2017.01.25     カテゴリ:  山歩きの風景 

   初めての富士写ケ岳

12月21日、石川県加賀市山中温泉の奥にそびえる富士写ケ岳941.9mに初めて登ってきました。
加賀市は、日本百名山の著者「深田久弥(ふかたきゅうや)」の故郷です。


2016.12.21富士写ケ岳1
登山口は我谷ダムに架る朱色のつり橋を渡ります。
つり橋を渡って右に50mほど進むと登山口。






2016.12.21富士写ケ岳2
登山道脇は、イノシシが掘り返した跡が沢山。
鉄塔下を通ります。






2016.12.21富士写ケ岳3
若いブナの林を進み積雪も現れ始めました。
急な坂にはロープがあります。
登山道脇にはシャクナゲの木が続きます。







2016.12.21富士写ケ岳4
展望が開けて、標識は分岐で左へ進むと前山で右に5分ほど進むと富士写ケ岳頂上。







2016.12.21富士写ケ岳5
富士写ケ岳に登頂です。
右の構造物は、深田久弥氏の顔があしらわれた顕著碑と山座同定盤で後ほどアップで。







2016.12.21富士写ケ岳6
白山と別山です。
北陸の12月下旬とは思えない極ピーカン青空です。






2016.12.21富士写ケ岳7
白山






2016.12.21富士写ケ岳8
白山の峰々






2016.12.21富士写ケ岳9
別山と大日山など






2016.12.21富士写ケ岳10
雪を被っているのは、福井県の経ケ岳かな?







2016.12.21富士写ケ岳11
福井県の峰々
中央写真の山頂に小屋
福井県北潟湖の風力発電群






2016.12.21富士写ケ岳12
富士写ケ岳から10分ほど平行移動して、前山から眺めた白山






2016.12.21富士写ケ岳13
白山をアップで・・
天候や積雪量、太陽の位置にもよるけど、白山の一番美しい姿だと感動。
なので、ブログのトップ固定写真はこれ^^






2016.12.21富士写ケ岳14
経ケ岳ですか?






2016.12.21富士写ケ岳15
富士写ケ岳に戻って2016年8月11日(山の日)の日付が彫られた御影石製の深田久弥顕著碑と
銅製の山座同定盤
富士写ケ岳は深田氏が登山にのめりこむきっかけとなった「原点」の山だそうです。







2016.12.21富士写ケ岳16
さて、綺麗な雲が流れて来ないかと待つ間に昼食。
今日は、きつねうどん^^
鍋や焼き肉食べたいよ~~(笑)
食べてコーヒー飲んでるうちに、まあまあの筋雲が出現。






2016.12.21富士写ケ岳17
さて、帰りますか・・ということで登ってきた道を下ります。







2016.12.21富士写ケ岳18
下りは、落ち葉が濡れていて急坂も続き大変でした。
途切れ途切れに10本ほどロープがあり、しっかり掴まりましたよ。
ダム湖とつり橋が見えてきて無事下山できました。




富士写ケ岳は、鞍掛山、大日山と並び加賀三山と称されています。
未だ、大日山には登っていないのですが、どうも熊の棲み処らしいのでどうしたものか思案中^^


登りCT2時間20分を2時間10分
下りCT1時間40分を1時間10分


頂上で出会った人4人
登山道で2人




撮影:2016年12月21日


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こんにちは、またお邪魔します。

白山は高山植物にもたくさんその名がついた山ですが、
どこか神々しいような素晴らしいお姿です。

カシミール3Dで描画してみたら、やはり経ヶ岳のようです。
また素晴らしい写真を楽しみにしております。
冬山登山をされたんですね。
平地では見られない、きびしい自然を拝見いたしました。
わたしも昨年秋に、金沢兼六園、上高地など行って参りました。
自然の姿には圧倒されました。
素晴らしい写真たち、ありがとうございます
写真のあまりのクリアさにビックリです。
風力発電をはじめ、室堂や小屋までも、こうまで鮮明に写るんですね。
そして白山の雄大な姿は、いろいろな角度の写真を拝見していますが、まさに圧巻です。
途中ロープをつたったりと、なかなか手強い場面のある山ですね。
山頂の景色は、そのご褒美でしょうか^^
JACK0904さん、こんばんは

経ケ岳と教えていただきありがとうございます。
山座同定盤を見てもあやふやで帰って地図でも調べたのですが自信がありませんでした。

ハクサンと冠が付く花が20種類ほどあるようで、昔、京都から白山が距離的に近く高山植物の研究が積極的に行われたからだそうですよ。
くぅさん、こんばんは

冬山は危険が多いのでもっぱら里山のような低い山を歩いています^^
でも、北陸は雪国なのでそれなりに楽しめます。

違う季節の金沢にまた機会があれば是非。
上高地は季節を問わず良いところですよね。

上高地また行きたくなった(笑)
八咫烏(冬眠中)さん、こんばんは

山道を歩いているときは、コンデジで目標の白山などの峰々は一眼レフで撮っています^^
室堂の写真は大きくトリミングしているのですが、誰かいないかといつも目を凝らしています。

登りより下りがもう大変でカッコ構わずロープにしがみついています(笑)
>白山をアップで・・
うわぁ、絶景かな。でも、寒そう。。
山で食べるうどん美味しそうですね。
初めて登山したのが西穂高岳、登山中の道でのマナー、何もかも始めて。山小屋で作ったのが、カレー。同心の男性がカレーは何倍も食べますと、余分に作ったのだが、気圧差を全く考慮に入れていなくて、カチカチのご飯、その人、一杯食べて・・今日は・・食欲が・・と。
山も懐かしいです。ポチ
雫さん、おはようございます。
お返事が遅くなってしまいすみません。

はじめの登山が西穂高とは、豪快ですね^^
カレーでも楽しかった思い出があるようすが伝わってきます。

自然のなかで食べるのは何でも美味しいね。




プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング