2016.07.20     カテゴリ:  能登キリコ祭りの風景 

   悲恋伝説の海を照らす 恋路火祭り

7月17日、ロマンチックな名称の恋路海岸で行われた恋路火祭りを撮影。
昨年は小雨でしたが今年は雨の心配もなく多くの観衆が訪れていました。




2016.07.17恋路火祭り1
担がれるキリコ2基のうち1基は、日中から砂浜に展示。
キリコの右沖に浮かぶのは弁天島で島の左に立つのは大松明。








2016.07.17恋路火祭り2
暮れゆく砂浜にて






2016.07.17恋路火祭り3
キリコのシルエットと雲の流れ






2016.07.17恋路火祭り4
打ち上げ花火
長秒露光によりキリコ6基写っていますが1基です^^ 







2016.07.17恋路火祭り5







2016.07.17恋路火祭り6







2016.07.17恋路火祭り7
長秒露光中に目の前をキリコが通過^^






2016.07.17恋路火祭り8







2016.07.17恋路火祭り9
2基のキリコを海に展示し、長い竹竿に付けた松明を回して火の輪を描いています。






2016.07.17恋路火祭り10







2016.07.17恋路火祭り11
大松明が炎を上げ燃え盛ります。




能登町HPより転記

祭りのいわれ(「能登名跡志」より)
毎夜会っていた多田の里の女(鍋乃)と木郎の里の男(助三郎)。
男は磯伝いにたどり、女は月の出ない夜には岩の端でかがり火をたいて待っていた。

ところが他に横恋慕する男がいて、女を縛り、かがり火は所を変えて焚いたので、会いに来た男はあやまって磯の深みに沈んで死んだ。
女も後を追って投身した。
恋人同士の霊を慰めるため、村人がこぞって浜辺にかがり火を焚いたのが始まりとされている。 






撮影:2016年7月17日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。ありがとうございます。


これ、いいかもと思われる写真がございましたらポチっとお願いします。
更新の励みになります。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


ありがとうございました。

 


関連記事
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

最新記事
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング