2017.01.23     カテゴリ:  山歩きの風景 

   プチ氷の世界 取立山

12月12日、晴れ予報に浮き浮きし取立山に向かいました。
でも予報よりは雲の多い日となりましたが、風は弱くのんびり山歩きできました。

2016.12.12取立山1
この時点、ほんと雪が降らない北陸なので、例年なら車では夏用駐車場まで上がれないのですが、道路は薄く圧雪されていますが上がれました。
ちなみに駐車場の車の温度計はマイナス6度^^;
駐車場に2台、途中の林道に2台すでに止まっていました。
写真は左上から右へと時系列に並んでいます。
今日は、積雪もあるので岩場のある大滝コースは避けて直登コースを歩きます。






2016.12.12取立山2
頂上まで1kmの標識から右下写真、中央にそびえる荒島岳まで






2016.12.12取立山3
頂上まで、もう ちょい






2016.12.12取立山4
ど~~ん
頂上到着。1時間20分
白山と別山の展望が素晴らしい・・雲多いけど^^;






2016.12.12取立山5
白山






2016.12.12取立山6
白山と別山






2016.12.12取立山7
頂上で一人写真を撮りまくりです。
うさぎの足跡がいっぱいありましたね。

コーヒー飲んでまったりしていたら、長靴のおじさんが大滝方向から登ってきました。
おじさんからは、この季節、大滝付近は登りも危ないけど下りはさらに危ないよ。
とか忠告を受けたけどなお更行きたくなるってもんです。

取り敢えず、大滝方向にあるこつぶり山へ。
小屋は途中にある避難小屋






2016.12.12取立山8
こつぶり山到着
こちらからも白山と別山の展望が素晴らしい。






2016.12.12取立山9
頂上で寛ぐ皆さん
そのうちのお二人が大滝へ向かうというので付いていくことに^^





2016.12.12取立山10





2016.12.12取立山11
初めお二人はスノーシューを履いているので楽々付いていきましたが、途中、小休止されたので先を行くことに。
私は登山靴だけなので山用語でいうツボ足、でも積雪は20cmくらいなので歩けます。






2016.12.12取立山12
大滝に近づいてきました。
ここは日蔭なので崖などから流れる細い水は凍っています。
とても綺麗で、写真撮りまくり^^






2016.12.12取立山13
ザーーーー
大滝です。
岩場には氷柱が垂れさがって美しかったです。
ここで反省です。なんで一眼に三脚持って来んの^^






2016.12.12取立山14
振り向いて大滝の下流方向






2016.12.12取立山15







2016.12.12取立山16







2016.12.12取立山17
と、大滝の写真を沢山撮りました。






2016.12.12取立山18
さて、帰ろうかと山道を歩くと至る所に氷の芸術が現れます。






2016.12.12取立山19







2016.12.12取立山20







2016.12.12取立山21
30分くらい時間を掛けて動画も撮ったのですが、家に帰ってパソコンに落とそうとしたら保存されていない。ガーーーーン
なぜか不明でそれ以降は現地で確認することにしました。
写真は駐車場まですぐのところです。





無事、駐車場に着きました。私以外の車は1台のみ^^
白山と別山、そして予定外のプチ氷の世界が見れて充実した山歩きになりました。


帰りに白峰の西山へ
白山を眺めながらここでようやく昼食です^^



2016.12.12取立山22
西山の白山展望広場からです。
わざわざ山に登らなくっても白山が綺麗に見れます。
それも車窓から^^;






撮影:2016年12月12日
写真はすべてPanasonicDMC-LX100

鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大滝の写真はしばらく見惚れてしまいました。
縦写真で見事に全体を捉えていらっしゃいます。
そのあとの氷の芸術の写真にも恐れ入りました。
東京ではまずお目にかかれない自然の数々に、感激です。私も一生に一度くらいはこういった写真を撮ってみたいものですね。
寒がりなので、かなり望み薄ですが(-_-;)

予報が外れて青空の無い白山でちょっと凹んでいましたが、大滝周辺は想像以上の風景が待っていました。
縦構図の滝は、滝ツボまで降りて撮ったものなので、お褒めいただき嬉しいです。

私は雪国育ちなのですが、脂が抜けたのか手足とも指先が冷たくどうしたものかと思案中(笑)
神秘的でめちゃくちゃ綺麗ですね。
氷の芸術素晴らしいです。
ほんと撮影時は誰もいなくって、日蔭ってこともあり神秘的でした。
自然って素晴らしいなと思いましたよ。
拍手はしませんでしたが(笑)




プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

最新記事
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング