで何本もロープが垂れさがっていました。
一か所だけ白山が望めました。






2017.01.07鞍掛山14
下段左の箇所が急で滑って一番の難所






2017.01.07鞍掛山15
杉林の中を歩きます






2017.01.07鞍掛山16
渓流の音を楽しみ無事下山。
途中の駐車場などにも車が溢れていて、帰り時点で70台くらいは止まっていました。
恐るべし鞍掛山!






突然ですが・・
先日から写真を縮小して合成していますが、もしかしてスマートホンでご覧いただいている方は、豆粒のような写真なのでしょうか。
気になる写真がございましたら写真をクリックしていただければ少しは大きく表示されると思いますがどうなんだろう。

私はタブレットなのですが、一番下に「PC版に切り替え」というのがあります。




撮影:2017年1月7日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事

2017.02.01     カテゴリ:  加賀の風景 

   星空と白山の日の出

今日から2月、早くも12分の1の時が流れました。早ぁ~い!
あれだけ通った白川郷に今季まだ行ってない・・雪が融ける前に行かなきゃ・・

さて、もう少しだけ1月の写真をアップします。
1月7日、この日の夜は晴れ予報そして月も半月ながら午前1時には沈み込むことから、久しぶりに星ぐるぐるを撮りに出かけました。
何処にしようかと思いましたが、その後、鞍掛山に登りたかったので小松市の木場潟に決定。


2017.01.07木場潟1星ぐるぐる
う~~ん、下の方の星軌跡が揺れている^^;
露が降りそうだったので休憩所の屋根下の木製通路に三脚セット。
さらに、自動シャッターリモコンを忘れたので5分ごとに通路を歩いたからでしょうか^^;
でも、上の方はそれほど揺れていないので他に理由があるのかな
ま、失敗は失敗ね。







2017.01.07木場潟2.0536
場所を移動して、逆さ白山の星景を狙いました。5時36分
逆さ白山とはいきませんでしたが、星がまるでホタルのように湖面を照らしていました。






2017.01.07木場潟3.0714
おぉ~コハクチョウか~~と画像確認したらシラサギ。
コハクチョウなら季節感がでるのにね^^
7時14分撮影
日の出時刻は7時6分






2017.01.07木場潟4.0724
7:24
白山の主峰左からの日の出。
この時期が木場潟では一番主峰に近い日の出となります。
ちなみに柴山潟の方がこの時期、主峰から昇るようです。ダイヤモンド白山






2017.01.07木場潟5.0725
7:25
レンズが汚れてる~^^




この後、近くの鞍掛山で山歩きを楽しみました。は、次の記事になります。




撮影:2017年1月7日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング