全1ページ
このページのリスト
2017.08.21  
  一面に咲くチングルマ 白山お花松原
2017.08.20  
  一面に咲くクロユリ 白山お花松原
2017.08.19  
  白山 花の奥座敷 お花松原へ
2017.08.18  
  御前峰と高山植物 白山
2017.08.17  
  お花松原を訪ねて平瀬道を歩く 白山
2017.08.16  
  明りが灯り美しさを増す石崎奉燈祭
2017.08.15  
  海の男の晴れ舞台 石崎奉燈祭 七尾市
2017.08.13  
  七倉ノ辻から室堂までに咲く花々 白山
2017.08.12  
  四塚山のお花畑に感動 白山は奥が深い
2017.08.11  
  大汝峰から七倉ノ辻までの風景 白山
2017.08.10  
  大汝峰からのご来光 白山
2017.08.09  
  南竜ヶ馬場テント場から展望歩道、エコーラインを周回 白山
2017.08.08  
  砂防新道の花を撮りつつ山歩き 白山
2017.08.07  
  水面を染める海岸花火 石川県志賀町
2017.08.06  
  夕暮れに輝き夜には浮かび上がるひまわり
2017.08.05  
  村一番の働きもの
2017.08.04  
  笑顔がいっぱい ひまわり村(石川県河北潟)
2017.08.03  
  犀川の花火大会 写真合成編 金沢市
2017.08.02  
  犀川の花火大会 長秒露光一枚撮り編 金沢市
2017.08.01  
  花火の揚がる日の夕焼け 金沢市卯辰山

2017.08.21     カテゴリ:  山歩きの風景 

   一面に咲くチングルマ 白山お花松原

白山の奥深くにあるお花畑「お花松原」で一面に咲くチングルマです。




2017.08.14白山_お花松原_チングルマ1
天空のお花畑です。







2017.08.14白山_お花松原_チングルマ2
中央ピンクのハクサンコザクラの左に咲いているのがチングルマ







2017.08.14白山_お花松原_チングルマ3
花の密度が濃い







2017.08.14白山_お花松原_チングルマ4
チングルマとアオノツガザクラ







2017.08.14白山_お花松原_チングルマ5
チングルマ、クロユリ、アオノツガザクラ







2017.08.14白山_お花松原_チングルマ6
魚眼レンズで。







次回は、アオノツガザクラ。



撮影:2017年8月14日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

2017.08.20     カテゴリ:  山歩きの風景 

   一面に咲くクロユリ 白山お花松原

白山の奥深くにあるお花畑「お花松原」で一面に咲くクロユリです。



2017.08.14白山_お花松原_クロユリ1








2017.08.14白山_お花松原_クロユリ2







2017.08.14白山_お花松原_クロユリ3
状況説明







2017.08.14白山_お花松原_クロユリ4
一目で六種類の全ての高山植物が見頃には大きく感動。







2017.08.14白山_お花松原_クロユリ5
可憐に咲くクロユリの花







2017.08.14白山_お花松原_クロユリ6
下半分がクロユリ








2017.08.14白山_お花松原_クロユリ7
一面のクロユリ
花の密度が濃い、これぞお花畑って感じです。







2017.08.14白山_お花松原_クロユリ8
クロユリと薄緑の花はアオノツガザクラ
魚眼レンズで撮りたくなりますよね。







次回は、チングルマ。



雑談
8月10日に緊急入院しましたニコンレンズ、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIがめでたく退院してきました^^
当初、24日の予定で修理見積も5万円なのでうな垂れていましたが、お盆時期にも関わらず昨日19日に宅配されてきました。
修理代金も32,261円と見積もりよりかなり安く済みました。

地方に住んでいる者にとってはありがたい?ニコンピックアップという修理システムがあるのでそれを利用しました。
ネットで支払い以外は処理できるもので、ネットで見積もり修理期間を確認。
宅配業者が緩衝材入りの送付箱を自宅に届けてくれて梱包し宅配業者に手渡し。(仙台修理Cで修理)。
修理完了のメールが届き、その後、宅配業者に届けてもらい現金を支払う・・・といったもの。

参考までに、
部品交換は、超音波モーター部組 13,977円、ズームリングゴム 126円、バヨネットマウント部組 1,818円に
修理料金13,950円と消費税2,390円の合わせて32,261円でした。往復送料は無料です。
ニコンイメージング会員なので1割引き適用でこの金額でした。
購入したのは2011年12月なのでこんなもんかなと思っています。

ベルボンの簡易三脚はまだ入院中・・・




撮影:2017年8月14日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.19     カテゴリ:  山歩きの風景 

   白山 花の奥座敷 お花松原へ

8月14日、お花松原を訪ねた写真のつづきです。


2017.08.14白山_お花松原1
ガスが掛かって真っ白なお花松原方面・・
ここからつづら折りの激坂を下ります。







2017.08.14白山_お花松原2
激坂を下りきるとなだらかな広場に。
アオノツガザクラ、オンタデなど







2017.08.14白山_お花松原3
さらに下ります。
白い花はチングルマ







2017.08.14白山_お花松原4
ハクサンコザクラも現れました。







2017.08.14白山_お花松原5
ハクサンコザクラの花園が続きます。







2017.08.14白山_お花松原6
ようやく、お花松原に到着です。
花の密度が濃くってまさにお花畑です!







2017.08.14白山_お花松原7
ピンクのハクサンコザクラ、薄い黄緑色のアオノツガザクラ、白いチングルマ、黄色いミヤマキンバイ、手前にクロユリ、遠くにウラジロナナカマドまで揃って満開状態のお出迎えに感動です!







2017.08.14白山_お花松原8
10年ほど毎年通ってる方に出会いましたが、これだけ満開状態が揃ってるのは初めてと感動!していました。二人で凄い凄いの連呼^^
タイミングの良い日に来ることができたようです。
青空が・・・剣ヶ峰が・・・は、贅沢^^







2017.08.14白山_お花松原9
十二分にお花松原を堪能し、花に囲まれながらお昼も食べて帰路につきます。
ヒルバオ雪渓下部からのお花松原方向ですが、アオノツガザクラも地味ながらいい味を出しています。







2017.08.14白山_お花松原10
どっさり残っているヒルバオ雪渓をベンガラの目印を頼りに100mほど歩き、室堂に立ち寄り下山しました。






次回から、お花松原のクロユリ、チングルマ、アオノツガザクラ、ハクサンコザクラにミヤマキンバイを添えて特化した写真をアップします。
天候が思わしくなく、望遠レンズも入院したままなので記事を小刻みに引っ張ります(笑)
ご覧いただければ嬉しいです。



撮影:2017年8月14日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.18     カテゴリ:  山歩きの風景 

   御前峰と高山植物 白山

8月14日、平瀬道を歩きお花松原まで往復した写真です。
今回は、お花松原に向かって歩きながら、白山の最高峰「御前峰」と高山植物を重ねて撮った写真です。


2017.08.14室堂平の花々1n
平瀬道から眺める御前峰とハクサンフウロ







2017.08.14室堂平の花々2
御前峰とヤマハハコ







2017.08.14室堂平の花々3
御前峰とオンタデとハイマツ







2017.08.14室堂平の花々4
平瀬道、展望歩道の分岐より、御前峰とハクサンフウロ






2017.08.14室堂平の花々5
御前峰とハクサンフウロ







2017.08.14室堂平の花々6
御前峰とハクサンフウロとオンタデ






2017.08.14室堂平の花々7
御前峰と茎の短いミヤマキンバイと茎の長いミヤマキンポウゲ







2017.08.14室堂平の花々8
クロユリの水彩画を描く人たちと別山と室堂小屋群







2017.08.14室堂平の花々9
御前峰とハクサンフウロ、ミヤマキンバイとアオノツガザクラ







2017.08.14室堂平の花々10
御前峰とオンタデとクルマユリ







2017.08.14室堂平の花々11
御前峰とミヤマキンバイ、ウラジロナナカマド







2017.08.14室堂平の花々12
大汝峰と左はガスが流れる七倉山、四塚山(8月4日満開だった花もこの時点で終了)







2017.08.14室堂平の花々13
岩に咲くイワギキョウ^^







2017.08.14室堂平の花々14
オンタデと白い花はハクサンボウフウ かな?






つづきます。
お花松原は遠いので花を眺めながら歩きます^^




撮影:2017年8月14日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.17     カテゴリ:  山歩きの風景 

   お花松原を訪ねて平瀬道を歩く 白山

8月14日、8月に入り中盤になっても不安定な天候が続くなか、ネット情報でそろそろ見頃かと思われる白山のお花畑「お花松原」を訪ねました。
この日は、白山の交通規制日でいつもの別当出合登山口へは市ノ瀬からバスで向かわなければならずお花松原往復は足が遅いので帰りの最終バス時刻が気になります。
そこで、岐阜県側の白川郷を過ぎた山間の平瀬道を往復することに。

平瀬道登山口にある大白川駐車場は開山1300年とお盆連休も重なり広い駐車場は前日に駐車したと思われる車が道路脇にまで溢れていました。

目的のお花松原は、ハクサンコザクラ、クロユリ、チングルマ、ミヤマキンバイ、アオノツガザクラさらにウラジロナナカマドまでが揃って満開で待っていてくれたようで感動。

お花松原まで、この後数回に分けて写真をアップします。
今回は、平瀬道登山口から室堂手前までの花や風景になります。

2017.08.14白山_平瀬道1
暗闇のなか4時に出発。
日の出時刻の5時頃になっても周りはガスと雲で覆われていましたが、6時半ごろ中央辺りに別山を眺めることができました。







2017.08.14白山_平瀬道2
大倉山避難小屋を過ぎると様々な高山植物が咲いていました。
赤い花はシモツケソウ






2017.08.14白山_平瀬道3
登山者(中央樹の下)が写ると高低差が出ていいですね。







2017.08.14白山_平瀬道4
ピンクのシモツケソウ、紫のノアザミ、黄色はオタカラコウ







2017.08.14白山_平瀬道5
暫し花に集中







2017.08.14白山_平瀬道6
登山道脇に黄色いミヤマアキノキリンソウ







2017.08.14白山_平瀬道7
アキノといえば紅葉が始まってる。そんなに急がないで^^







2017.08.14白山_平瀬道8
花いっぱい







2017.08.14白山_平瀬道9
右も左も花が咲き誇ってます。







2017.08.14白山_平瀬道10
シモツケソウ







2017.08.14白山_平瀬道11
タカネマツムシソウ







2017.08.14白山_平瀬道12
ヤマハハコも至る所で群生







2017.08.14白山_平瀬道13
ひょいっと延びるのはサラシナショウマか?







2017.08.14白山_平瀬道14
平瀬道一番の注意処、急な階段と細尾根を歩く登山者。
真上から覗き込むように魚眼でパチリ。







2017.08.14白山_平瀬道15
湧き上がるガスと青い山並み







2017.08.14白山_平瀬道16
厚い雲の隙間から光がこぼれ、雲海に浮かぶ中央は御嶽山、左に乗鞍岳チラリと。


 




2017.08.14白山_平瀬道17
少し高度を上げると、左から槍~穂高、乗鞍岳、御嶽山。







つづきます。


撮影:2017年8月14日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

関連記事

2017.08.16     カテゴリ:  能登キリコ祭りの風景 

   明りが灯り美しさを増す石崎奉燈祭

8月5日、石崎奉燈祭の後半です。

夕方、一旦休憩に入り夜に備えます。



2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜1
夕方、休憩に入り展示された6基の大奉燈。







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜2
決めていただきました。







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜3
お母さんいわくもう、祭りバカだそうで^^







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜4
魚眼レンズで・・







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜5
順次、大奉燈に明りが灯り大文字が浮かび上がります。







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜6
午後8時、乱舞再開です。







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜7








2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜8







2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜9








2017.08.05石崎奉燈祭_夕方から夜10
大文字に明りが灯ると幻想的です。





この後、日付が変わりさらに乱舞は熱狂を帯びるのですが、思うように撮れないので撮影意欲が薄れて帰路に着きました。

祭り自体は、奉燈も巨大で担ぎ手との距離も近くやはり迫力満点の素晴らしい祭りでした。




撮影:2017年8月5日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.15     カテゴリ:  能登キリコ祭りの風景 

   海の男の晴れ舞台 石崎奉燈祭 七尾市

8月5日、能登半島和倉温泉の隣の漁師町、石崎町で石崎奉燈祭が行われました。
海の男たちが年に一度の晴れ舞台を熱気で飾る日です。

「サッカサイ、サカサッサイ、イヤサカサー」の威勢のいい掛け声で、重さ約2トン、高さ約12~15mの大奉燈を約100人で担ぎ上げて狭い路地まで入り込む様は、迫力満点です!


2017.08.05石崎奉燈祭1
重さ約2トン、高さ約12~15mの6基の大奉燈に見入る観衆







2017.08.05石崎奉燈祭2
この日は、夏の青空が広がり熱い一日でした。







        6基の大奉燈は石崎町の6つの地区から出されますので各地区3枚づつ写真をアップ。







西1区 チームカラーは白

2017.08.05石崎奉燈祭_西1区1








2017.08.05石崎奉燈祭_西1区2








2017.08.05石崎奉燈祭_西1区3








西2区 チームカラーは桃


2017.08.05石崎奉燈祭_西2区1








2017.08.05石崎奉燈祭_西2区2








2017.08.05石崎奉燈祭_西2区3








東1区 チームカラーは緑


2017.08.05石崎奉燈祭_東1区1







2017.08.05石崎奉燈祭_東1区2








2017.08.05石崎奉燈祭_東1区3








東2区 チームカラーは黄


2017.08.05石崎奉燈祭_東2区1








2017.08.05石崎奉燈祭_東2区2








2017.08.05石崎奉燈祭_東2区3








東3区 チームカラーは赤


2017.08.05石崎奉燈祭_東3区1








2017.08.05石崎奉燈祭_東3区2








2017.08.05石崎奉燈祭_東3区3








東4区 チームカラーは青


2017.08.05石崎奉燈祭_東4区1








2017.08.05石崎奉燈祭_東4区2








2017.08.05石崎奉燈祭_東4区3








ねじり鉢巻き、地下足袋、揃いの法被さらにうちわまでチームカラーで統一されています。
何しろ2トンの大奉燈を100人で担ぎ上げるのですから一体感が大切なのでしょうね。




つづく

撮影:2017年8月5日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.13     カテゴリ:  山歩きの風景 

   七倉ノ辻から室堂までに咲く花々 白山

8月2日、3日の白山山歩きの最終記事です。

今回は、七倉ノ辻から大汝峰の巻き道を歩き室堂平までに咲く花々です。


2017.08.03七倉の辻から室堂までの花1
室堂へ戻ります。
七倉ノ辻から名残惜しく何度も四塚山を振り返ります。







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花2
だんだん遠くなる四塚山^^







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花3
帰りは小雨が降ったりガスが掛かったりしました。
雨粒をまとったクロユリ







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花4
クロユリとハクサンイチゲ







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花5
白い花^^







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花6
大汝峰の巻き道にはハクサンシャクナゲが数か所で群生し、オンタデの長い道が続きました。







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花7
大汝峰の登頂口、中宮道分岐直前のお花畑







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花8
ひょうきんな顔をした岩







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花9
室堂前もハクサンコザクラが咲き誇っていました。







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花11
アオノツガザクラと遠くにハクサンコザクラ







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花12
アオノツガザクラ、ハクサンコザクラと黄色い花







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花13
クロユリと室堂







2017.08.03七倉の辻から室堂までの花14
雨に濡れたクロユリ






2017.08.03七倉の辻から室堂までの花15
クロユリ








この後、天気予報を見ると下り坂ということもあり十二曲がり経由で南竜ヶ馬場テント場へ。
テント撤収し下山しました。

初めての四塚山、タイミングがよかったみたいで一面のお花畑に感動した山歩きでした。



2017.08.02~3コース概要


8月2日
別当出合登山口5:10 - 8:40甚之助避難小屋8:50 - 10:10南竜ヶ馬場受付10:20 - 10:30テント場12:40
- 13:40アルプス展望台 - 15:00室堂15:05 エコーライン経由でテント場

8月3日
テント場00:30 - 2:00室堂2:30 - 3:00大汝峰登山口3:10 - 3:40大汝峰5:20 - 6:40七倉ノ辻6:50 - 6:55七倉山7:00
- 07:20四塚山7:50 - 8:10七倉ノ辻8:10 - 9:30大汝峰登山口9:30 - 10:20室堂10:30 - 11:30南竜ヶ馬場テント場13:00
- 13:50甚之助避難小屋14:20 - 16:20別当出合登山口


撮影:2017年8月3日
機材は、Panasonic DMC-LX100


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.12     カテゴリ:  山歩きの風景 

   四塚山のお花畑に感動 白山は奥が深い

つづきです。
今回の山歩きのハイライトです。

四塚山のお花畑では、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、チングルマ、コイワカガミが咲き誇っていて、白山は奥が深いと感動しました。


2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑23
四塚山のハクサンイチゲの群生




          時間を戻して七倉ノ辻から四塚山までの風景です。22枚あります^^;




2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑1
七倉ノ辻に到着で、正面が四塚山
ここは、北部白山登山道の重要な分岐点なのですね。
釈迦新道、加賀禅定道、岩間道(楽々新道)そして大汝峰への山道の分岐点。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑2
分岐から七倉山へ上がり岩間道(楽々新道)を確認。北アルプスは雲の中。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑3
七倉山から大汝峰方面







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑4
七倉ノ辻標柱とオンタデ、クルマユリなど
横に延びるのは釈迦新道で右に進むと白山釈迦岳。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑5
七倉ノ辻から今度は四塚山に向かいます。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑6
四塚山の左のすそ野







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑7
四塚山に続く緩やかな道の両端に咲くハクサンイチゲと斜面は黄色い花が群生







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑8
クロユリもチラホラ咲いています。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑9
この斜面もハクサンイチゲ、コイワカガミ、黄色い花が群生







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑10
そして目に飛び込んできた塚群とハクサンイチゲの群生








2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑11
さらに近づくとチングルマ、コイワカガミが群生







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑12
チングルマが島のように咲いています。
この地形を「周氷河地形と階状土」というのだそうで説明板がありました。








2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑13
まぁ~凄い凄い!
独り占めもいいけど、やはりこの感動を現地で共有したいよね。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑14
加賀禅定道で一里野温泉まで14kmか~。
途中に油池そして先日眺めた百四丈滝、天池が待ってるんだね。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑15
お花畑から100mほど進んで加賀禅定道を眺める。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑16
再び四塚山のお花畑に戻ります。
チングルマの実がふさふさ







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑17
チングルマ、コイワカガミ、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、斜面に黄色い花(立ち入り禁止で近づけないんです。)








2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑18
チングルマ、コイワカガミ、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラてんこ盛り
ハクサンコザクラは遠いので目いっぱいズームしトリミングしたのが下の写真・・・







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑19
凄いでしょ!
ハクサンコザクラはテニスコートくらいの広さ一面にびっしりと咲き誇っていました。








2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑20
白いロープが張られて立ち入り制限されています。
この白いロープは風景に溶け込んでグッドです。







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑21
チングルマ、コイワカガミと塚のある風景







2017.08.03七倉の辻から四塚山のお花畑22
ハクサンイチゲ、コイワカガミ、アオノツガザクラと塚のある風景







現地で誰か一人でも感動を共有したい気分でしたが一人も会いませんでした^^
つづく。


四塚山の積石塚
四塚山山頂(2,520m)の北東に広がる平坦地に、積石塚があります。四塚山の名称はこれらの塚から由来するといわれています。
塚は小さなものを含めると6つ数えることができ、塚の長径は4.6mから16.4mまであります。(中略)
かつて、このあたりを龍ヶ馬場といいました。
加賀禅定道登山口の尾添区には、3匹の猫と住んでいた老婆が猫になり共に悪さを働き、清定行者によって退治され龍ヶ馬場の坂口に埋められ、それが四塚になったという伝承も残されています。(以下略)
(石川県白山自然保護センター普及誌抜粋)



撮影:2017年8月3日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.11     カテゴリ:  山歩きの風景 

   大汝峰から七倉ノ辻までの風景 白山

大汝峰からのご来光を楽しみ、初の七倉山と四塚山に向かいます。

今回は、白山登山道の重要な分岐点「七倉ノ辻」までの風景です。


2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景1
大汝峰北向き斜面のハイマツ越えの七倉山と四塚山







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景2
大汝峰山頂と大汝峰巻き道との分岐から山頂に日が射す七倉山、四塚山。







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景3
山道には夜露たっぷりの草が覆いかぶさり、四塚山に着くころには膝下から登山靴どころか靴下までびっしょりずぶ濡れに。








2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景4
荒々しい地獄谷に斜光が射す。
ドラマの幕開けのようでした。







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景5
緑の山肌と白い雪渓が美しい。







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景6
振り返ると荒々しい風景








2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景7
大汝峰と七倉ノ辻の鞍部には御手水鉢(おちょうずばち)







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景8
年中水を湛える御手水鉢








2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景9
御手水鉢付近のオンタデ、イブキトラノオの群生







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景10
ハクサンイチゲの群生







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景11
ミヤマキンバイ







2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景12
振り返って大汝峰と小さく別山








2017.08.03大汝峰から七倉の辻までの風景13
七倉ノ辻(標高2500m)の白い標柱が見えてきた。





初めて七倉ノ辻まで歩きましたが、砂防新道や室堂のような喧噪はなく誰とも会わないとっても静かな山歩きでした。

つづく


撮影:2017年8月3日
機材は、Panasonic DMC-LX100


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



関連記事

2017.08.10     カテゴリ:  山歩きの風景 

   大汝峰からのご来光 白山

8月3日深夜にテントを抜け出し、誰もいない静粛で寒いくらいの大汝峰から刻々と変化する風景を楽しみます。

手持ち撮影です。理由は最後に記しました。


2017.08.03大汝峰からのご来光1.0437
北アルプス方面に広がるオレンジライン。
4時37分撮影、日の出時刻は5時1分。








2017.08.03大汝峰からのご来光2.0442
右は、白山の最高峰の御前峰(標高2702m)、左は剣ヶ峰(2677m)、左の池は翠ヶ池。
ちなみに撮っている大汝峰は2684m。
4時42分。








2017.08.03大汝峰からのご来光3.0506
水晶岳辺りの雲が赤く焼けてきました。
5時6分







2017.08.03大汝峰からのご来光4.0507
別山平辺りから流れ落ちる滝雲
5時7分







2017.08.03大汝峰からのご来光5.0508
御前峰山頂でお日の出(ご来光)を待つ登山者
因みに宿泊者にお日の出登頂を知らせる太鼓の音は風向きなのか聞えませんでした。
大きくトリミング。
5時8分







2017.08.03大汝峰からのご来光6.0509
大汝峰からのご来光
5時9分







2017.08.03大汝峰からのご来光7.0509
御前峰、剣ヶ峰、翠ヶ池。
5時9分







2017.08.03大汝峰からのご来光8.0512
赤く染まる雪渓
5時12分







2017.08.03大汝峰からのご来光9.0513
同じく赤く染まる雪渓
5時13分







2017.08.03大汝峰からのご来光10.0513
赤いオンタデの実と朝陽に染まる雲
5時13分







2017.08.03大汝峰からのご来光11.0514
オンタデと朝陽に染まる雲







2017.08.03大汝峰からのご来光12.0515
オンタデと御前峰、剣ヶ峰







翠ヶ池にはこの時点で陽が射さず濃紺の状態で期待外れでした^^
朝陽の角度がよくなかったようですが先を急ぎます。
この後、四塚山、七倉山に向かいます。



3時40分には大汝峰山頂に着いたのですが、ここで予期せぬハプニング!
なんと携帯型三脚ULTRA LUXiminiIII がバラバラになってしまいました。
ヘッドライト頼りに暫し格闘しますが手に負えないので瞬く星を脳裏に焼き付けました(もう忘れましたが(笑))

昨日、ベルボンに問い合わせると修理扱いとのことで1,500円と送料・・・痛い出費となりました。

出費と言えば、数カ月前から一番大切にしているニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIのオートフォーカスが動作しなくなることが偶にあったのですが、先日、まったく動作しなくなりこれも入院しました。入院費5万円は超痛い(涙)
入院したけど見舞いに行けないのが寂しい(笑)







撮影:2017年8月3日
機材は、Panasonic DMC-LX100


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.09     カテゴリ:  山歩きの風景 

   南竜ヶ馬場テント場から展望歩道、エコーラインを周回 白山

2日は、テント設営後展望歩道からエコーラインを周回し花を眺めてきました。
30枚の写真になります^^


2017.08.02展望歩道の花々1
南竜ヶ馬場テント場直前の沢の両側に咲く花々で、左にハクサンコザクラ、右下部にアオノツガザクラ、その上はチングルマ。







2017.08.02展望歩道の花々2
横の斜面もチングルマやアオノツガザクラが群生







2017.08.02展望歩道の花々3
初めて見る青い花ですが、何かの花の枯れはじめかな







2017.08.02展望歩道の花々4
展望歩道の初めは木道







2017.08.02展望歩道の花々5
ミヤマリンドウ







2017.08.02展望歩道の花々6
ヤマハハコ







2017.08.02展望歩道の花々7
振り返ってガスが流れる南竜ヶ馬場テント場







2017.08.02展望歩道の花々8
青い水を湛える白水湖







2017.08.02展望歩道の花々9
ヤマホタルブクロ







2017.08.02展望歩道の花々10
アルプス展望台付近はお花畑状態です。
ニッコウキスゲ、ノアザミ、イブキトラノオ、ヤマブキショウマ、ハクサンフウロ、カライトソウなど







2017.08.02展望歩道の花々11
カライトソウ、ヤマブキショウマ、イブキトラノオ、タカネマツムシソウなど







2017.08.02展望歩道の花々12
カライトソウ、ヤマブキショウマ







2017.08.02展望歩道の花々13
タカネマツムシソウ







2017.08.02展望歩道の花々14
カライトソウ、ヤマブキショウマ、ノアザミ、シモツケソウなど







2017.08.02展望歩道の花々15
オタカラコウ、イブキトラノオ







2017.08.02展望歩道の花々16
チングルマ、アオノツガザクラ、コイワカガミなど







2017.08.02展望歩道の花々17
チングルマ






2017.08.02展望歩道の花々18
ハクサンコザクラ







2017.08.02展望歩道の花々19
イブキトラノオ







2017.08.02展望歩道の花々20
クルマユリ、ハクサンフウロ、イブキトラノオ







2017.08.02展望歩道の花々21
室堂平のハクサンコザクラ







2017.08.02展望歩道の花々22
ハクサンコザクラ







2017.08.02展望歩道の花々23
ハクサンコザクラ、アオノツガザクラ







2017.08.02展望歩道の花々24
クロユリ







2017.08.02展望歩道の花々25
オンダテ







2017.08.02展望歩道の花々26
イワギキョウ







2017.08.02展望歩道の花々27
イワイチョウとコバイケイソウ







2017.08.02展望歩道の花々28
エコーラインはすっかり夏道になっていました。
チングルマの実







2017.08.02展望歩道の花々29
チングルマ







2017.08.02展望歩道の花々30
エコーライン上部から南竜ヶ馬場が見えてきました。






つづく

撮影:2017年8月2日
機材は、Panasonic DMC-LX100


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




関連記事

2017.08.08     カテゴリ:  山歩きの風景 

   砂防新道の花を撮りつつ山歩き 白山

8月2日、3日、白山南竜ヶ馬場にテント泊してきました。
2日は、テント設営後展望歩道の花を眺め、3日は大汝峰からのお日の出、その足で七倉山、四塚山のお花畑に感動の山歩きでした。
数回に分けて写真アップいたします。


2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花1
登山道に入ると直ぐに姥百合(ウバユリ)のお出迎え。
大きさの割に優しいユリの香り。







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花2
雫を付けた可愛い実?
ツルニンジンの蕾・・・と、後日拍手コメントでSさんに教えていただきました。







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花3
青いちっさな花







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花4
日が射す樹木と大長山、赤兎山方向







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花5
カニコウモリ







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花6
線香花火のような花?







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花7
アマニュウか・・・
青空に映えていました。







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花8
センジュガンピ







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花9
この日の砂防新道下部はセンジュガンピロードでした。







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花10
オニシモツケ







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花11
サンカヨウのブドウのような実







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花12
ホソバノキソチドリかミヤマチドリか?







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花13
尾根は観光新道・・・甚之助避難小屋付近から







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花14
朝露いっぱい







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花15
シナノオトギリ







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花16
ハクサンフウロ







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花17
南竜分岐付近は、ヤマブキショウマ、シモツケソウなどのお花畑







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花18
ミヤマセンキュウかな







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花19
ヤマブキショウマ、シモツケソウ、イブキトラノオ、黄色い花などのお花畑







2017.08.02白山_砂防新道~南竜ヶ馬場の花20
今夜のお宿、南竜ヶ馬場テント場が見えてきた。





この後、テント設営(幕営)後、情報がない展望歩道の花を見に行きます。
つづきます。


撮影:2017年8月2日
機材は、Panasonic DMC-LX100



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



関連記事

2017.08.07     カテゴリ:  能登の風景 

   水面を染める海岸花火 石川県志賀町

7月30日、能登半島中程の志賀町で行われた花火大会の写真です。
高浜漁港の堤防から打ち揚げられるので、水面に花火の色彩が映り込みます。


           初めに、長秒露光一枚撮りの写真を6枚アップいたします。

2017.07.30志賀町花火大会1
1







2017.07.30志賀町花火大会2
2







2017.07.30志賀町花火大会3
3







2017.07.30志賀町花火大会4
4







2017.07.30志賀町花火大会5
5







2017.07.30志賀町花火大会6
6
フィナーレです。
風が弱く煙が流れず少し残念でした。







          以下は、4~5枚の写真を合成したもの4枚です。







2017.07.30志賀町花火大会7
合成1






2017.07.30志賀町花火大会8
合成2







2017.07.30志賀町花火大会9
合成3







2017.07.30志賀町花火大会10
合成4








20時30分から30分間の花火大会で、数も多くありませんが直ぐ近くで打ち揚がるので迫力がありました。
観衆も100人くらいで花火と歓声で一体感を楽しみながらの撮影でした。
何といっても車横付けで帰りも車の流れがスムーズなお気軽ポイントです。




撮影:2017年7月30日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



関連記事

2017.08.06     カテゴリ:  金沢の風景 

   夕暮れに輝き夜には浮かび上がるひまわり

つづきです。

ひまわり村では、期間限定で午後7時30分から9時までライトアップがあります。
今回は、夕暮れに輝き夜には浮かび上がるひまわりです。

2017.07.31ひまわり村13
東向きの撮影ですが西向きのひまわりは何か訴えてるのかな^^







2017.07.31ひまわり村14
西日を浴びて







2017.07.31ひまわり村15
夕陽に輝く・・・







2017.07.31ひまわり村16
・・・ひまわりも美しい







2017.07.31ひまわり村17
夕焼け







2017.07.31ひまわり村18
夕暮れ時に浮かぶひまわり







2017.07.31ひまわり村19
どこまでもどこまでも







2017.07.31ひまわり村20
夜の顔







ひまわり村の写真記事は終了です。
少しは涼しくなっていただけたでしょうか・・・




撮影:2017年7月31日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村








関連記事

2017.08.05     カテゴリ:  金沢の風景 

   村一番の働きもの

ひまわり村のつづきです。

今日は、猛暑の中、村一番の働きもののミツバチの写真です^^

2017.07.31ひまわり村9







2017.07.31ひまわり村10








2017.07.31ひまわり村11








2017.07.31ひまわり村12







花粉まみれになって一生懸命でした^^


つづく

撮影:2017年7月31日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.04     カテゴリ:  金沢の風景 

   笑顔がいっぱい ひまわり村(石川県河北潟)

7月31日、梅雨の晴れ間に河北潟のひまわり村へ行ってきました。
そこには、夏を彩る35万本の向日葵が咲き誇り人の笑顔も溢れていました。
3回に分けて写真をアップいたします。


2017.07.31ひまわり村1
ひまわりを見ると元気が出ますね。







2017.07.31ひまわり村2
筋雲が似合うね。







2017.07.31ひまわり村3
はにかみやさん







2017.07.31ひまわり村4
日焼けで真っ黒^^







2017.07.31ひまわり村5
夏のお嬢さん3
後ろ姿一枚・・・ありがとね







2017.07.31ひまわり村6
展望台・・・4人になってる^^







2017.07.31ひまわり村7
展望台からの眺め







つづく


撮影:2017年7月31日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.03     カテゴリ:  金沢の風景 

   犀川の花火大会 写真合成編 金沢市

7月29日、犀川の花火大会において長秒露光で撮った写真を3~4枚合成した写真6枚です。




2017.07.29金沢市_犀川花火大会23_花火合成
合成1







2017.07.29金沢市_犀川花火大会24_花火合成
合成2







2017.07.29金沢市_犀川花火大会25_花火合成
合成3








2017.07.29金沢市_犀川花火大会26_花火合成
合成4








2017.07.29金沢市_犀川花火大会27_花火合成
合成5







2017.07.29金沢市_犀川花火大会28_花火合成
合成6






合成すると華やいだ花火になりますね。




撮影:2017年7月29日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



関連記事

2017.08.02     カテゴリ:  金沢の風景 

   犀川の花火大会 長秒露光一枚撮り編 金沢市

7月29日、金沢市内を流れる犀川河川敷で恒例の花火大会が行われました。
以前から一度撮ってみたかった卯辰山(うたつやま)からの花火写真になります。
打ち揚げ場所まで約4km、35mm換算で焦点距離200mmにより撮ったものをトリミングしてあります。

すべて、長秒露光による一枚撮りです。22枚の写真になります。


2017.07.29金沢市_犀川花火大会1
1







2017.07.29金沢市_犀川花火大会2
2








2017.07.29金沢市_犀川花火大会3
3








2017.07.29金沢市_犀川花火大会4
4








2017.07.29金沢市_犀川花火大会5
5







2017.07.29金沢市_犀川花火大会6
6







2017.07.29金沢市_犀川花火大会7
7








2017.07.29金沢市_犀川花火大会8
8








2017.07.29金沢市_犀川花火大会9
9








2017.07.29金沢市_犀川花火大会10
10







2017.07.29金沢市_犀川花火大会11
11






2017.07.29金沢市_犀川花火大会12
12






2017.07.29金沢市_犀川花火大会13
13
この写真は少しは雰囲気をお伝えできればと焦点距離70mmで撮ったものでトリミングなしです。
実際、肉眼ではもう少し遠いですね。







2017.07.29金沢市_犀川花火大会14
14







2017.07.29金沢市_犀川花火大会15
15







2017.07.29金沢市_犀川花火大会16
16







2017.07.29金沢市_犀川花火大会17
17







2017.07.29金沢市_犀川花火大会18
18







2017.07.29金沢市_犀川花火大会19
19







2017.07.29金沢市_犀川花火大会20
20







2017.07.29金沢市_犀川花火大会21
21







2017.07.29金沢市_犀川花火大会22
22
フィナーレです。




駐車場から徒歩1分と利便性がいいので人混みが気になりましたが、見渡すと鑑賞者は100人くらいでした。
やはり、真近で花火の大音響と歓声で花火と観衆が一体となる方がいいのですね^^


河川敷といっても市街地のなかでの打ち揚げなので大きなサイズの花火は揚げられないので、花火師の苦労が伝わる内容でした。



次は、花火の合成写真をアップしたいと思います。


撮影:2017年7月29日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事

2017.08.01     カテゴリ:  金沢の風景 

   花火の揚がる日の夕焼け 金沢市卯辰山

7月29日、金沢市の卯辰山(うたつやま)の見晴らし台(標高122m)からの夕焼けです。
この日の夜、ここから約4km離れた犀川の河川敷で花火が揚がるので出かけたときの夕焼けになります。
花火の写真は、明日アップいたします。

2017.07.29卯辰山からの夕焼け
町なかは霞んでいますがダイナミックな雲が印象的な梅雨の晴れ間の夕焼けでした。
右のビルは、JR金沢駅前のホテル日航金沢。






8月に入りようやく天気も安定してきたので、予報を見ながら明日からは久しぶりにいつもの山へ行ってきます。
FC2ブログ訪問者履歴からの皆様のブログ訪問、バナークリック、拍手応援はできませんがよろしくお願いします。

ブログ記事は、暫くの間、予約投稿になります。



撮影:2017年7月29日



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


関連記事


プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

最新記事
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング