2017.02.10     カテゴリ:  山歩きの風景 

   360度の超絶景 荒島岳

つづきです


7時30分に駐車場をスタートし、青空に輝く樹氷を眺めつつ慎重にもちがかべを乗り越えて、5時間かけて遂に荒島岳に登頂しました。


2017.02.04荒島岳からの展望1
バンザーーーーーイ(単独行なので心の中で静かに^^)
先ずは白山を背景に標識を。







2017.02.04荒島岳からの展望2
立派なエビの尻尾を強調して^^







2017.02.04荒島岳からの展望3
余韻を楽しむべくパソコンで調べて山の名前を記入してみました。
間違いがあれば教えてください(^^;
無雪期は、頂上に山座同定盤があるのですがもちろん雪に埋もれています^^







2017.02.04荒島岳からの展望4
白山をアップでパチリ

金沢河川国道事務所の「超ワイド白山」を参考に目標物などを記入しました。参考程度にご覧ください。
室堂は屋根だけ見えます。
確か1月下旬の地元新聞情報では、室堂周辺は例年並みの積雪量だそうです。







2017.02.04荒島岳からの展望5
そして、白山から時計回りに目立つ峰々を撮りました。
先ずは、別山、三ノ峰など







2017.02.04荒島岳からの展望6
野伏ケ岳、毘沙門岳など







2017.02.04荒島岳からの展望7
なんかね、凄いところに立ったみたいだね

小さくって分からない?・・お任せください^^ ↓ に一眼レフ70mm-200mmで撮ったの載せますね
焦点距離は目いっぱい200mm

南アルプスは、ここからは中央アルプスのさらに奥になって見えませんね。霞んでもいるし^^







2017.02.04荒島岳からの展望8
先ず、北アルプス・・・まだ小さいですね。








2017.02.04荒島岳からの展望9
ということで核心部分をトリミング
アルプスがグッと近づきました、よ、ね^^







2017.02.04荒島岳からの展望10
さらに上の写真の左側をトリミングして、山の名前を記入してみました。
これは、まったく自信ありません^^;







2017.02.04荒島岳からの展望11
2枚上の写真の右部分もトリミングして、山の名前を記入してみました。
これも、あまり自身がありません^^;







2017.02.04荒島岳からの展望12
そして、乗鞍岳です。







2017.02.04荒島岳からの展望13
乗鞍岳をトリミング
綺麗やな~







2017.02.04荒島岳からの展望14
今度は御嶽山です。







2017.02.04荒島岳からの展望15
御嶽山もトリミング
綺麗やわ~








2017.02.04荒島岳からの展望16
そしてそして・・・中央アルプスの北部側の峰々ですよ
なんかもう夢に出てきそうな美しさ^^







2017.02.04荒島岳からの展望18
中央アルプスの南部側・・・って表現でいいのかな







2017.02.04荒島岳からの展望17
中央に霞んでいるカッコいい山は恵那山
初め富士山かと思いましたがここからは見えないんですね。








2017.02.04荒島岳からの展望19
岐阜市方向のいっぱいの峰々







2017.02.04荒島岳からの展望20
能郷白山(のうごうはくさん)もカッコいいね







2017.02.04荒島岳からの展望21
左のなだらかな山が銀杏峰(げなんぽ←読めませんね)
尖った右は部子山(へこさん←こちらも読めませんね)








2017.02.04荒島岳からの展望22
大野市街地と何ていう山なのか地図を開いても不明








2017.02.04荒島岳からの展望23
白山と勝山市方面の峰々を広角で







2017.02.04荒島岳からの展望24
浄法寺山(じょうほうじやま)







2017.02.04荒島岳からの展望25
大日山(だいにちさん)とスキージャム勝山スキー場







2017.02.04荒島岳からの展望26
右に経ヶ岳(きょうがたけ)と中央奥は取立山(とりたてやま)








2017.02.04荒島岳からの展望27
大長山(おおちょうさん)と左は経ヶ岳







2017.02.04荒島岳からの展望28
たぶん東高山







2017.02.04荒島岳からの展望29
そして山の名前を記入しました。







2017.02.04荒島岳からの展望31
ぐる~~と一周し美しい峰々を撮影しました。
風が強いのでブレタのもありです(言い訳^^)

その後、山頂の様子を記念撮影です。
写真は軒先まで雪に埋もれた荒島神社







2017.02.04荒島岳からの展望32
屋根にエビの尻尾を並べて日干ししてるみたいな^^







2017.02.04荒島岳からの展望33
シュカブラの造形美







2017.02.04荒島岳からの展望34
こちらは変わった形になりましたね







2017.02.04荒島岳からの展望35
厳しさが伝わります。







2017.02.04荒島岳からの展望30
もちがかべから同じようなペースで歩いた4人パーティー
3枚下の写真のお餅をいただきました^^






さて、ゆっくり360度の大展望を楽しみお腹がすいたので昼食です。
山頂は風が強いので、少し下ってもちがかべ手前で昼食









2017.02.04荒島岳からの展望36
今日もカップヌードル欧風チーズカレーです!
白山を背景にいただきま~~す^^
もう、ここから山頂まで誰もいません^^;








2017.02.04荒島岳からの展望37
カップヌードルを味わいながら超絶景も見納めです。







2017.02.04荒島岳からの展望38
しゃくなげ平に戻ってきました。
頂上で写真を撮ったりした人たちが宴会中^^
お礼にと、お餅を焼いてくださいました\(^o^)/



このお餅はね、「もち」がかべを往復した御利益ある餅で、味は「もち」ろんのこと、山歩きのもちベーションが上がりましたよ・・・
ハイハイ次ね(笑)






2017.02.04荒島岳からの展望39
さて、戻りましょう。
樹氷も何となく寂しそう(笑)








2017.02.04荒島岳からの展望40
無事、駐車場に戻ってきました。
15時40分
まだ8台ほど止まっていました。








2017.02.04荒島岳を眺望1
帰りに大野市郊外から眺めた荒島岳
美しかったな~







2017.02.04荒島岳登頂_谷峠からの夕景
福井、石川の県境、谷峠では夕焼けがとても綺麗でした。







ということで長々と沢山の写真をアップしました。

高山植物が咲き乱れる山もいいけど、雪に覆われた山もいいもんですね。
もっと高い山へとの思いはありますが、装備、技術、知識それに何と言っても体力がありません^^

今の私にはこれが限度です(笑)



駐車場07:30ー10:20しゃくなげ平10:40ー11:30もちがかべ12:00ー12:30荒島岳山頂13:20ー14:20しゃくなげ平14:40ー15:40駐車場



撮影:2017年2月4日
機材は一眼レフ70-200mmとPanasonic DMC-LX100


鍵コメや拍手コメにも素敵なコメントをいただき感激しながら読ませていただいています。

これ、いいかもと思われる写真がございましたら、バナーを一つでもポチっと押していただくとランクが上がり更新の励みになります。ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



写真(風景・自然) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
私の日常からはもう完全に別世界ですね^^;
エビの尻尾、シュカブラの造形美、全てに思わず「うーん」とうなり声をあげてしまいます。
恒例のカップヌードルもいい感じです^^
しかし山の名前を全て調べるとか、本当に山に対して熱意をお持ちなんだなと思いました。
登山とまではいきませんが、私ももう少し活動的な冬にしようと今更ながらに思いました^^
おはようございます、安曇野のJACKです。

いや~、素晴らしい眺望ですね!
北アルプスは信州側からとはまた違った趣でとても新鮮です。
Panasonicの画像も一眼レフ並にとても綺麗ですね。
重いカメラとレンズを担いでの荒島岳、お疲れ様でした。
>今日もカップヌードル欧風チーズカレーです!

重たい荷物は持てないのはわかりますが、
あれだけの雪山を走破するのに、よくお腹が持つものだと。お餅おいしそうですね。
今夜から、西日本は大雪警報。
雪になれていないので、とても心配です。
そちらは大丈夫ですか?いつも訪問ありがとうございます。
応援して帰ります。ポチ☆彡☆彡☆彡
こんばんは!

いつも、険しく美しい冬山の光景を拝見させて頂きありがとうございます。
撮影も大変だろうなぁ~と画面を見ながら思っています。
自然が創り出す幻想の世界に、言葉もありません!
八咫烏(冬眠中)さん、おはようございます

エビの尻尾やシュカブラはネット写真では見たことがありましたが実際目にすると想像をはるかに超えた天からの贈り物でした^^

ここ数年で急に山の魅力に取り付かれたようで、行動できるうちに動こうというささやかな気持ちの現れです(笑)
JACK0904さん、おはようございます

山の名前を調べるのにネットも見ましたが、多くは信州側からのものでした
なので、たぶん間違いがあるかと思い、ネット検索で山の名前入り写真が一人歩きしないよう「間違っていたら・・・」を記入しました(笑)

視界良好で重たいカメラ持ち上げてよかったです^^
雫さん、おはようございます

あっすみません、コンビニおにぎりも1個食べました(笑)

今回の寒波は特に山陰地方で電車が止まったりと被害が出ていますね。
雫さんは雪のあまり積もらないところにお住いのご様子、雪が積もると予期せぬことも起こりますので十分気を付けてくださいね。

よしみ70さん、おはようございます

そうなですよ、あの自然が作り出すものは天からの贈り物だと思っています^^
もっと高い山ではさらに、という思いに駆り立たれるのですがこれくらいが限度です(笑)

人生上を見たらきりがないってことで、これが私の小さな幸せです^^

 
初めまして。
雪山大好きです!いつも中央道側からみてる山々。何かが違う❔
反対側からからの写真が見れるとは!で感動です!ありがとうございます!
白馬も乗鞍の木曽も・・そしてジャム勝山も
2年前まで滑ってました(スキーですが)

今年は行けないのですが写真で眺められて嬉しかったです^^*
急なコメントですみません!ありがとうございました!
山頂付近はやはり風が強いんだなぁと。造形美に感動しました。
樹氷綺麗ですね~!空の青が濃くなると雪の白さが増すのですネ!
好きなエリアの雪山が見れて嬉しかったです!
のんびりん♪さん、初めまして、おはようございます

山は見る角度で違った美しさを魅せてくれて新鮮ですよね。
スキーは、てっぺんから雪山を眺めながら滑る贅沢なアウトドア遊びですが、もう滑らないのかな^^

雪山はシュカブラの造形美、輝く樹氷、そして青空は吸い込まれるようなほんとこの世のものとは言えない美しさですね。

写真ご覧いただきありがとう
また、見に来てください^^




プロフィール

ブラットジィ

Author:ブラットジィ
ご訪問ありがとうございます。

このブログは、
ブラットジィが勝手気まぐれに撮り歩いた写真を載せています。

ブラットジィとは、
ぶらぶらット写真を撮ることが趣味の爺(ジィ)といった造語です^^;

略してブラジィです。

お問い合わせ先メール
burattojii52☆yahoo.co.jp
(☆を@に変更してください)


どうぞ、よろしくお願いします。

 

最新記事
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
GPV気象予報


リンクフリーです。
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキング